ChatGPTを使った小説の書き方とプロンプトテンプレートを紹介

最終更新日:2024年2月25日
5,772 views

本記事では、AI生成ツールChatGPTを使った小説の書き方を解説します。

ChatGPTのメリット、初心者向けのコツ、アイデア出しの方法、プロットの作り方、キャラクター設定の方法など、小説を書くための全てを網羅しています。

また、ChatGPTで作成した小説のAI添削・AI校正方法や、文字数制限についてのテクニックも紹介します。

さらに、著作権問題と注意点も説明します。

あなたもChatGPTで人気小説を書くためのプロンプトテンプレートを活用してみましょう。

本記事をお読みいただければ、あなたはChatGPTを使った小説の書き方を理解いただけるようになるはずです。

ぜひ、こちらの内容を参考にしてみてください。

【PR】完全無料!【ChatGPT速習メール講座】毎日1本メールを無料配信中!今すぐこちらをクリックして登録!

【PR】今、ビジネス界の最前線では、「生成AIを制する者はビジネスを制する!」と言われています。あなたも、生成AIを代表するChatGPTの最新ノウハウを無料で手にしてみませんか?こちらから完全無料でメールアドレスをご登録いただければ、【ChatGPT速習メール講座】の配信(毎日1本)を開始いたします。わずか毎日1分で「ChatGPTの最新ノウハウ」をインストールすることができます。ぜひ、今すぐこちらをクリックして無料メール講座に登録してください。

目次

ChatGPTを使った小説の書き方とは?生成AIのメリットと初心者向けのコツを紹介!

Double-exposure-of-creative-human-brain-microcircuit-with-computer-on-background-Future-technology-and-AI-concept

