「GPT-4ターボ」OpenAI発表!最新モデルの特徴と料金は?

最終更新日:2024年2月25日
4,377 views

本記事では、OpenAIが発表した新たなAIモデル「GPT-4ターボ」について詳細を解説します。

より安価な料金で利用できるというこの新モデル「GPT-4ターボ」は、生成AIの新時代を切り開くものと期待されています。

また、開発者が簡単に利用できるAPIも提供され、さらなるアプリケーション開発を促進します。

また、同時に発表された「GPTs」は、ノーコードでパーソナライズ可能な「ChatGPT」を創造するための新たなツールとなります。

本記事をお読みいただければ、あなたも「GPT-4ターボ」の概要を理解いただけるようになるはずです。

ぜひ、こちらの内容を参考にしてみてください。

【PR】完全無料!【ChatGPT速習メール講座】毎日1本メールを無料配信中!今すぐこちらをクリックして登録!

【PR】今、ビジネス界の最前線では、「生成AIを制する者はビジネスを制する!」と言われています。あなたも、生成AIを代表するChatGPTの最新ノウハウを無料で手にしてみませんか?こちらから完全無料でメールアドレスをご登録いただければ、【ChatGPT速習メール講座】の配信(毎日1本)を開始いたします。わずか毎日1分で「ChatGPTの最新ノウハウ」をインストールすることができます。ぜひ、今すぐこちらをクリックして無料メール講座に登録してください。

目次

【速報】OpenAIの新たなモデルリリース!「GPT-4ターボ(GPT-4 Turbo)」がスタート: 生成AIの新時代への架け橋

Businessman-touching-the-brain-working-of-Artificial-Intelligence -AI-Automation-Predictive-analytics-Customer-service-AI-powered-chatbot-analyze-customer-data-business-and-technology

「GPT-4ターボ(GPT-4 Turbo)」がスタート

OpenAIは最近、人工知能の進化をさらに推進する新しいプロジェクト、「GPT-4ターボ」を発表しました。

これは、GPT-4の進化版とも言える最新のAIモデルで、その性能と機能性は一段と向上しています。

OpenAIが目指すのは、AIがより人間に近いレベルでの言語理解や生成を実現すること。

そして、そのための一つの解答がこの「GPT-4ターボ」というわけです。

この記事では、まずその全貌について詳しく解説します。

その後、「GPT-4ターボ」の主な特徴や活用例、料金とAPI、そしてやDevDayのレポ概要やOpenAIの開発者からの反応についても触れていきます。

人工知能の最前線を走り続けるOpenAIの最新の試みについて、ぜひ深く理解し、今後のテクノロジーの動向を予測する一助としてください。

「GPT-4ターボ(GPT-4 Turbo)」の登場背景

OpenAIによる最新の発表、「GPT-4ターボ」の登場には、特定の背景が存在します。

近年、AI技術の急速な進化とともに、その応用範囲も飛躍的に広がっています。

特に、自然言語処理(NLP)の領域では、GPT-系列のモデルが大きな影響を与えてきました。

これらのモデルは、その生成能力と高度な理解力により、さまざまなタスクに活用されてきました。

しかしながら、それらのモデルもまた、パワーと効率性のバランスを適切に保つことが課題となっていました。

GPT-4とその前のモデルは、その巨大なスケールとパワーにより、驚異的なパフォーマンスを示しましたが、同時に高いコストも伴っていました。

このような背景から、より効率的なAIモデルの開発が求められてきました。

そして、その結果として生まれたのが「GPT-4ターボ」です。

この新たなモデルは、既存のGPT-4の強力な機能を保ちつつ、効率性とコストパフォーマンスを大幅に向上させることを目指しています。

OpenAIが開発した新基盤「GPT-4ターボ(GPT-4 Turbo)」:最新情報の内容

OpenAIは、生成AI「Chat GPT」を駆動させるための新たな技術基盤「GPT-4ターボ」を発表しました。

これは、人工知能の能力を大幅に向上させるものであり、特に長い文書の処理能力において顕著な進化を遂げています。

項目新サービス概要
名称GPT4ターボ(GPT-4 Turbo)
詳細300ページを超える長い文書を扱えるようになった。学習データは2023年4月までになった。
新料金外部から利用する場合はGPT-4と比較して入力トークンの価格は3分の1に、出力トークンの価格は2分の1に値下げ
画像・音声対応画像を読み込むことが可能になった。最新の画像生成AIとの連携・回答の音声読み上げにも対応可能に。
セキュリティ対策学習に使うデータを選択できるように。違法・不適切なサービスには通知あり

