ChatGPTでラクに文字起こしする方法!議事録作成ツールも紹介

最終更新日:2024年2月25日
13,769 views

本記事では、ChatGPTを使用して簡単に文字起こしをする方法を詳しく解説します。

AIを活用した新常識で、日本語の校正も可能です。議事録の内容を要約する方法と、ChatGPTによるコスト削減のメリットも紹介します。

また、プラグインを使用して音声データを文字に変換する手順、無料で利用できる議事録作成ツールWhisperとの連携、役立つプロンプトのテンプレートも提供します。

そして、Google Chromeの拡張機能「YouTube Summary with ChatGPT」を使ってYouTube動画を要約して文字起こしする方法もご紹介します。

本記事をお読みいただければ、あなたはChatGPTでラクに文字起こしする方法を理解いただけるようになるはずです。

ぜひ、こちらの内容を参考にしてみてください。

【PR】完全無料!【ChatGPT速習メール講座】毎日1本メールを無料配信中!今すぐこちらをクリックして登録!

【PR】今、ビジネス界の最前線では、「生成AIを制する者はビジネスを制する!」と言われています。あなたも、生成AIを代表するChatGPTの最新ノウハウを無料で手にしてみませんか?こちらから完全無料でメールアドレスをご登録いただければ、【ChatGPT速習メール講座】の配信(毎日1本)を開始いたします。わずか毎日1分で「ChatGPTの最新ノウハウ」をインストールすることができます。ぜひ、今すぐこちらをクリックして無料メール講座に登録してください。

目次

ChatGPTとは:AIを活用した文字起こしの新常識と新たにできることの全貌を徹底解説

ChatGPT-introducing-ChatGPT

概要と主な特徴

ChatGPTは、AIを活用した文字起こしが可能なツールで、これまでの文字起こし作業の新常識を生み出しています。

このツールを使うことで、議事録の作成や音声データの文字変換など、様々な作業が効率化され、コスト削減にも繋がります。

また、ChatGPTはGoogle MeetやYouTubeといったツールとの連携も可能で、リアルタイムでの文字起こしも実現しています。

さらに、ChatGPTは無料で利用できるので、手軽に試すことができます。

詳細な使い方と活用方法

この記事では、ChatGPTの基本的な使い方や活用方法を徹底解説します。

特に、日本語の校正機能や議事録内容の要約方法、そしておすすめのプロンプトやテンプレートについて詳しく紹介します。

ChatGPTは、OpenAIが開発した最先端の人工知能技術を活用したツールです。

このツールは、自然言語処理技術により、人間が話す言葉を理解し、それをテキスト形式に変換することが可能です。

従来、文字起こし作業は専門家が手作業で行うか、または音声認識ソフトを使用して行われてきましたが、ChatGPTの登場により、その作業が大幅に効率化されることとなりました。

連携と便利な文字起こし機能

ChatGPTを活用することで、会議やイベントでの発言内容をリアルタイムで文字化することが可能です。

これにより、議事録の作成や、音声データの後での確認が容易となります。

また、Google MeetやYouTubeといったツールとの連携も可能で、これらのツールを使用した通話や配信の文字起こしも行うことができます。

さらに、ChatGPTは日本語の校正機能も備えています。

これにより、自動作成されたテキストの文法や表現を自動的に修正します。

これは、特に非ネイティブスピーカーにとっては非常に便利な機能です。

また、ChatGPTは議事録内容の要約機能も提供しています。

長時間の会議やイベントの内容を短時間で確認したいとき、この機能を使用することで時間を節約することが可能です。

さらに、ChatGPTはおすすめのプロンプトやテンプレートも提供しています。

これらを使用することで、より効率的な文字起こしを行うことが可能です。

このような特徴を持つChatGPTは、その利便性から多くのユーザーに利用されています。

その活用方法や使い方を理解することで、より効果的に文字起こし作業を行うことができます。

この記事では、その方法を詳しく解説していきます。

ChatGPTの文字起こし:日本語の校正機能

Conversational-AI-Concept-Natural-Language-Processing-NLP-Computational-Linguistics-Concept

特徴と利点

ChatGPTは、AIを活用した文字起こしツールです。

特に、日本語の校正機能が充実している点が特徴的です。

たとえば、音声データから生じる「あの、えっと」などのフィラー言葉や、文末の「ですよね」「ですかね」などの不要な表現を自動で削除し、読みやすい文章に変換します。

また、誤字脱字の自動修正も可能です。

具体的な事例として、会議での発言を文字起こしした際、「あの、この件については、えっと、もう少し議論が必要ですよね。」という発言が、「この件については、もう少し議論が必要です。」という明瞭な文章に変換されます。

