ChatGPTの月額利用料を経費計上する方法!勘定科目と仕訳は?

最終更新日:2024年2月25日
1,359 views

本記事では、ChatGPT利用料を経費計上する際の勘定科目や消費税の取扱いから、領収書・請求書の発行方法、税務上の取扱い、中小企業での効率的な業務運用と財務改善の事例まで網羅的に解説します。

テレワーク時代における経費管理も見逃せません。

ChatGPTの月額利用料を経費として計上する法的観点や、AI時代をリードする企業の会計戦略と税務対策についても触れています。

本記事をお読みいただければ、あなたはChatGPTの月額利用料を経費計上する方法について、理解いただけるようになるはずです。

ぜひ、こちらの内容を参考にしてみてください。

【PR】完全無料!【ChatGPT速習メール講座】毎日1本メールを無料配信中!今すぐこちらをクリックして登録!

【PR】今、ビジネス界の最前線では、「生成AIを制する者はビジネスを制する!」と言われています。あなたも、生成AIを代表するChatGPTの最新ノウハウを無料で手にしてみませんか?こちらから完全無料でメールアドレスをご登録いただければ、【ChatGPT速習メール講座】の配信(毎日1本)を開始いたします。わずか毎日1分で「ChatGPTの最新ノウハウ」をインストールすることができます。ぜひ、今すぐこちらをクリックして無料メール講座に登録してください。

目次

ChatGPTの費用を経費計上する上で押さえるべき勘定科目と消費税の取扱い:月額利用料の活用と精算方法

Woman-using-chatbot-in-computer-and-tablet-smart-intelligence-Ai-AI-Chat-with-AI-Artificial-Intelligence-developed-by-OpenAI-generate-Futuristic-technology-robot-in-online-system-in-office

ChatGPT利用料の経費処理の可否

自営業者やフリーランサーが業務遂行のためにChatGPTを活用する場面では、その利用料金を経費として処理することが可能です。

この背景には、経費が業務遂行に際して発生した費用を指すという定義があります。

従って、ChatGPTにかかる費用は、事業運営に必須の経費として認識され得るわけです。

事業内容とChatGPT利用料

事業の性質によっては、ChatGPTの使用が直接的な業務に貢献しない場合も考えられます。

そのため、自身の事業内容と直結しない場合には、ChatGPT利用料の経費計上は適切ではないという点が明確にされています。

利用に伴う勘定科目の指定

ChatGPTの有料プランを利用する際には、「通信費」や「支払手数料」といった勘定科目が適用されるのが一般的です。

これは、サブスクリプションサービスを会計上処理する際の標準的な方法に沿ったものです。

為替変動への対応

ChatGPT Plusなどの有料プランを20ドルの月額料金で契約している場合、為替レートの変動により実際の支払額が変動する可能性がある点に注意が必要です。

したがって、利用するクレジットカードの明細を確認し、適切に会計処理を行うことが推奨されます。

利用の会計仕訳例

具体的な仕訳例として、クレジットカードを用いた決済が事業用口座から行われたケースが示されています。

例えば、2024年1月5日に2,938円(換算レート:146.927円)の利用料が発生し、その支払いが翌月に行われるシナリオが考えられます。

個人利用分の取り扱い

クレジットカードでの支払いにおいて事業に無関係な個人利用分が含まれる場合は、これを「事業主貸」の勘定科目で一括して処理することが可能です。

これにより、事業関連の経費と個人的な支出を明確に区分することができます。

この章では、ChatGPTの利用料金を経費として計上する際の概要と、それに伴う会計処理の具体的な方法について解説しています。

業務におけるChatGPTの活用が増えている中で、これらのガイドラインは自営業者やフリーランサーにとって実務上非常に有用です。

経費として計上するために:ChatGPT Plus(有料版)の領収書・請求書を発行する方法とは【OpenAI】

business-people-using-artificial-intelligence-AI-Automation-Predictive-analytics-Customer-service-AI-powered-chatbot-analyze-customer-data-Futuristic-technology-transformation