 

 長文処理能力の飛躍的向上

「GPT-4ターボ」は、従来のGPT-4に比べて300ページを超える長文書の処理が可能になりました。

これは従来の16倍にあたり、2023年4月までの最新情報をもとに学習しています。

前バージョンのGPT-4は2021年9月までのデータをトレーニングデータとしていましたが、「GPT-4ターボ」はさらに最新の情報を取り込んだ結果、より精度の高い情報提供が可能となっています。

コンテキストウィンドウの大幅拡大

「GPT-4ターボ」は、コンテキストウィンドウが従来のGPT-4の4倍、12万8000トークンにまで拡大しました。

これにより、AIはより複雑で長い会話や文書の内容を理解し、関連する応答を生成することができます。

【最新NEWS】より安価に!「GPT-4ターボ」の料金とAPIを徹底解説

Robotic-hand-pressing-a-keyboard-on-a-laptop-3D-rendering

費用対効果を重視した「GPT-4ターボ」の料金設定

GPT-4ターボは、先進的な性能を低コストで提供します。

入力トークンあたりわずか0.01ドル、出力トークンあたり0.03ドルという手頃な価格設定で、これまでのGPT-4と比較してもより経済的です。

 拡張された「GPT-4ターボ」のAPI機能

OpenAIが提供する「GPT-4ターボ」のAPIは、開発者が自分のアプリケーションやサービスに簡単に組み込むことで提供されます。

APIを通じて、開発者は「GPT-4ターボ」の強力な自然言語処理能力を利用し、ユーザーとの対話やテキスト生成、文章の要約など、様々な機能を実装することが可能となります。

また、APIはRESTfulな設計がされており、HTTPリクエストを通じて容易にアクセスすることができます。

「Chat Completions API」は画像入力を受け付け、また「DALL-E 3」を活用した画像生成や、テキスト読み上げAPIを使用した音声生成機能をサポートしています。

開発者はAPIを通じて「gpt-4-1106-preview」タグで「GPT-4ターボ」をテストすることができ、安定版のリリースは今後数週間以内を予定しています。