これにより、議事録の作成や情報の整理が容易になります。

ChatGPTの校正機能は、日本語の表現の特徴を理解し、適切な修正を行うことで、効率的な情報伝達を実現します。

語彙選択と語順修正のサポート

その他にも、ChatGPTは文脈に応じた適切な語彙の選択をサポートします。

例えば、一般的なビジネスシーンでは、専門用語やビジネスジャーゴン(業界用語)が頻繁に使用されます。

これらの言葉を誤って使用すると、情報の伝達が不十分になるか、誤解を招く可能性があります。

しかし、ChatGPTの日本語校正機能は、適切な語彙選択を助け、適切な情報伝達を実現します。

さらに、文の連続性を保つための語順の修正も可能です。

日本語は語順が自由なため、同じ意味でも表現方法が多岐にわたります。

しかし、一貫性のない語順は読み手に混乱をもたらす可能性があります。

ChatGPTは、文の流れを自然に保つための語順修正を提供します。

長文校正と簡潔な表現

また、ChatGPTは、長文の校正も得意としています。

長い文章やレポートでは、主張の一貫性や文の流れが重要となりますが、これらを一貫性あるものに保つことは困難です。

しかし、ChatGPTの校正機能は、長文に対しても一貫性を保つことが出来ます。

さらなる事例として、複雑な表現をシンプルにする機能もあります。

特に、難解な専門用語や複雑な表現を一般的な言葉に変換することで、情報をより多くの人に伝えることが可能となります。

日常の活用事例

以上のような日本語の校正機能を備えたChatGPTは、文章作成の効率化と品質向上に寄与します。

会議の議事録作成、レポートの作成、ブログ記事の作成など、様々なシーンでその力を発揮します。

具体的な事例を挙げてみましょう。

ある企業が内部会議の議事録を作成する場面を想像してください。

議事録はその会議の重要な決定事項や討論内容を文書化するものであり、その後の業務進行に大きな影響を与えます。

しかし、会議中に発言される専門用語やビジネスジャーゴンを正確にこするは難しく、またそれを適切な文脈で整理し、一貫性のある文書にまとめることも容易なことではありません。

ここでChatGPTの日本語校正機能を活用すると、正確な専門用語の選択、適切な語順の整理、そして長文の一貫性の保持が可能となり、質の高い議事録を効率よく作成することができます。

また、ブログ記事を作成する際にもChatGPTの校正機能は有効です。

専門的なテーマについて書く際、深い知識を持っていることはもちろん重要ですが、その知識を一般の読者にも理解できる形で伝えることが求められます。

難解な専門用語や複雑な表現を一般的な言葉に変換するChatGPTの機能は、情報をより多くの人々に伝えるための強力なツールとなります。

以上のように、ChatGPTの日本語校正機能は非常に高度で、文法、表現、スペルミスなどの微細な誤りを瞬時に検出し、修正することが可能です。

ChatGPTの文字起こしを活用:会議の議事録内容を効率よく要約する方法

AI-concept-with-person-using-laptop

ChatGPTの要約能力

ChatGPTは、議事録の要約を容易にする強力なAIツールです。

これを活用するには、まず議事録の全体をChatGPTに入力します。

次に、要約の指示プロンプトを設定します。

例えば、「この議事録を5つの主要なポイントに要約してください」や、「この議事録の主要なアクションアイテムをリストアップしてください」などのプロンプトを使用することができます。

ChatGPTは、この指示に基づいて議事録を要約し、必要な情報だけを抽出します。

この方法を使うことで、長時間の会議の重要なポイントを瞬時に把握することが可能になります。

また、ChatGPTの要約機能は時間を大幅に節約し、重要な情報のみを抽出するためのリソースを削減します。

しかし、このツールを最大限に活用するためには、適切な指示プロンプトを設定する技術が必要です。

要約方法と指示プロンプトの例

以下に、具体的な要約方法と指示プロンプトの例を示します。

1. 主要なポイントの抽出

「この議事録を5つの主要なポイントに要約してください」というプロンプトを使用すると、ChatGPTは議事録から最も重要なポイントを抽出します。

この方法は、議事録全体の概要を早く把握するのに役立ちます。

2. アクションアイテムのリスト化

「この議事録の主要なアクションアイテムをリストアップしてください」というプロンプトを使用すると、ChatGPTは実行が必要なアクションアイテムを優先順にリストします。