ChatGPT Plus(有料版)の領収書と請求書の取得方法

OpenAIのChatGPTを利用する際には、その費用を経費計上することが可能です。

しかし、経費計上を行うためには、領収書や請求書が必要となります。本章では、その発行方法について詳しく解説します。

OpenAIのウェブサイトから提供されているChatGPTの請求書や領収書は、会計上の記録として有効であり、税務申告時にも利用可能です。

これらの書類(PDF形式の請求書や領収書)を得るためには、以下の方法を参考にしてください。

ChatGPT Plusの支払い後の領収書発行方法

OpenAIのChatGPT Plusを活用するあなたに、支払い後の領収書発行方法と請求書(インボイス)生成手順を明確に解説します。

まず、領収書の発行は、支払い完了後、アカウント設定から可能です。

具体的な手順は以下の通りです。

OpenAIアカウントでの操作手順

  1. OpenAIのサイトにログインします。
  2. 左下のアカウント設定メニューから「My Plan」をクリックするとポップアップが表示されるので、画面内の「Manage my subscription」をクリックします。
  3. 次に表示される「Manage your OpenAI billing settings」ページ内の「インボイスの履歴」から発行したい領収書・請求書の日付横のマークをクリックします。
  4. ダウンロード画面がポップアップで表示されます。
  5. 領収書または請求書のダウンロードボタンをクリックするとダウンロードが完了します。

これらの手順により、領収書や請求書を容易に生成できます。

注意事項

なお、ChatGPT Plusを含むChatGPTのサブスクリプションにおける支払いは、現時点でクレジットカードのみ対応が可能です。

その他の支払い手段では対応ができませんので、ご注意してください。

これらの書類は、経費計上の際に必要となりますので、適切に保管することが重要です。特に、税務監査が行われた際には、これらの書類を提示することで、ChatGPTの費用が適切に経費計上されていることを証明することができます。

こうした手続きを通じて、ChatGPTの利用料を正確に経費計上し、企業の財務管理を適切に行うことが可能となります。

インボイスから会計まで:ChatGPT利用料の正確な経費計上と税務上の取扱い

AI-Chat-bot-ChatBot-Technology-and-business-design-global-internet-communication-application-concept

インボイスの確認から会計処理までのステップ

ChatGPT利用料の経費計上と税務上の取扱いについて、インボイスの確認から会計処理までのステップを丁寧に解説します。

まず、ChatGPTから発行されるインボイスには、利用料金と消費税が明記されています。

このインボイスの内容を基に、会計ソフトを使用して経費計上を行いましょう。

経費計上の際は、利用料金を「ソフトウェア利用料」として計上し、消費税を「未払消費税」として計上します。

月末には、これらの金額を基に決算処理を行います。

また、税務上の取扱いについては、消費税は課税対象となりますので、消費税申告書に記載する必要があります。

これらの適切な処理により、ChatGPT利用料の正確な経費計上と税務上の取扱いが可能となります。

利用料経費計上の実践手順

次に、ChatGPTの利用料金を経費計上する際の詳細な手順について解説します。

1. ChatGPTからのインボイスの受領

まずは、ChatGPTからのインボイスを確認します。

インボイスには、利用料金と消費税がそれぞれ明記されています。

これらの情報が経費計上の根拠となります。

2. 経費計上の記録

続いて、会計ソフトを使用して経費を計上します。

具体的には、利用料金を「通信費」や「支払手数料」として、消費税を「未払消費税」として計上します。

3. 月末の決算処理

月末には、会計ソフトを使用して決算処理を行います。

具体的には、未払消費税を含むChatGPTの利用料金を全額経費計上します。

4. 消費税申告

最後に、税務上の取扱いを行います。

具体的には、ChatGPTの利用料金に対する消費税を、消費税申告書に記載します。

以上の手順により、ChatGPT利用料の経費計上と税務上の取扱いが適切に行われます。

税務対策と経費管理のポイント

経費計上と税務上の取扱いは、企業の財務状況に直接影響を与えるため、正確さが求められます。

特に、消費税の取扱いは税務署の対象となるため、適切な取扱いが必要です。

困難を感じる場合や、より詳細な情報が必要な場合は、税務顧問や会計事務所に相談することをお勧めします。

また、ChatGPTの利用料金以外にも、企業活動に関連する経費の取扱いについて学ぶことで、より効率的な経費管理が可能になります。

ChatGPTの導入と経費化:中小企業における効率的な業務運用と財務改善の事例

Chatbot-Chat-with-AI-Artificial-Intelligence-man-using-technology-smart-robot-AI-artificial-intelligence-by-enter-command-prompt-for-generates-something-Futuristic-technology-transformation