ChatGPTの概要

ChatGPTは、OpenAIによって開発された人工知能です。

その能力を利用して、小説を書くことが可能です。

ChatGPTの最大のメリットは、多彩なアイデアを素早く提供し、想像力を刺激することです。

また、無限の可能性を持つAIとして、初心者でも簡単に使いこなすことができます。

この記事では、ChatGPTを使った小説の書き方、そのメリット、そして初心者向けのコツを紹介します。

具体的な使い方とメリット

具体的な手法や使い方、プラグインのインストールと設定方法、AIによる文章の添削・校正方法、文字数の制限や注意点など、詳しく解説していきます。

また、著作権問題についての注意点も取り上げます。

これからChatGPTを活用して小説を書く方にとって、参考になるでしょう。

まず、ChatGPTを使って小説書く手法から見ていきましょう。

基本的には、チャットボットとしての機能を活用し、書きたいストーリーのアウトラインやキャラクターの情報をChatGPTに入力します。

これにより、AIはあなたの与えた情報を基にストーリーを展開させ具体的なシーンやセリフを提案してくれることもあります。

これにより、ストーリーテリングに新たな視点をもたらすことができます次に、ChatGPTのメリットについて説明します。

ChatGPTは、人間が思いつかないようなユニークなアイデアを提供します。

これは、AIが大量のテキストデータから学習しているため、多様な視点やアイデアを提案できるからです。

また、ChatGPTは24時間稼働しているため、いつでもアイデアを提供できます。

これは、特にアイデアが出てこないときや、時間に追われているときに役立ちます。

初心者向けのコツと注意点

初心者向けのコツとしては、まずはChatGPTに自由に話しかけてみることをおすすめします。

これにより、AIの反応や提案の仕方を学ぶことができます。

また、ChatGPTは直感的な操作性を持っているため、AIとの対話を楽しみながら小説作りを進めることができます。

さらに、ChatGPTはユーザーの入力を基に学習を続けるため、頻繁に使用することで、より自分の意図に近い文章を生成するようになるでしょう。

ChatGPTを使う際の注意点としては、生成された文章の著作権について理解しておくことが重要です。

AIが生成した文章の著作権は、一般的にはユーザーに帰属しますが、特定のサービスやソフトウェアでは異なる場合もあります。

また、ChatGPTが生成する文章は、学習したデータに基づいているため、他人の著作物を引用やパロディとして使用する可能性もあります。

そのため、著作権侵害を避けるためには、生成された文章について十分に確認し、必要に応じて修正することが重要です。

以上、ChatGPTを使った小説の書き方とそのメリット、初心者向けのコツについて説明しました。

ChatGPTの可能性を最大限に活用し、自分だけのユニークな小説を書くことを楽しんでみてください。

物語の進め方

さて、それでは具体的にChatGPTを使った小説の書き方について詳しく見ていきましょう。

まず初めに、ストーリーのアウトラインを明確にすることが重要です。

これは、物語の登場人物、設定、主要なプロットポイントなど、作品の基本的な要素をAIに理解させるためのステップです。

ChatGPTにこれらの情報を提供することで、AIはそれに基づいてより具体的なシーンやセリフを生成することが可能となります。

また、ChatGPTに繰り返し同じ情報を入力することで、AIはその情報を覚え、それを基に新たなアイデアを生成します。

これは、例えば主人公の性格や特徴をChatGPTに何度も説明することで、AIがその性格に合った行動やセリフを提案するようになるということです。

このように、ChatGPTとの対話を通じて物語を進めていくことで、あなたのイメージするストーリーが形になっていくでしょう。

 誤解を避けるための注意点や、ストーリーの中の矛盾を避けるためのテクニックなど、ChatGPTを使った小説の書き方のコツやノウハウを知ることで、より良い作品を書くことができます。