これにより次のステップを明確にすることができます。

3. 重要な議論の要約

「この議事録の重要な議論を要約してください」というプロンプトを使用すると、ChatGPTは議事録から最も重要な議論を抽出し、それを簡潔に要約します。

4. 決定事項のハイライト

「この議事録から重要な決定事項をハイライトしてください」というプロンプトを使用すると、ChatGPTは議事録から決定された事項を抽出します。

これは後でレビューする際に役立ちます。

5. 感情分析

「この議事録の感情を分析してください」というプロンプトを使用すると、ChatGPTは議事録内の感情のトーンを分析します。

これは、チームのモラルや議論の雰囲気を理解するのに役立ちます。

6. 質問の抽出

「この議事録から未解決の質問を抽出してください」というプロンプトを使用すると、ChatGPTはまだ答えが見つからない質問や議論を抽出します。

これは会議のフォローアップを計画する際に役立ちます。

7. 会議のインサイトの深掘り

「この議事録から重要なインサイトを深掘りしてください」というプロンプトを使用すると、ChatGPTは議論や決定事項から深い洞察を抽出します。

これは、戦略的な意思決定や将来の計画に役立ちます。

これらの全ての機能は、ChatGPTのAI駆動の文字起こし能力を活用することで、従来の手動の文字起こしや議事録の処理に比べて効率的かつ高度な結果をもたらします。

また、これらのプロンプトは一例であり、あなたの具体的なニーズに合わせてカスタマイズすることができ、これにより、ChatGPTはあなたのビジネスニーズに応じた柔軟なソリューションを提供します。

議事録の処理から感情分析まで、ChatGPTの文字起こし機能を活用すれば、より洞察に富んだ決定を下すことが可能になります。

【会社で活用するメリット】ChatGPTによる文字起こしのコスト削減

Woman-using-a-computer-chatting-with-an-intelligent-artificial-intelligence-asks-for-the-answers-he-wants-AI-Chat-with-AI-or-Artificial-Intelligence-technology-Smart-assistant-AI-to-help-work