導入が中小企業にもたらす利点

ChatGPTの導入は、中小企業にとって業務効率と財務改善の両方を実現する強力な手段となります。

AIチャットボットの導入により、顧客対応や内部コミュニケーションがスムーズになり、生産性が向上します。

また、ChatGPTの利用料は経費として計上することが可能で、これにより企業の財務負担を軽減できます。

しかし、その経費計上には適切な手順と税務上の考慮が必要です。

例えば、適切な勘定科目の選定や消費税の取扱いなどが重要となります。

これらを適切に行うことで、企業の財務状況を正確に把握し、税務リスクを避けることができます。

適切な手順

中小企業におけるChatGPTの導入と経費化の具体的な事例を通じて、その適切な手順と効果を詳しく解説します。

中小企業A社は、顧客対応の効率化と生産性向上を目指し、ChatGPTを導入しました。

A社は月額料金を支払ってChatGPTを利用しており、その料金を経費として計上します。

経理担当者は、これを「通信費」や「支払手数料」などの勘定科目に計上し、財務報告に反映させています。

また、消費税についても適切に計上しています。

経費計上の手順は以下の通りです。

まず、A社はChatGPTから発行されるインボイスを確認します。

次に、そのインボイスに記載された金額と消費税を確認し、それぞれを適切な勘定科目に計上します。

この作業を毎月行うことで、A社はChatGPTの経費を正確に把握し、税務リスクを避けています。

導入による業務効率化の事例

また、A社はChatGPTの導入により業務の効率化を実現しています。

例えば、ChatGPTを使用したチャットボットを導入することで、顧客からの問い合わせ対応を自動化しました。

これにより、顧客対応の時間を大幅に削減し、その時間を他の重要な業務に振り分けることができました。

さらに、内部コミュニケーションにおいても、ChatGPTを活用した自動応答システムを導入することで、社員間のコミュニケーションがスムーズになり、生産性が向上しました。

以上のような事例を通じて、ChatGPTの導入と経費化は、中小企業にとって業務効率の向上と財務改善を同時に実現する有効な手段であることがわかります。

ただし、経費計上には適切な手順と税務上の考慮が必要な点は忘れてはなりません。

適切な経費計上を行うことで、財務状況を正確に把握し、税務リスクを避けることができます。

テレワーク時代の経費管理:ChatGPT利用によるテンプレート作成と支払い精算の最適化

Woman-using-a-computer-chatting-with-an-intelligent-artificial-intelligence-asks-for-the-answers-he-wants-AI-Chat-with-AI-or-Artificial-Intelligence-technology-Smart-assistant-AI-to-help-work