ぜひ、ChatGPTの能力を活用して、独自の小説を書いてみてください。

ChatGPTで評価の高い小説を書くための手順とは?ステップバイステップガイド

AI-concept-with-person-using-laptop

小説作成の概要

ChatGPTを用いて評価の高い小説を作成するための手順は以下の通りです。

まず、初めにChatGPTを活用するための規模や目的を明確に定義します。

次に、その目的に合わせて適切なプラグインを選択し、インストールします。

プラグインの設定が完了したら、小説のアイデア出しを行い、ChatGPTにプロット(構成)を書かせます。

キャラクター設定もChatGPTに任せることができますが、細部の設定は自分自身で行うことを推奨します。

一度全ての設定が完了したら、小説の生成を開始します。

生成された小説はAIによる添削・校正を行い、文章を磨くことができます。

最後に、生成された小説の著作権問題について注意を払うことが重要です。

これらの手順を経ることで、ChatGPTを用いて評価の高い小説を書くことが可能となります。

以下では、各ステップを詳細に説明します。

活用のステップバイステップガイド

ステップ1:ChatGPTの活用規模や目的の明確化

ChatGPTの活用規模や目的を明確にすることで、具体的な作業計画を立てることができます。

たとえば、自分自身のブログに投稿する短編小説を作成するのか、それとも商業的な長編小説を作成するのか、その目的によって戦略は変わります。

ステップ2:適切なプラグインの選択とインストール

ChatGPTは多くのプラグインをサポートしており、それぞれが特定の機能を提供します。

一部のプラグインは、特定のジャンルの文章を生成したり、特定のキャラクターの口調を模倣したりすることを可能にします。

これらのプラグインを活用して、よりリアルな小説を作成することができます。

ステップ3:小説のアイデア出しとプロット(構成)作成

ここでは、小説の基本的なアイデアを考え、それをChatGPTに入力します。

ChatGPTは、そのアイデアを基にプロット(構成)を作成します。

ただし、細かな設定は人間が行うことを推奨します。

AIにはまだ人間の繊細さや深い感情を完全に理解する能力がなく、一部の設定は人間が行うことで、よりリアルな小説を作成することができます。

ステップ4:小説の生成

全ての設定が完了したら、小説の生成を開始します。

ChatGPTは、あらかじめ設定したプロットやキャラクター設定に基づいて、自動的に小説を生成します。

ステップ5:AIによる添削・校正

生成された小説は、AIによる添削・校正を行います。

これにより、文法や表現の誤りを修正し、文章を磨くことができます。

ステップ6:著作権問題への注意

最後に、生成された小説の著作権問題について注意を払うことが重要です。

AIによって生成された内容の著作権については、まだ明確な法律が定められていないため、注意が必要です。

以上の手順を経ることで、ChatGPTを用いて評価の高い小説を書くことが可能となります。

ただし、AIにはまだ人間の繊細さや深い感情を完全に理解する能力がないため、一部の作業は人間が行うことが推奨されます。

ステップ7:定期的なアップデートと改善

ChatGPTは定期的にアップデートされ、新機能が追加されます。

これらの新機能を活用することで、より高品質な小説を生み出すことが可能になります。

また、自身の書き方やChatGPTの使用法についても定期的に見直し、必要に応じて改善することが重要です。

ステップ8:読者のフィードバックの活用

読者からのフィードバックは、小説の品質を向上させるための貴重な情報源です。

ChatGPTが生成した小説に対する読者の反応や評価を収集し、それを次回の小説作成の参考にすることで、より魅力的な内容を作り出すことが

できます。

 これにより、ChatGPTを用いた小説作成のサイクルを維持し、継続的に品質の高い小説を作成することができます。

ChatGPTを用いて小説を作成するには、明確な目的の設定から始め、適切なプラグインの選択、アイデア出し、生成、添削、著作権問題への注意、そして定期的なアップデートと読者のフィードバックの活用が重要です。