ChatGPTによるコスト削減のメリット

ChatGPTによる文字起こしは、会社のコスト削減に大いに役立ちます。

従来の文字起こし方法は、人手によるものが主流であり、そのためには専門的な知識や時間が必要でした。

しかし、ChatGPTはAIによる自動化を可能にし、人間が行っていた作業を大幅に削減します。

これにより、人件費の削減だけでなく、時間的なコストも削減できます。

また、AIによる文字起こしは、人間が行うものと比べて間違いが少なく、校正の手間も減ります。

これらの要素が組み合わさることで、ChatGPTは会社のコスト削減に大きな寄与をしています。

多岐にわたる活用方法

さらに、議事録の要約や、音声データの文字変換など、ChatGPTの活用方法は多岐にわたります。

これらを活用することで、更なる効率化とコスト削減を実現できるでしょう。

その他にも、ChatGPTは24時間365日稼働可能であり、労働時間の制限に縛られることなく、いつでも必要な作業を行うことができます。

これは、特に急な業務変更や緊急のニーズに対応する際に大きな強みとなります。

高品質な作業性能

人間の作業者が必要なくなることで、休日や深夜の労働による追加コストを削減することができます。

また、ChatGPTによる文字起こしは、人間による作業に比べて一貫性と精度が高いというメリットもあります。

AIは疲れることなく、常に一定の品質で作業を行うことができます。

これにより、品質へのマネジメントコストも大幅に削減することが可能です。

さらに、ChatGPTの学習能力を活用すれば、より高度なタスクにも対応することが可能です。

例えば、特定の業界用語や社内用語の理解、社内ルールに基づいた文章生成など、カスタマイズした学習を行うことで、より具体的なビジネスニーズに対応することができます。

これらの活用方法を通じて、ChatGPTは会社の効率化とコスト削減に大きな貢献をすることができます。

これからも、AIの進化とともに、より多くの業務での活用が期待されています。

ChatGPTの文字起こし:プラグインで音声データを文字に変換する手順とやり方

AI-robot-using-computer-to-chat-with-customer-Concept-of-chat-bot

文字起こし機能の導入

ChatGPTを使用して音声データを文字に変換する方法は以下のステップに従ってください。

最初に、ChatGPTの公式ウェブサイトにアクセスし、新規ユーザーであればアカウントを作成し、すでにアカウントを持っている場合はログインします。

次に、ダッシュボードに移動し、左側のメニューから’プラグイン’を選択します。

表示された画面で’新規作成’をクリックし、プラグインの名前と説明を入力します。

プラグインのタイプとして’音声データを文字に変換する’を選択し、設定を行います。

設定が完了したら’保存’をクリックします。

プラグインはすぐに使用可能となり、任意の音声データをアップロードすることで文字起こしが可能となります。

このプラグインを活用することで、社内会議の議事録作成や、YouTubeの音声データの文字起こしなど、多様なシーンでの作業効率が大幅に向上します。

具体的な文字起こし手順の解説

以下、具体的なステップバイステップの手順を紹介します。

1. アクセスとアカウント作成

ChatGPTの公式ウェブサイトにアクセスし、右上の「Sign in」ボタンをクリックします。新規ユーザーの場合は「Sign up」ボタンをクリックしてアカウントを作成します。

2. ダッシュボードへの移動

アカウントにログインしたら、ダッシュボードに移動します。ダッシュボードはウェブサイトのホームページからもアクセス可能です。

3. プラグイン選択

ダッシュボードの左側のメニューから「プラグイン」を選択します。

4. 新規プラグイン作成

プラグイン画面で「新規作成」ボタンをクリックします。

5. プラグイン詳細入力

プラグインの名前と説明を入力します。名前はプラグインの機能を端的に表すものが良いでしょう。

6. プラグインタイプ選択

プラグインのタイプとして「音声データを文字に変換する」を選択します。この設定により、音声データの文字起こし機能が有効になります。

7. プラグイン保存

必要な設定を行ったら、「保存」ボタンをクリックします。これでプラグインの作成が完了し、すぐに使用可能となります。

8. 音声データのアップロードと変換

プラグインを使用して任意の音声データをアップロードします。アップロードした音声データは自動的に文字に変換され、結果が表示されます。

9. 文字起こし結果の確認

文字起こしが完了したら、結果を確認します。誤字脱字や認識エラーがないか、内容が正確に文字起こしされているかをチェックしましょう。

10. 文字起こし結果の保存

問題がなければ、文字起こし結果を保存します。保存方法は、テキストファイルとしてダウンロードする方法や、クリップボードにコピーして別のアプリケーションに貼り付ける方法などがあります。

11. 一括アップロード機能

さらに、ChatGPTの文字起こしプラグインは、複数の音声データを一括でアップロードし、同時に文字起こしを行うことも可能です。

12. お気に入り機能

最後に、定期的に使うプラグインはお気に入りに登録しておくと便利です。お気に入りに登録されたプラグインは、ダッシュボードからすぐにアクセスできるため、作業効率がさらに向上します。

以上が、ChatGPTの音声データ文字起こしプラグインの使用方法です。

この手順を参考に、あなた自身が音声データを効率よく文字に変換するためのワークフローを構築してみてください。

【おすすめ文字起こしツール】ChatGPTとWhisper:無料で利用できる議事録作成ツール

Concept-Humans-work-with-artificial-intelligence-humans-use-intelligent-AI-technology-enter-command-prompt-for-generates-to-solve-problems-let-AI-help-humans-do-their-jobs