GPT-3.5ターボ: より広いコンテキストウィンドウを備えたアップグレード版

 OpenAIは、「GPT-3.5 Turbo(GPT-3.5ターボ)」の新バージョンもリリースしました。

これは1万6000トークンのコンテキストウィンドウを標準装備し、性能も向上しています。

料金は、入力トークン0.001ドル、出力トークン0.002ドルと、前モデルに比べてさらに手頃になっています。

開発者はAPIを介して新モデルへのアクセスが可能で、既存のアプリケーションは2023年12月11日に自動的に最新モデルへとアップグレードされます。

 著作権保護のための新たな取り組み「Copyright Shield」

 さらに、ユーザーの権利を守るため、「Copyright Shield(著作権シールド)」が導入されます。

これにより、著作権侵害のクレームを受けた際にはOpenAIが介入し、関連するコストを負担することになります。

このシールドは、ChatGPT Enterpriseユーザーと開発者プラットフォームの両方に適用されるため、利用者は安心してサービスを使用できます。

【2023】DevDayのレポ概要と「GPT-4ターボ」提供に対する開発者の反応

AI-learning-and-business-artificial-intelligence-businesswoman-working-on-laptop

OpenAIのDevDayでの「GPT-4ターボ」発表

DevDay(デブデイ:デベロッパーズデー)は、AI開発者や研究者が集まり、最新のAI技術や進行中のプロジェクトについて議論するイベントです。

この中で最注目を集めたのが、AIテキスト生成モデルの最新版「GPT-4ターボ」の発表でした。

開発者たちは、「GPT-4ターボ」のパフォーマンスとその進化について深く議論しました。

一部の開発者は、その驚くべき効率と精度について賛辞を送りました。

彼らは、より大きなデータセットに対して高速に学習し、より精度の高いテキストを生成する能力に感銘を受けました。

一方で、他の開発者たちは「GPT-4ターボ」の可能性について懸念を提起しました。

AIが人間の言葉を理解し、それに基づいて新しいテキストを生成する能力は、誤解や誤用の可能性もはらんでいます。

そのため、開発者たちは、その使用には倫理的なガイドラインや規制が必要だと主張しました。

DevDayでは、これらの議論の他にも、「GPT-4ターボ」の開発プロセスや、その応用例についても詳しく語られました。

開発者たちは、教育、医療、エンターテイメントなど、さまざまな分野での「GPT-4ターボ」の可能性についても討論しました。

このイベントは、AIの今後の進化とその影響について、深く理解するための重要な機会でした。

開発者たちは、「GPT-4ターボ」の能力と可能性、そしてそれに伴う課題と対策について考えることで、AIの未来を形成する役割を果たしています。

開発者コミュニティの反応

OpenAIが発表した「GPT-4ターボ」の登場に、開発者コミュニティからは大きな反響が寄せられています。

この新たな開発は、AI技術の進化とその可能性をさらに広げるものと期待されています。

一部の開発者は、「GPT-4ターボ」のパワフルな性能と使いやすさに感銘を受けており、その一方で、既存のシステムとの統合については注意深く評価しています。

また、OpenAIが主催したDevDayでは、「GPT-4ターボ」の詳細な情報が提供され、開発者たちはその新たな特性と機能について深く学ぶことができました。

このイベントでは、開発者が直接OpenAIのチームと交流し、質問したり意見を共有したりする機会も提供され、コミュニティ内の議論と理解を深めることに貢献しました。

これらの反応と情報交換は、「GPT-4ターボ」がもたらす影響を探るうえで貴重な指標となります。

改良された最速テクノロジー!「GPT-4ターボ」利用者と開発者にとってのメリット

Concept-Humans-work-with-artificial-intelligence-humans-use-intelligent-AI-technology-enter-command-prompt-for-generates-to-solve-problems-let-AI-help-humans-do-their-jobs