これらの手順を経ることで、ChatGPTを最大限に活用して高品質な小説を作成することができます。

小説執筆の前にアイデア出しが簡単にできるChatGPTの使い方

Robotic-hand-pressing-a-keyboard-on-a-laptop-3D-rendering

基本的な機能

ChatGPTは、AI技術を活用した文章生成ツールです。

小説のアイデアを出す際にも有効で、その使い方は非常に簡単です。

まず、開始したい話題やシーンをChatGPTに指示します。

この指示を「プロンプト」と呼びます。

例えば、「中世の城での冒険」や「未来の都市でのロマンス」など、具体的なシチュエーションを提示します。

ChatGPTはこのプロンプトを基に、独自のアイデアやストーリーラインを生成します。

生成されたアイデアは、あなたが小説を書く上でのインスピレーションになるでしょう。

また、ChatGPTは一度に複数のアイデアを生成することも可能です。

これにより、あなたは多くの選択肢から最適なアイデアを選ぶことができます。

さらに、ChatGPTはあなたの指示に応じてアイデアを微調整することも可能です。

あなたが求めるアイデアを具現化するための強力なツール、それがChatGPTです。

プロンプトの重要性

次に、このツールをさらに効果的に使用するためには、明確で具体的なプロンプトが重要です。

ChatGPTはあなたが提供した情報に基づいて文章を生成するため、具体的な指示を与えることでより細かいアイデアを得ることができます。

たとえば、「中世の城での冒険」ではなく、「中世の城での騎士と龍の冒険」など、より詳細なプロンプトを使用すると、より具体的なアイデアが得られます。

さらに、ChatGPTはあなたが提供した情報を理解し、それに応じて文章を生成します。

したがって、プロンプトは一貫性があり、複雑すぎないようにすることが重要です。

複雑なプロンプトを提供すると、生成されるアイデアが意図したものから逸脱する可能性があります。

また、ChatGPTはコンテクストに基づいてアイデアを生成します。

したがって、一連のプロンプトを提供することで、特定のテーマやストーリーラインに沿ったアイデアを生成することができます。

書き方と活用のコツ

最後に、ChatGPTはあなたの指示に基づいてアイデアを生成しますが、それはあくまでAIであり、人間の直感や創造性を完全に置き換えるものではありません。

ですので、ChatGPTが提供するアイデアはあくまで参考の一つで、あなた自身の創造性を活かしてアイデアを発展させることが重要です。

以上のように、ChatGPTを活用することで、小説のアイデア出しを効率的に行うことができます。

あなたの創作活動を強力にサポートするツールをぜひ活用してみてください。

次に、ChatGPTを使用して実際に小説を書く際のいくつかのコツを紹介します。

まず、ChatGPTが生成した文章が完全に完璧であるとは限らないことを理解しましょう。

AIは基本的には指示に従って文章を生成しますが、それは時に文脈を欠いたり、人間の感覚からは少し離れた内容になることがあります。

そのため、ChatGPTから生成された文章はあくまで「下書き」であり、それを基に自身の表現やスタイルで文章をブラッシュアップすることが求められます。

また、ChatGPTは長い文章を生成する際に、特定の点を忘れたり、既に述べた内容を繰り返す傾向があります。

そのため、出力された文章を丁寧に読み直し、必要な修正を加えることが重要です。

このプロセスは時間と労力を要しますが、それはあなたの小説が一貫性を保ち、読者にとって魅力的なものになるための重要なステップです。

さらに、ChatGPTは複数のジャンルやテーマに対応しています。

そのため、あなたが書きたいジャンルやテーマを具体的に指定することで、その方向性に沿った内容をAIに生成させることができます。

これは、特定のジャンルやテーマで書くことが難しいと感じる初心者の作家にとって、常に大きなメリットとなります。

最後に、ChatGPTを使って小説を書くことは、あなたの創造性や独自性を損なうものではありません。

AIが提供するアイデアや文章はあくまで一つの参考であり、それを基にあなた自身のアイデアや感性を織り込むことで、より独自性のある小説を書くことができます。

小説のプロット(構成)をChatGPTに上手に書いてもらう方法

Robot-humanoid-use-laptop-and-sit-at-table-in-concept-of-AI-thinking-brain

ChatGPTを活用したプロット(構成)作成

ChatGPTを利用し、小説のプロットを効果的に作成する方法を解説します。

まず、プロットの主要な要素(設定、登場人物、衝突、解決)を明確に決めましょう。

次に、これらの要素を基にChatGPTに対するプロンプトを作成します。

例えば、「主人公のジョンが幼少期に経験したトラウマにより、彼は現在、人間関係に恐怖を感じています。

彼がこの問題を克服して人間関係を改善する方法を描写してください」といった具体的な指示が有効です。

ChatGPTは具体的なプロンプトに対してより優れた結果を出力します。

最後に、生成されたテキストを評価し、必要に応じて調整を加えます。

これにより、一貫性のあるストーリーラインを保証できます。

プロンプト作成の5つのポイント

詳細なプロンプトを作成する際のポイントとして、以下の5つを挙げることができます。

1. キャラクターのバックストーリーを詳細に書く

ChatGPTは与えられた情報に基づいて文章を生成します。

そのため、キャラクターの性格や過去の経験を詳しく書くことでより深みのあるストーリーを作り出すことができます。

2. 緊張やコンフリクトを明確にする

ストーリーの興奮度を上げるためには、キャラクター間の緊張やコンフリクトを明確にすることが重要です。

これをプロンプトに含めることで、ChatGPTは読者を引きつけるエピソードを生成することができます。

3. 具体的な目標を設定する

ストーリーには明確な目標が必要です。

例えば、「主人公が恋人を救出する」、「主人公が過去のトラウマを克服する」など、具体的な目標を設定することで、ChatGPTは目標に向かって進行するストーリーラインを作成します。

4. 感情的な展開を加える

ChatGPTは指示された内容に忠実に文章を生成します。

感情的な展開、例えば「主人公が喜びに満ち溢れる瞬間」や「主人公が深い絶望を感じる瞬間」などを明示的に加えることで、読者にとってより魅力的なストーリーを作り出すことが可能です。