Whisperとその特徴

Whisperは、無料で利用できる議事録作成ツールとしておすすめです。

Whisperの特徴は、AIを活用した高精度な文字起こし機能と、ノイズリダクション機能があります。

これにより、会議の音声をクリアに記録し、その後の議事録作成を効率的に行えます。

このように、Whisperは、議事録作成の効率化に大いに貢献するツールと言えます。

ChatGPTとWhisperの組み合わせ

さらに、ChatGPTとWhisperの組み合わせを利用することで、議事録作成が一段と簡単になります。

ChatGPTはOpenAIによって開発された自然言語処理AIで、人間のように自然な会話を生成することが可能です。

Whisperで生成された議事録をChatGPTに入力することで、より詳細かつ複雑な議論を文章化することができます。

具体的な使用例としては、まずWhisperで会議の録音を文字起こしし、その結果をChatGPTに入力します。

ChatGPTはその内容を元に、一部の情報が欠落していても全体の文脈を理解し、自然な文章を生成することができます。

これにより、議事録が不完全な場合や、議論が複雑で要約が困難な場合でも、理解しやすい議事録を作成することが可能になります。

また、ChatGPTとWhisperを組み合わせて使用することは、リモートワークやテレワークが一般化する現代において、非常に有効な手段となります。

会議の参加者が全員が同じ場所にいなくても、Whisperによる文字起こしとChatGPTによる文章生成により、全員が同じ情報を共有し、理解することができます。

このように、ChatGPTとWhisperは、議事録作成の効率化だけでなく、会議の効率化と情報共有の改善にも大いに貢献するツールと言えます。

Whisperの具体的な使い方

では、Whisperの具体的な使い方のステップバイステップを箇条書きでお伝えします。

  1. まずは、OpenAIの公式ウェブサイトにアクセスしましょう。
  2. 「Products」のセクションをクリックして、ドロップダウンメニューから「Whisper」を選択します。
  3. 「Try Whisper for free」のボタンをクリックして、無料トライアルの画面に進みます。
  4. 必要な情報(名前、メールアドレスなど)を入力し、「Create Account」をクリックしてアカウントを作成します。
  5. アカウント作成後、自動的にログインされ、Whisperのホーム画面に遷移します。
  6. 画面の左側にある「Upload」ボタンをクリックし、文字起こしを行いたい音声ファイルを選択します。
  7. ファイルがアップロードされると、Whisperは自動的に音声をテキストに変換し始めます。
  8. 変換が完了すると、画面上にテキストが表示されます。

必要に応じて、このテキストを編集したり、コピーして他のアプリケーションに貼り付けたりすることができます。

このように、Whisperは非常に直感的で使いやすいツールです。

議事録の作成やインタビューの文字起こしなど、さまざまなシーンで活用できます。

ChatGPTの文字起こしで役立つ「プロンプト」とは?おすすめテンプレート10選を紹介

Prompt-Button-on-Computer-Keyboard

文字起こしで役立つ「プロンプト」とは?