経費管理の最適化

テレワークの浸透により、経費管理の効率化が求められています。

ChatGPTの利用は、その一助となり得ます。

ChatGPTのテンプレートを作成し、経費の精算を最適化することで、事業運営の効率を高めることが可能です。

特に、状況に応じた自動応答やスケジュール管理、経費管理など、様々な業務をChatGPTに委ねることで、人間の手間を省くことができます。

また、ChatGPTの月額利用料を経費として計上することで、企業の財務状況を改善することも可能です。

ただし、その計上方法には注意が必要で、正確な経費計上と税務上の取扱いを理解することが重要です。

テンプレートの活用

この記事では、ChatGPTを用いたテンプレート作成と経費精算の最適化方法について解説します。

ChatGPTの経費管理テンプレートは、従業員が経費を追跡し、精算を行うことを容易にします。

このテンプレートは、従業員が自分の経費を記録し、必要な領収書やその他の支払い情報を管理者に提出するための機能を提供します。

これにより、管理者は経費の承認、追跡、精算を効率的に行うことができます。

税務上の考慮と業務効率化

経費の精算は、企業の財務管理において重要な役割を果たします。

これには、経費の承認、精算、および経費の記録が含まれます。

ChatGPTの経費管理テンプレートを使用することにより、これらのプロセスを自動化し、時間と労力を節約することが可能となります。

また、ChatGPTの月額利用料を経費として計上する際には、消費税法と国際税務の影響を理解することが重要です。

具体的には、月額利用料を経費として計上する場合、その金額に消費税が含まれているか、またその消費税をどのように扱うべきかを理解する必要があります。

さらに、ChatGPTが提供するサービスが国際的なものである場合、国際税務の問題も考慮する必要があります。

ChatGPTを活用することで、経費管理の効率化だけでなく、業務全体の効率化も図ることができます。

例えば、ChatGPTを使用して、顧客サポートの自動応答や、スケジュール管理など、従業員が手動で行っていた業務を自動化することが可能です。

これにより、従業員はより重要な業務に集中することができ、全体的な業務効率が向上します。

まとめると、ChatGPTの利用は、テレワーク時代の経費管理において大きな助けとなります。

正確な経費計上と税務上の取り扱いを理解し、ChatGPTの機能を最大限に活用することで、経費管理の効率化と業務全体の最適化を実現することができます。

ChatGPTの月額利用料を経費として計上する際の法的観点:消費税法と国際税務の影響

AI-tech-enhances-businesses-by-processing-data-improving-decision-making-developing-innovative-products-automating-processes-and-boosting-competitiveness-future-technology

法的考慮事項

AI技術の進化に伴い、ChatGPTのようなサービスを導入する企業が増えています。

このようなサービスの月額利用料を経費として計上する際、法的観点から注意が必要です。

特に、消費税法と国際税務が重要な点となります。

消費税法では、ChatGPTの利用料は「電子サービスの提供」に該当し、消費税の課税対象となります。

また、国際税務の観点からは、ChatGPTを提供する企業が海外に拠点を持つ場合、その国の税法に従う必要があります。

これらを考慮に入れ、適切な経費計上と税務処理が求められます。

企業の会計部門や税理士と連携し、正確な経費計上を心掛けましょう。

利用料の国際的な会計処理

ChatGPTを提供しているOpenAIは米国に本社を置いています。

そのため、利用料の支払いは通常米ドルで行われ、国際送金の際にはその取引の手数料を考慮する必要があります。

これは経費計上に影響を与え、適切な会計処理が求められます。

また、通貨の換算レートの変動による影響も考慮に入れる必要があります。

利用料の経理とキャッシュフロー管理

さらに、ChatGPTの利用料はサブスクリプションモデルであるため、毎月一定の額が発生します。

この定期的な支払いは、企業のキャッシュフロー管理に影響を及ぼす可能性があります。

そのため、予算策定やキャッシュフロー管理においても、ChatGPTの利用料の計上を考慮に入れることが重要です。

さらに、ChatGPTが提供するサービスはデジタルなものであるため、一般的な「商品」や「サービス」の経費計上とは異なる点があります。

具体的には、物理的な商品を購入する場合と比較して、デジタルサービスの利用料を経費計上する際には、「仕入れ」や「在庫」の概念が適用されないため、会計処理が異なります。

以上のような事項を考慮し、ChatGPTの利用料を経費として計上する際には、消費税法と国際税務の観点から、適切な会計処理と税務処理を行うことが求められます。

このような複雑な事項については、専門家の助けを借りることをおすすめします。

また、テクノロジーの進歩に伴い、会計や税務の取扱いも変化しているため、最新の情報を常にキャッチアップすることも重要です。

ChatGPT利用料の経費計上と未来の会計:AI時代をリードする企業の会計戦略と税務対策

artificial-chat-Chat-with-AI-or-Artificial-Intelligence-Digital-chatbot-robot-application-OpenAI-generate-Futuristic-technology