「GPT-4ターボ」利用単価の引き下げ

OpenAIは、外部企業が「GPT-4ターボ」を使用する際の利用単価を2分の1から3分の1まで引き下げました。

これにより、より多くの企業や開発者がこの技術を活用しやすくなります。

APIを通じたカスタマイズの容易化

開発者はAPIを介して、「GPT-4ターボ」を独自にカスタマイズし、様々な用途に合わせたAIモデルの構築が可能です。

入力時のコストを従来のモデルの3分の1に抑え、出力時には半分のコストで済むようになりました。

前述したとおり、入力トークンあたりわずか0.01ドル、出力トークンあたり0.03ドルという手頃な価格設定で、これまでのGPT-4と比較してもより経済的です。

「GPT-4ターボ」開発者とのコミュニティ形成への対応

AI-Artificial-Intelligence-concept-Communication-network-3D-rendering

「GPTストア」の開設

2023年11月末には「GPTストア」が開設され、外部開発者が独自に改良したAIをアプリのように公開できるようになります。

これにより、利用者数に応じた収益化が可能となります。

開発者コミュニティの拡大

アルトマンCEOによると、すでに約200万人の開発者がAPIの連携機能を利用しています。

これは、OpenAIが形成している開発者コミュニティの拡大を示しており、技術的な連携を促進する重要な動きです。

【関連記事】「GPT-4ターボ」を発表したOpenAIと大手テック企業との連携

ChatGPT-introducing-ChatGPT

サティア・ナデラCEOの登壇

開発者会議では、資本・業務提携を行うマイクロソフトのサティア・ナデラCEOがサプライズで登壇しました。

マイクロソフトは、AIの学習と推論のための優れたシステムと計算能力の提供に注力していくと述べました。

技術発表会の重要性

技術者を集めて新しい技術を発表する会議は、アップルやグーグルといった大手テック企業が行っているものであり、業界の恒例イベントとなっています。

OpenAIもこの流れに乗り、技術改良や機能追加を重ねることで、生成AIのリーディングカンパニーとしての地位を確固たるものにしています。

新プレイヤーの登場「Bard」「Grok」など

グーグルが「Bard」を公開し、アマゾンがオープンAIのライバルであるアンソロピックへの投資を発表するなど、生成AI市場の競争はますます激化しています。

また、イーロン・マスク氏が新しいAI「Grok」を発表するなど、市場には継続的に新しいプレイヤーが参入してきています。

「GPT-4ターボ」と同時発表!新たなAI進化「GPT-3.5-Turbo-Instruct」の全容

Woman-using-a-computer-chatting-with-an-intelligent-artificial-intelligence-asks-for-the-answers-he-wants-AI-Chat-with-AI-or-Artificial-Intelligence-technology-Smart-assistant-AI-to-help-work

OpenAIの最新進化、多機能AI「GPT-3.5-Turbo-Instruct」が登場

 2023年の秋、AI技術のフロンティアを拓くOpenAIから、新しいAIモデル「GPT-3.5-Turbo-Instruct」がデビューしました。

この革新的なモデルは、信頼性の高い訓練法(RLHF)をベースに、先代モデルであるtext-davinci-003の役割を引き継ぎながら、さらに多角的な自然言語処理能力を実現します。

高速処理と汎用性の融合

 GPT-3.5-Turbo-Instructは、その名の通り、GPT-3.5-Turboと同等の高速処理を誇ります。

これにより、リアルタイムでの会話やタスク処理において顕著なメリットを提供し、ユーザーの要求に迅速かつ効率的に応じます。

コストパフォーマンスに優れたGPT-3.5-Turbo-Instruct

費用面でもユーザーフレンドリーな設定が採用されており、他のGPT-3.5 Turboモデルと同様の価格設定で利用可能です。

このモデルはInstructGPTの利点を活かし、ユーザーの明確な指示や疑問に対する鮮明な回答を提供し、翻訳から複雑な解説まで、多種多様な用途での活躍が期待されています。

GPT-3.5 Turbo(GPT-3.5ターボ)の機能拡張

同時に、コンテキストウィンドウを16Kまでサポートし、直感的な指示追従、JSONモード、そして並列Function Callingなどの機能を搭載した新しい「GPT-3.5 Turbo(GPT-3.5ターボ)」も2023年11月6日にリリースされました。

開発者はモデルID「gpt-3.5-turbo-1106」を介してこのアップグレードされた機能をテストすることができ、さらに「gpt-3.5-turbo」を使用する既存のアプリケーションは2023年12月11日以降、自動的に最新のバージョンに移行します。

この新モデルの投入は、日常生活におけるAIの役割がより一層重要になる兆しと言えるでしょう。

「GPT-4ターボ」と同時発表!革新的なアプリケーション開発のための「Assistants API」の概要

AI-concept-with-person-using-laptop

新たなる開発の地平を拓く「Assistants API」

「Assistants API」は開発者たちにとって、自社アプリケーションにおいて、AIアシスタントによる対話的なユーザーエクスペリエンスを取り入れるための重要な手段です。

このAIは、明確な指令に基づいて動作し、必要に応じて追加情報を取り入れ、さまざまなモデルやツールを駆使してタスクを遂行する専門的な存在になり得ます。

GPTの最新技術を取り入れ、カスタム可能な指令とツールを提供しています。

 開発者の負担を軽減する永続的なスレッド

このAPIがもたらす大きな進化の一つは、永続的なスレッドの導入です。

これは開発者がスレッドの状態管理をOpenAIに委ねることを可能にし、コンテキストの限界を超えた、より流動的なユーザー体験を実現します。

 新しい次元のツール活用

Assistants APIでは、以下のような新たなツールの使用が可能になります。

「Code Interpreter」

このツールにより、AIアシスタントはPythonコードを安全な環境で生成・実行し、グラフィカルな出力や複数形式のデータ処理を行うことができます。これは、複雑なプログラミングの課題や数学的問題の解決能力をAIに付加します。