プロンプトとは、ChatGPTに対する指示文や質問を指します。

これを利用することで、文字起こしの精度を上げることが可能です。

以下、文字起こしで役立つプロンプトのテンプレート10選を紹介します。

1. 全体的な流れを把握するためのプロンプト

   – プロンプト例: 「この会議の主な議題と結論を要約してください」

   – 説明: 会議やディスカッションの大枠の内容やその結果を短くまとめるための問いかけ。全体像の理解を助けます。

2. 特定の発言者の意見をまとめるプロンプト

   – プロンプト例: 「山田さんの意見を要約してください」

   – 説明: 特定の人物の発言や立場を中心に理解するための問いかけ。

3. 議論のポイントを把握するプロンプト

   – プロンプト例: 「今回の議論で最も重要なポイントは何ですか?」

   – 説明: 議論の中心となる核心的な部分や要点を把握するための指示。

4. 新たなアイデアを引き出すプロンプト

   – プロンプト例: 「この問題に対する新たな解決策は何か?」

   – 説明: 既存の意見や考え方から一歩進んだ新しい提案やアイディアを引き出すための問いかけ。

5. 結論を明確にするプロンプト

   – プロンプト例: 「この会議の結論を明確にしてください」

   – 説明: 議論の最終的な決定や結果を明らかにするための指示。

6. 事実と意見を区別するプロンプト

   – プロンプト例: 「この発言は事実か意見か?」

   – 説明: 発言の中身が客観的な情報か、主観的な見解かを判別するための問いかけ。

7. 感情のニュアンスを把握するプロンプト

   – プロンプト例: 「発言者の感情を読み取ってください」

   – 説明: 発言の背後にある感情やニュアンスを理解するための指示。

8. 具体的なアクションプランを設定するプロンプト

   – プロンプト例: 「次に何をすべきか?」

   – 説明: 次のステップや行動計画を立てるための問いかけ。

9. 参考資料を把握するプロンプト

   – プロンプト例: 「参考にした資料をリストアップしてください」

   – 説明: 議論や発表の基となる情報源や参照資料を明らかにするための指示。

10. 時間を管理するプロンプト

   – プロンプト例: 「次の会議までの期間を設定してください」

   – 説明: 時間の制約やスケジュールを管理するための問いかけ。

これらのプロンプトは、ChatGPTを活用する際に役立つツールとなるでしょう。

特に文字起こしの作業では、膨大な情報の中から重要なポイントを抽出し、整理する作業が必要となります。

その際に、これらのプロンプトを使用することで、効率的に作業を進めることが可能となります。

また、一部のプロンプトは、会議などの実際のシーンでの使用にも適しています。

これらを駆使して、ChatGPTの能力を最大限に引き出しましょう。

Google Chromeの拡張機能「YouTube Summary with ChatGPT」を使ってYouTube動画を要約して文字起こしする方法

Asus-Chromebook

「YouTube Summary with ChatGPT」の概要

「YouTube Summary with ChatGPT」は、YouTube動画の音声を文字起こしして要約するGoogle Chromeの拡張機能です。

このツールの利点は、AI技術を利用して高精度な文字起こしが可能であり、さらに自動的に要約を作成することができます。

使用方法

以下にその使用方法を示します。

  1. Google Chromeに「YouTube Summary with ChatGPT」をインストールします。
  2. YouTube動画を開き、「YouTube Summary with ChatGPT」を起動します。
  3. 「Transcribe」ボタンをクリックして動画の音声を文字起こしします。
  4. 文字起こしが完了したら、「Summarize」ボタンをクリックして要約を作成します。

この機能を使えば、YouTube動画の情報を素早く把握できるだけでなく、繰り返し視聴する手間を省くこともできます。

要約の詳細な作成手順

要約作成の方法は以下の通りです。

  1. 「Summary」タブを開きます。
  2. 要約を確認し、必要に応じて編集します。
  3. 「Save」ボタンをクリックして要約を保存します。

これにより、動画の重要なポイントをすばやく把握できます。

拡張機能の付加価値

「YouTube Summary with ChatGPT」は、視聴者が動画の内容を深く理解するための助けとなるだけでなく、コンテンツクリエーターや研究者にとっても有益なツールです。

特に、長時間の動画や多数の動画から情報を収集する必要がある場合、この拡張機能を使用すれば効率的に作業を進めることが可能になります。

さらに、「YouTube Summary with ChatGPT」はAI技術を活用しているため、人間が手動で文字起こしを行うよりも高速で正確な結果を提供します。

これにより、ユーザーは時間を節約し、より多くの情報を短時間で処理することができます。

以上のように、「YouTube Summary with ChatGPT」は、YouTube動画から情報を取得する際の強力なツールと言えるでしょう。

その高精度な文字起こし機能と要約機能を活用すれば、情報収集の効率を大幅に向上させることが可能です。

しかし、「YouTube Summary with ChatGPT」の機能はこれだけに留まりません。

実は、このツールはAIの力を活用して、ビデオコンテンツの詳細な分析も可能です。

たとえば、特定のキーワードが何回使用されたか、または特定の話題がどれだけの時間を占めていたかなどのデータを提供します。

これにより、コンテンツクリエーターやマーケターは、視聴者の興味や傾向を理解し、より魅力的で効果的なコンテンツを作成するための洞察を得ることができます。

さらに、「YouTube Summary with ChatGPT」は、自然言語処理(NLP)というAI技術を活用しています。

この技術により、人間が自然に話す言葉を理解し、それをテキストに変換することが可能になります。

つまり、このツールは動画の音声だけでなく、視覚的な情報も解釈することができ、それを要約に反映させることが可能です。

これにより、動画の全体的な内容をより深く理解することができます。

最後に、このツールはAI技術を活用しているため、常に学習と進化を続けています。

つまり、より多くの動画を分析するほど、その精度と効率性は向上し、結果としてユーザーにとってより有益な情報を提供することができます。

これらの理由から、「YouTube Summary with ChatGPT」は、文字起こしツールとしてのみならず、情報収集と分析のための強力なツールと言えるでしょう。

まとめ

ChatGPTはAIを活用した文字起こしツールで、日本語の校正機能や会議議事録の効率的な要約作成が可能です。

コスト削減のメリットもあり、プラグインを使用して音声データを文字に変換することができます。

また、ChatGPTとWhisperを組み合わせることで無料で議事録作成ができ、プロンプトという機能を通じて更に利便性を高めることが可能です。

Google Chromeの拡張機能「YouTube Summary with ChatGPT」を使えば、YouTube動画の内容を要約して文字起こしすることもできます。

このような多機能性と利便性から、ChatGPTは新しい文字起こしの新常識とも言えるでしょう。

ぜひ、本記事の内容をご参考にしていただければ嬉しいです。

【PR】完全無料!【ChatGPT速習メール講座】毎日1本メールを無料配信中!今すぐこちらをクリックして登録!

完全無料!【ChatGPT速習メール講座】 毎日1分、あなたのビジネスを加速させる!