ChatGPTの経費計上と税務対策

AI時代をリードする企業にとって、ChatGPTの利用料を効率的に経費計上し、未来の会計戦略に活かすことは重要な課題です。

まずは、月額利用料を正確に経費計上し、消費税の取扱いを理解することが基本となります。

また、ChatGPTの導入によって業務が効率化される事例も多く、これにより財務改善が期待できます。

さらに、テレワークが広まる中で、経費管理の最適化にも役立ちます。

これらを踏まえ、企業がChatGPTの月額利用料を経費として計上する際の法的観点や、国際税務の影響も考慮に入れるべきです。

さらに、ChatGPTを活用した業務革新のステップや、小規模事業者向けの会計テンプレートなども提供します。

これらの情報を活用し、AI時代をリードする企業の会計戦略と税務対策を構築していきましょう。

ChatGPTの利用料を適切に経費計上するためには、まず具体的な計上方法を理解することが必要です。

一般的には、ChatGPTの利用料は「通信費」や「支払手数料」などの勘定科目に計上されます。

消費税についても、税抜き価格と税込価格を正確に理解し、適切な消費税の取扱いを行うことが求められます。

ChatGPTによる業務効率化と財務改善

中小企業では、ChatGPTの導入により、業務の効率化や財務改善が見込めます。

例えば、顧客対応、資料作成、会議の進行など、多岐にわたる業務でChatGPTが活用されています。

これにより、人間が行っていた作業時間を大幅に削減し、経費の節約を図ることが可能です。

テレワークと経費管理の最適化

テレワーク時代では、経費管理の重要性が高まっています。

ChatGPTを活用することで、経費精算のテンプレートを自動生成するなど、経費管理の業務を効率化することが可能です。

これにより、経費精算の手間を削減し、正確な経費管理を行うことができます。

また、ChatGPTの利用料を経費として計上する際には、消費税法や国際税務の影響を考慮することが重要です。

特に、海外のAIサービスを利用する場合には、国際税務の観点から注意が必要です。

まとめると、ChatGPTの利用料を経費計上するためには、正確な会計処理と税務対策が必要です。

また、ChatGPTの導入により業務効率化を図ることで、財務改善も期待できます。

さらに、テレワーク時代の経費管理にも対応可能です。

これらを踏まえ、AI時代をリードする企業の会計戦略と税務対策を構築していきましょう。

まとめ

本記事では、AIチャットボットChatGPTの月額利用料を経費計上する際の具体的手法と法的観点を詳しく解説しました。

まず、ChatGPTの利用料を経費計上するための勘定科目と消費税の取扱いについて説明し、その精算方法を解説しました。

次に、有料版ChatGPT Plusの領収書・請求書発行方法を指南し、経費計上から会計までの流れを明らかにしました。

さらに、中小企業におけるChatGPTの導入と経費化の事例を紹介し、業務運用と財務改善の視点からその効果を検証しました。

テレワーク時代における経費管理の最適化についても、ChatGPTを活用したテンプレート作成と支払い精算の方法を提案しました。

また、経費計上の法的観点からは、消費税法と国際税務の影響を検討しました。

最後に、AI時代をリードする企業の会計戦略と税務対策について、ChatGPT利用料の経費計上を例に考察しました。

これらの情報を活用し、効率的な経費管理と財務改善を実現しましょう。

ぜひ、本記事の内容をご参考にしていただければ嬉しいです。

【PR】完全無料!【ChatGPT速習メール講座】毎日1本メールを無料配信中!今すぐこちらをクリックして登録!

完全無料!【ChatGPT速習メール講座】 毎日1分、あなたのビジネスを加速させる!

今、ビジネス界の最前線では、「生成AIを制する者はビジネスを制する!」と言われています。あなたも、生成AIを代表するChatGPTの最新ノウハウを無料で手にしてみませんか?こちらから完全無料でメールアドレスをご登録いただければ、【ChatGPT速習メール講座】の配信(毎日1本)を開始いたします。わずか毎日1分で「ChatGPTの最新ノウハウ」をインストールすることができます。ぜひ、今すぐこちらをクリックして無料メール講座に登録してください。

Chatbot-Chat-with-AI-Artificial-Intelligence-man-using-technology-smart-robot-AI-artificial-intelligence-by-enter-command-prompt-for-generates-something-Futuristic-technology-transformation

今すぐこちらをクリックして無料メール講座に登録する(完全無料)

あなたのコメントをシェアしてください

この記事をご覧になって、あなたはどのような学びがありましたか?
また、ビジネスの現場で何を実践しようと決意されましたか?