「Retrieval」

 アシスタントの知識を社内データベース、商品情報、ユーザー提供のドキュメントなど外部の知識源で拡張します。これにより、ドキュメントの処理や検索アルゴリズムの開発が不要になり、OpenAIがChatGPTの開発で培った検索技術を最大限に活用します。

「Function Calling」

AIアシスタントが特定の関数を呼び出し、その結果を直接会話にフィードバックする能力を有します。

 開発者に開かれた「Assistant Playground」

 「Assistants API」は現在ベータ版としてリリースされており、すべての開発者がアクセスできます。

更に、「Assistant Playground」を介してコードを一切記述することなく、その機能を体験することが可能です。

これは、プロトタイピングの時間を大幅に短縮し、イノベーションを加速させる一助となるでしょう。

「GPT-4ターボ」と同時発表!ノーコードでパーソナライズ可能な「ChatGPT」を創造する「GPTs」を披露

Chatbot-Chat-with-AI-Artificial-Intelligence

OpenAIの新たなる一歩: 「GPTs」によるカスタム「ChatGPT」の革新

米国発のAI研究組織OpenAIが、新しい時代の幕開けとして、11月6日に開催された自社の最初の開発者向けイベント「OpenAI DevDay」において、革新的なサービス「GPTs」を発表しました。

このサービスは、コーディングの必要なく、「ChatGPT」を自分だけのカスタムバージョンに変身させることができます。

独自性を重んじたAIの構築

ユーザーは、プロンプトを用いた直感的な指示により、自らのChatGPTを独自に設計することが可能になります。

これにより、Web検索、画像生成、データ分析などを手軽に行えるようになると同社は説明しています。

たとえば、子供たちに数学を教えるAIや、オリジナルのスタンプをデザインするAIの創出が可能となります。

さらに、企業ユーザーは社内トレーニング用のツールを作成するなど、ビジネスにおける応用も期待されます。

ユーザーに届けるGPTsの展開

OpenAIはChatGPTのプレミアムユーザーに対して、CanvaやZapierを活用したGPTsの例を順次提供しています。

「GPT Store」の登場

そして、ユーザーが自身で作成したGPTsを世に送り出すためのマーケットプレイス「GPT Store」が、2023年11月中にオープン予定です。

ここでの売上の一部は、創造的な開発者たちに還元されることになっており、彼らの創作活動を支援する体制を整えています。

この新しいプラットフォームは、AI開発の民主化を一層推し進め、個人や企業がAIのカスタマイズを通じてその可能性を広げる新しいステージを提供します。

まとめ

OpenAIの新モデル「GPT-4ターボ」のリリースを受けて、AIの新時代が幕を開けました。

費用効率の良さやAPIの利便性、さらには開発者の反応といった情報を解説しました。

「GPT-4ターボ」は、最新のテクノロジーを活用し、ユーザーや開発者に多大なメリットを提供します。

また、開発者とのコミュニティ形成や大手テック企業との連携も積極的に進めています。

さらにOpenAIは、「GPT-3.5-Turbo-Instruct」を発表し、AIの進化をさらに加速させています。

また、「Assistants API」や「ChatGPT」のような革新的なアプリケーション開発ツールを提供し、一層の開発進化を促進しています。

ぜひ、本記事の内容をご参考にしていただければ嬉しいです。

【PR】完全無料!【ChatGPT速習メール講座】毎日1本メールを無料配信中!今すぐこちらをクリックして登録!

完全無料!【ChatGPT速習メール講座】 毎日1分、あなたのビジネスを加速させる!

今、ビジネス界の最前線では、「生成AIを制する者はビジネスを制する!」と言われています。あなたも、生成AIを代表するChatGPTの最新ノウハウを無料で手にしてみませんか?こちらから完全無料でメールアドレスをご登録いただければ、【ChatGPT速習メール講座】の配信(毎日1本)を開始いたします。わずか毎日1分で「ChatGPTの最新ノウハウ」をインストールすることができます。ぜひ、今すぐこちらをクリックして無料メール講座に登録してください。

Chatbot-Chat-with-AI-Artificial-Intelligence-man-using-technology-smart-robot-AI-artificial-intelligence-by-enter-command-prompt-for-generates-something-Futuristic-technology-transformation

今すぐこちらをクリックして無料メール講座に登録する(完全無料)

あなたのコメントをシェアしてください

この記事をご覧になって、あなたはどのような学びがありましたか?
また、ビジネスの現場で何を実践しようと決意されましたか?