今、ビジネス界の最前線では、「生成AIを制する者はビジネスを制する!」と言われています。あなたも、生成AIを代表するChatGPTの最新ノウハウを無料で手にしてみませんか?こちらから完全無料でメールアドレスをご登録いただければ、【ChatGPT速習メール講座】の配信(毎日1本)を開始いたします。わずか毎日1分で「ChatGPTの最新ノウハウ」をインストールすることができます。ぜひ、今すぐこちらをクリックして無料メール講座に登録してください。

Chatbot-Chat-with-AI-Artificial-Intelligence-man-using-technology-smart-robot-AI-artificial-intelligence-by-enter-command-prompt-for-generates-something-Futuristic-technology-transformation

今すぐこちらをクリックして無料メール講座に登録する(完全無料)

あなたのコメントをシェアしてください

この記事をご覧になって、あなたはどのような学びがありましたか?
また、ビジネスの現場で何を実践しようと決意されましたか?

ぜひ、以下にあなたのコメントをシェアいただければ幸いです。

人気の記事

  • ChatGPTの制限を解除する方法!文字数や利用回数の上限を解説

    ChatGPTの制限を解除する方法!文字数や利用回数の上限を解説

    本記事では、ChatGPTの制限について詳しく解説します。 無料版と有料版の制限の違い、トークンの考え方、そしてそれらの制限を解除・回避するための方法を公開します。 また、企業がChatGPTを活用する際の規制とポリシーも紹介します。 さらに、文字数制限に達した際の対処法や、緩和される可能性についても考察します。 最後に、よくある質問とその解答をまとめています。 本記事をお読みいただければ、あなたはChatGPTの文字数や利用回数の制限を解除・回避する方法を理解いた...
    20,227 views
  • ChatGPT4の料金は?支払い方法や無料版との違いを徹底解説!

    ChatGPT4の料金は?支払い方法や無料版との違いを徹底解説!

    本記事では、ChatGPT4の料金情報を徹底解説します。 OpenAI社の最新AI、ChatGPT4の料金体系を明らかにします。 無料版と有料版の違い、月額20ドルの日本円での支払い方法、法人向けのコスト効率と計算方法、無料から有料への移行と解約方法、そして無料版の限界と有料版のメリットまで、あなたが知りたい全てをお届けします。 ChatGPT4を最大限に活用するためのガイドとしてご活用ください。 本記事をお読みいただければ、あなたはChatGPT4の料金について、理...
    13,719 views
  • ChatGPT4の利用制限とは?最新の文字数・回数の上限を解説!

    ChatGPT4の利用制限とは?最新の文字数・回数の上限を解説!

    本記事では、最新のAI「ChatGPT4」の利用制限について詳しく解説します。 無料版と有料版の違い、文字数の重要性、月額20ドルのPlusプランへの注意点など、ChatGPT4の利用制限を理解して最大限に活用するための情報を提供します。 また、ChatGPT4のビジネス活用法や、言語翻訳の応用ステップなどについても触れます。 さらに、AIモデルの進化とプログラミング対応の可能性についても見ていきます。 本記事をお読みいただければ、あなたはChatGPT4の利用制限に...
    7,793 views
  • ChatGPTでラクに文字起こしする方法!議事録作成ツールも紹介

    ChatGPTでラクに文字起こしする方法!議事録作成ツールも紹介

    本記事では、ChatGPTを使用して簡単に文字起こしをする方法を詳しく解説します。 AIを活用した新常識で、日本語の校正も可能です。議事録の内容を要約する方法と、ChatGPTによるコスト削減のメリットも紹介します。 また、プラグインを使用して音声データを文字に変換する手順、無料で利用できる議事録作成ツールWhisperとの連携、役立つプロンプトのテンプレートも提供します。 そして、Google Chromeの拡張機能「YouTube Summary with Chat...
    13,769 views
  • ChatGPT Plus(有料版)の解約方法!簡単な手順を解説!

    ChatGPT Plus(有料版)の解約方法!簡単な手順を解説!

    本記事では、AI技術の最新鋭、ChatGPT Plusの解約方法を詳しく解説します。 解約手続きから有料プランを無料版に戻す方法までをご案内して、スマホで簡単に課金キャンセルやアカウント削除ができる方法も紹介します。 さらに、解約のタイミングや注意点、手順の詳細についても触れて、解約時の必読ポイントを解説します。 そして、ChatGPT Plusの使い方と無料への切り替え方も一緒に学べます。 最後に、ChatGPT Plusの課金停止からアカウント消去までの全てをまと...
    9,815 views
  • ChatGPTが重い?応答が遅い時間帯とスマホ・PCでの対処法!