ぜひ、以下にあなたのコメントをシェアいただければ幸いです。

人気の記事

  • ChatGPTの制限を解除する方法!文字数や利用回数の上限を解説

    ChatGPTの制限を解除する方法!文字数や利用回数の上限を解説

    本記事では、ChatGPTの制限について詳しく解説します。 無料版と有料版の制限の違い、トークンの考え方、そしてそれらの制限を解除・回避するための方法を公開します。 また、企業がChatGPTを活用する際の規制とポリシーも紹介します。 さらに、文字数制限に達した際の対処法や、緩和される可能性についても考察します。 最後に、よくある質問とその解答をまとめています。 本記事をお読みいただければ、あなたはChatGPTの文字数や利用回数の制限を解除・回避する方法を理解いた...
    10,521 views
  • ChatGPT4の料金は?支払い方法や無料版との違いを徹底解説!

    ChatGPT4の料金は?支払い方法や無料版との違いを徹底解説!

    本記事では、ChatGPT4の料金情報を徹底解説します。 OpenAI社の最新AI、ChatGPT4の料金体系を明らかにします。 無料版と有料版の違い、月額20ドルの日本円での支払い方法、法人向けのコスト効率と計算方法、無料から有料への移行と解約方法、そして無料版の限界と有料版のメリットまで、あなたが知りたい全てをお届けします。 ChatGPT4を最大限に活用するためのガイドとしてご活用ください。 本記事をお読みいただければ、あなたはChatGPT4の料金について、理...
    1,866 views
  • ChatGPTでラクに文字起こしする方法!議事録作成ツールも紹介

    ChatGPTでラクに文字起こしする方法!議事録作成ツールも紹介

    本記事では、ChatGPTを使用して簡単に文字起こしをする方法を詳しく解説します。 AIを活用した新常識で、日本語の校正も可能です。議事録の内容を要約する方法と、ChatGPTによるコスト削減のメリットも紹介します。 また、プラグインを使用して音声データを文字に変換する手順、無料で利用できる議事録作成ツールWhisperとの連携、役立つプロンプトのテンプレートも提供します。 そして、Google Chromeの拡張機能「YouTube Summary with Chat...
    7,221 views
  • ChatGPTで英会話を練習する方法!英語学習用プロンプトを紹介

    ChatGPTで英会話を練習する方法!英語学習用プロンプトを紹介

    本記事では、AI英会話講師として人気のChatGPTの活用方法をご紹介します。 無料でも利用でき、自然な英語表現を身につけられるのが特長です。 また、音声入力機能やプロンプトテンプレート、有料プランのフィードバック機能など、英会話学習を効率よく進めるための具体的な使用方法を詳しく説明します。 さらに、ChatGPT搭載のDMM英会話AI Beta版についても触れています。 これらの情報をもとに、あなたの英会話学習をより充実させていきましょう。 本記事をお読みいただけ...
    10,767 views
  • ChatGPTとマイクロソフトのコパイロットの違いと使い方とは?

    ChatGPTとマイクロソフトのコパイロットの違いと使い方とは?

    本記事では、ChatGPTとマイクロソフトのコパイロットの違いと使い方について解説します。 AI技術の進化により、これらのツールは企業の日本語対応と効率化に革新をもたらす可能性があります。 マイクロソフトがOpenAIに投資し、ChatGPTとコパイロットを開発した背景にはどのような戦略があったのでしょうか。 そして、これらのツールは情報生成とOfficeの統合にどのように役立つのでしょうか。 さらに、ChatGPTとマイクロソフトのコパイロットといったツールが職場の...
    4,689 views
  • ChatGPTの月額利用料を経費計上する方法!勘定科目と仕訳は?

    ChatGPTの月額利用料を経費計上する方法!勘定科目と仕訳は?