ぜひ、以下にあなたのコメントをシェアいただければ幸いです。

人気の記事

  • ChatGPT4の料金は?支払い方法や無料版との違いを徹底解説!

    ChatGPT4の料金は?支払い方法や無料版との違いを徹底解説!

    本記事では、ChatGPT4の料金情報を徹底解説します。 OpenAI社の最新AI、ChatGPT4の料金体系を明らかにします。 無料版と有料版の違い、月額20ドルの日本円での支払い方法、法人向けのコスト効率と計算方法、無料から有料への移行と解約方法、そして無料版の限界と有料版のメリットまで、あなたが知りたい全てをお届けします。 ChatGPT4を最大限に活用するためのガイドとしてご活用ください。 本記事をお読みいただければ、あなたはChatGPT4の料金について、理...
    8,675 views
  • ChatGPT Plus(有料版)の解約方法!簡単な手順を解説!

    ChatGPT Plus(有料版)の解約方法!簡単な手順を解説!

    本記事では、AI技術の最新鋭、ChatGPT Plusの解約方法を詳しく解説します。 解約手続きから有料プランを無料版に戻す方法までをご案内して、スマホで簡単に課金キャンセルやアカウント削除ができる方法も紹介します。 さらに、解約のタイミングや注意点、手順の詳細についても触れて、解約時の必読ポイントを解説します。 そして、ChatGPT Plusの使い方と無料への切り替え方も一緒に学べます。 最後に、ChatGPT Plusの課金停止からアカウント消去までの全てをまと...
    7,050 views
  • ChatGPTの制限を解除する方法!文字数や利用回数の上限を解説

    ChatGPTの制限を解除する方法!文字数や利用回数の上限を解説

    本記事では、ChatGPTの制限について詳しく解説します。 無料版と有料版の制限の違い、トークンの考え方、そしてそれらの制限を解除・回避するための方法を公開します。 また、企業がChatGPTを活用する際の規制とポリシーも紹介します。 さらに、文字数制限に達した際の対処法や、緩和される可能性についても考察します。 最後に、よくある質問とその解答をまとめています。 本記事をお読みいただければ、あなたはChatGPTの文字数や利用回数の制限を解除・回避する方法を理解いた...
    16,093 views
  • ChatGPT4の利用制限とは?最新の文字数・回数の上限を解説!

    ChatGPT4の利用制限とは?最新の文字数・回数の上限を解説!

    本記事では、最新のAI「ChatGPT4」の利用制限について詳しく解説します。 無料版と有料版の違い、文字数の重要性、月額20ドルのPlusプランへの注意点など、ChatGPT4の利用制限を理解して最大限に活用するための情報を提供します。 また、ChatGPT4のビジネス活用法や、言語翻訳の応用ステップなどについても触れます。 さらに、AIモデルの進化とプログラミング対応の可能性についても見ていきます。 本記事をお読みいただければ、あなたはChatGPT4の利用制限に...
    4,417 views
  • ChatGPTでラクに文字起こしする方法!議事録作成ツールも紹介

    ChatGPTでラクに文字起こしする方法!議事録作成ツールも紹介

    本記事では、ChatGPTを使用して簡単に文字起こしをする方法を詳しく解説します。 AIを活用した新常識で、日本語の校正も可能です。議事録の内容を要約する方法と、ChatGPTによるコスト削減のメリットも紹介します。 また、プラグインを使用して音声データを文字に変換する手順、無料で利用できる議事録作成ツールWhisperとの連携、役立つプロンプトのテンプレートも提供します。 そして、Google Chromeの拡張機能「YouTube Summary with Chat...
    11,905 views
  • ChatGPTでYouTube動画を要約する方法!時間短縮を実現

    ChatGPTでYouTube動画を要約する方法!時間短縮を実現

    この記事では、ChatGPTを活用したYouTube動画の要約方法を解説します。 Chrome拡張機能を使用し、動画内容を文字起こしする方法から、効率的なダイジェスト作成まで詳しく説明します。 また、ChatGPTを使ってYouTube動画から収益を得る方法や、その可能性についても触れます。 ユーザーの視点から見たChatGPTの使用感や結果についてもレビューします。 本記事をお読みいただければ、あなたはChatGPTでYouTube動画を要約する方法について、理解い...
    3,620 views

新着ブログ記事

ブログ記事一覧

完全無料!【ChatGPT速習メール講座】 毎日1分、あなたのビジネスを加速させる!