    ChatGPTが重い?応答が遅い時間帯とスマホ・PCでの対処法!

    あなたは、「ChatGPTが重い」と感じることがありませんか? 本記事では、「ChatGPTが重い」と感じる際の原因や対処法、スマホとPCでの速度差、有料版の効果、画像生成機能とAPI利用の影響、アプリとプラグインによる改善法、日本語応答対策、回答速度と質問方式の関連、翻訳と英語版利用の速度差について詳しく解説します。 ChatGPTの快適な利用を目指して、ぜひ参考にしてください。 本記事をお読みいただければ、あなたはChatGPTが重いときのスマホ・PCでの対処法を理...
    5,000 views

新着ブログ記事

ブログ記事一覧

完全無料!【ChatGPT速習メール講座】 毎日1分、あなたのビジネスを加速させる!

今、ビジネス界の最前線では、「生成AIを制する者はビジネスを制する!」と言われています。あなたも、生成AIを代表するChatGPTの最新ノウハウを無料で手にしてみませんか?こちらから完全無料でメールアドレスをご登録いただければ、【ChatGPT速習メール講座】の配信(毎日1本)を開始いたします。わずか毎日1分で「ChatGPTの最新ノウハウ」をインストールすることができます。ぜひ、今すぐこちらをクリックして無料メール講座に登録してください。

Chatbot-Chat-with-AI-Artificial-Intelligence-man-using-technology-smart-robot-AI-artificial-intelligence-by-enter-command-prompt-for-generates-something-Futuristic-technology-transformation

小谷川 拳次

小谷川 拳次

リードコンサルティング株式会社 代表取締役

起業家。作家。投資家。 2009年、リードコンサルティング株式会社設立。デジタルコンテンツを主軸としたインターネット集客、電子書籍マーケティング、サブスクリプションビジネスのコンサルティング及びコンテンツ販売システム、自動ウェビナー販促システムの提供によるマーケティングオートメーション(MA)の導入支援を行う。ビジネス書作家としても活動。2018年からは投資事業を開始。2023年にはオウンドメディア『生成AIマーケティングの教科書』を開設。ChatGPTを中心とする生成AIマーケティングの専門家として、多数の専門記事を著者として公開している。日刊メルマガ【ChatGPT速習メール講座】では、5千人を超える読者にメールマガジンを配信中。 著書は『Facebookでお客様をどんどん増やす本』(中経出版/2011年)、『電子書籍を無名でも100万部売る方法』(東洋経済/2012年)、『小さな会社がお金をかけずにお客さまをガンガン集める方法』(KADOKAWA/2013年)など、累計50冊を出版している。

他の記事を見る

完全無料!【ChatGPT速習メール講座】 毎日1分、あなたのビジネスを加速させる!

今、ビジネス界の最前線では、「生成AIを制する者はビジネスを制する!」と言われています。あなたも、生成AIを代表するChatGPTの最新ノウハウを無料で手にしてみませんか?こちらから完全無料でメールアドレスをご登録いただければ、【ChatGPT速習メール講座】の配信(毎日1本)を開始いたします。わずか毎日1分で「ChatGPTの最新ノウハウ」をインストールすることができます。ぜひ、今すぐこちらをクリックして無料メール講座に登録してください。

Chatbot-Chat-with-AI-Artificial-Intelligence-man-using-technology-smart-robot-AI-artificial-intelligence-by-enter-command-prompt-for-generates-something-Futuristic-technology-transformation

今すぐ無料でPDFをダウンロードしてください
こちらにメールアドレスを登録すると、今すぐ本記事をPDF形式でダウンロードしてお読みいただくことができます。PDFのダウンロードリンクは登録いただいたメールアドレス宛にお送りいたします。
1 / 2
50%完了 これが最後のステップです。
あなたのご感想や期待の声をご記入ください!

※PDFのお届けにはコメントの入力が必要です※

この記事をご覧になって、あなたはどのような学びがありましたか?また、ビジネスの現場で何を実践しようと決意されましたか?ぜひ、以下にあなたのコメントをシェアいただければ幸いです。(まだお読みでない方は、この記事への期待の声をお寄せください!)

2 / 2
ご登録ありがとうございます!メールをお送りしました。
ご登録ありがとうございます!登録いただいたメールアドレス宛にPDFのダウンロードリンクをご案内するメールをお送りしました。
50%完了 これが最後のステップです。
2 / 2