    本記事では、ChatGPT利用料を経費計上する際の勘定科目や消費税の取扱いから、領収書・請求書の発行方法、税務上の取扱い、中小企業での効率的な業務運用と財務改善の事例まで網羅的に解説します。 テレワーク時代における経費管理も見逃せません。 ChatGPTの月額利用料を経費として計上する法的観点や、AI時代をリードする企業の会計戦略と税務対策についても触れています。 本記事をお読みいただければ、あなたはChatGPTの月額利用料を経費計上する方法について、理解いただけるよ...
    1,359 views

新着ブログ記事

ブログ記事一覧

完全無料!【ChatGPT速習メール講座】 毎日1分、あなたのビジネスを加速させる!

今、ビジネス界の最前線では、「生成AIを制する者はビジネスを制する!」と言われています。あなたも、生成AIを代表するChatGPTの最新ノウハウを無料で手にしてみませんか?こちらから完全無料でメールアドレスをご登録いただければ、【ChatGPT速習メール講座】の配信(毎日1本)を開始いたします。わずか毎日1分で「ChatGPTの最新ノウハウ」をインストールすることができます。ぜひ、今すぐこちらをクリックして無料メール講座に登録してください。

Chatbot-Chat-with-AI-Artificial-Intelligence-man-using-technology-smart-robot-AI-artificial-intelligence-by-enter-command-prompt-for-generates-something-Futuristic-technology-transformation

小谷川 拳次

小谷川 拳次

リードコンサルティング株式会社 代表取締役

起業家。作家。投資家。 2009年、リードコンサルティング株式会社設立。デジタルコンテンツを主軸としたインターネット集客、電子書籍マーケティング、サブスクリプションビジネスのコンサルティング及びコンテンツ販売システム、自動ウェビナー販促システムの提供によるマーケティングオートメーション(MA)の導入支援を行う。ビジネス書作家としても活動。2018年からは投資事業を開始。2023年にはオウンドメディア『生成AIマーケティングの教科書』を開設。ChatGPTを中心とする生成AIマーケティングの専門家として、多数の専門記事を著者として公開している。日刊メルマガ【ChatGPT速習メール講座】では、5千人を超える読者にメールマガジンを配信中。 著書は『Facebookでお客様をどんどん増やす本』(中経出版/2011年)、『電子書籍を無名でも100万部売る方法』(東洋経済/2012年)、『小さな会社がお金をかけずにお客さまをガンガン集める方法』(KADOKAWA/2013年)など、累計50冊を出版している。

他の記事を見る

完全無料!【ChatGPT速習メール講座】 毎日1分、あなたのビジネスを加速させる!

今、ビジネス界の最前線では、「生成AIを制する者はビジネスを制する!」と言われています。あなたも、生成AIを代表するChatGPTの最新ノウハウを無料で手にしてみませんか?こちらから完全無料でメールアドレスをご登録いただければ、【ChatGPT速習メール講座】の配信(毎日1本)を開始いたします。わずか毎日1分で「ChatGPTの最新ノウハウ」をインストールすることができます。ぜひ、今すぐこちらをクリックして無料メール講座に登録してください。

Chatbot-Chat-with-AI-Artificial-Intelligence-man-using-technology-smart-robot-AI-artificial-intelligence-by-enter-command-prompt-for-generates-something-Futuristic-technology-transformation

今すぐ無料でPDFをダウンロードしてください
こちらにメールアドレスを登録すると、今すぐ本記事をPDF形式でダウンロードしてお読みいただくことができます。PDFのダウンロードリンクは登録いただいたメールアドレス宛にお送りいたします。
1 / 2
50%完了 これが最後のステップです。
あなたのご感想や期待の声をご記入ください!

※PDFのお届けにはコメントの入力が必要です※

この記事をご覧になって、あなたはどのような学びがありましたか?また、ビジネスの現場で何を実践しようと決意されましたか?ぜひ、以下にあなたのコメントをシェアいただければ幸いです。(まだお読みでない方は、この記事への期待の声をお寄せください!)

2 / 2
ご登録ありがとうございます!メールをお送りしました。
ご登録ありがとうございます!登録いただいたメールアドレス宛にPDFのダウンロードリンクをご案内するメールをお送りしました。
50%完了 これが最後のステップです。
2 / 2