今、ビジネス界の最前線では、「生成AIを制する者はビジネスを制する!」と言われています。あなたも、生成AIを代表するChatGPTの最新ノウハウを無料で手にしてみませんか?こちらから完全無料でメールアドレスをご登録いただければ、【ChatGPT速習メール講座】の配信(毎日1本)を開始いたします。わずか毎日1分で「ChatGPTの最新ノウハウ」をインストールすることができます。ぜひ、今すぐこちらをクリックして無料メール講座に登録してください。

Chatbot-Chat-with-AI-Artificial-Intelligence-man-using-technology-smart-robot-AI-artificial-intelligence-by-enter-command-prompt-for-generates-something-Futuristic-technology-transformation

小谷川 拳次

小谷川 拳次

リードコンサルティング株式会社 代表取締役

起業家。作家。投資家。 2009年、リードコンサルティング株式会社設立。デジタルコンテンツを主軸としたインターネット集客、電子書籍マーケティング、サブスクリプションビジネスのコンサルティング及びコンテンツ販売システム、自動ウェビナー販促システムの提供によるマーケティングオートメーション(MA)の導入支援を行う。ビジネス書作家としても活動。2018年からは投資事業を開始。2023年にはオウンドメディア『生成AIマーケティングの教科書』を開設。ChatGPTを中心とする生成AIマーケティングの専門家として、多数の専門記事を著者として公開している。日刊メルマガ【ChatGPT速習メール講座】では、5千人を超える読者にメールマガジンを配信中。 著書は『Facebookでお客様をどんどん増やす本』(中経出版/2011年)、『電子書籍を無名でも100万部売る方法』(東洋経済/2012年)、『小さな会社がお金をかけずにお客さまをガンガン集める方法』(KADOKAWA/2013年)など、累計50冊を出版している。

他の記事を見る

完全無料!【ChatGPT速習メール講座】 毎日1分、あなたのビジネスを加速させる!

今、ビジネス界の最前線では、「生成AIを制する者はビジネスを制する!」と言われています。あなたも、生成AIを代表するChatGPTの最新ノウハウを無料で手にしてみませんか?こちらから完全無料でメールアドレスをご登録いただければ、【ChatGPT速習メール講座】の配信(毎日1本)を開始いたします。わずか毎日1分で「ChatGPTの最新ノウハウ」をインストールすることができます。ぜひ、今すぐこちらをクリックして無料メール講座に登録してください。

Chatbot-Chat-with-AI-Artificial-Intelligence-man-using-technology-smart-robot-AI-artificial-intelligence-by-enter-command-prompt-for-generates-something-Futuristic-technology-transformation

今すぐ無料でPDFをダウンロードしてください
こちらにメールアドレスを登録すると、今すぐ本記事をPDF形式でダウンロードしてお読みいただくことができます。PDFのダウンロードリンクは登録いただいたメールアドレス宛にお送りいたします。
1 / 2
50%完了 これが最後のステップです。
あなたのご感想や期待の声をご記入ください!

※PDFのお届けにはコメントの入力が必要です※

この記事をご覧になって、あなたはどのような学びがありましたか?また、ビジネスの現場で何を実践しようと決意されましたか?ぜひ、以下にあなたのコメントをシェアいただければ幸いです。(まだお読みでない方は、この記事への期待の声をお寄せください!)

2 / 2
ご登録ありがとうございます!メールをお送りしました。
ご登録ありがとうございます!登録いただいたメールアドレス宛にPDFのダウンロードリンクをご案内するメールをお送りしました。
50%完了 これが最後のステップです。
2 / 2