5. エンドゴールを明確にする

ストーリーの終わりをどうしたいか、またはどのような結末を望むのかをChatGPTに伝えると、それに向かってストーリーを組み立てることができます。

これにより、整合性のあるストーリーラインと結末を得ることができます。

利用における注意点とメリット

ChatGPTを使った小説の書き方とは、まさにこれらのステップを経て、AIと協力しながらストーリーを作り上げていくプロセスです。

ChatGPTのメリットは、一貫性のある文章を迅速に生成することができる点にあります。

また、初心者でも簡単に使い始めることができ、時間をかけて学ぶことでよりクリエイティブな作品を作り出すことが可能です。

しかし、ChatGPTの使用には注意も必要です。

AIはまだ完全に人間の感情や心理を理解し、それを適切に表現することは難しいです。

そのため、ChatGPTを使って小説を書く際には、生成されたコンテンツの感情的な側面や人間性を理解し、適切に編集する能力が求められます。

また、AIが生成するコンテンツが必ずしも倫理的に適切であるとは限らないため、出力内容を常にチェックし、適切に修正することも重要です。

以上のように、ChatGPTを使った小説の書き方は、AIと人間が協力して、より効率的でクリエイティブなストーリーを作り出す新しい方法と言えます。

これを機会に、ぜひChatGPTを使って自分だけのオリジナル小説を書いてみてください。

ChatGPTで生成するキャラクター設定の方法(主人公、登場人物の作り方・性格付け・名前生成)

Chatbot-Chat-with-AI-Artificial-Intelligence

キャラクター設定の基本

ChatGPTを使ってキャラクターを設定する方法について、具体的なステップを説明します。

まず、主人公となるキャラクターの基本的な属性(年齢、性別、職業など)を設定しましょう。

これらの情報は、ChatGPTがキャラクターの行動や対話を生成する際の参照点となります。

次に、キャラクターの性格を設定します。

この時点で、キャラクターの性格特性(親切、自己中心的、勇敢など)を明確に定義すると、より一貫した行動パターンが生成されます。

最後に、キャラクターの名前を生成します。

名前は、キャラクターの個性を強調するための重要な要素です。

ChatGPTは、設定した属性や性格に基づいて適切な名前を提案します。

以上が、ChatGPTでキャラクターを生成する基本的な手順です。

一貫性のあるキャラクター設定を通じて、読者は物語に深く引き込まれます。

次に、これらの設定をどのようにChatGPTに入力するかを見てみましょう。

まず、ChatGPTのプロンプトに「主人公は30代の男性で、職業は探偵です」と入力することで、基本的な属性を設定します。

次に、「彼は親切で勇敢、しかし少し自己中心的な性格を持っています」と追加して性格を設定します。

これにより、ChatGPTは主人公の行動や対話を生成する際に、これらの特性を考慮に入れます。

最後に、名前を設定します。

「彼の名前はジョン・ドウです」と入力すれば、キャラクターに名前が付けられます。

名前を設定する際は、キャラクターの個性や背景に合うように工夫すると良いでしょう。

物語作成におけるキャラクター設定の重要性

以上の手順を踏むことで、ChatGPTはあなたが設定した情報を基に、一貫性のあるキャラクターと物語を生成します。

これにより、読者はキャラクターと物語に深く引き込まれ、よりリアルで感情的な経験を得ることができます。

各キャラクターの設定は物語全体の流れと密接に関連しているため、慎重な設定と組み合わせが重要です。

ChatGPTはこのプロセスを容易にし、あなたの物語を次のレベルへと引き上げます。

このように、ChatGPTを使用してキャラクターを設定することは、物語作成の一部となり、よりリッチで魅力的な物語を生み出すことができます。

しかし、主人公だけでなく、物語の中で重要な役割を果たす登場人物たちの設定も忘れず、それぞれの登場人物に対しても、年齢、性別、職業、性格特性、名前などの基本的な情報を入力することで、多様なキャラクターを作り出すことができます。

たとえば、「友人のリサは20代の女性で、職業はジャーナリストです。彼女は好奇心旺盛で明るく、主人公にとって重要な情報源となります」というように設定することができます。

このように、各登場人物の特性と役割を明確に設定することで、物語はより深みを持ち、読者にとって引きつけられるものとなります。

また、キャラクターの名前を設定する際には、そのキャラクターの性格やバックグラウンド、物語の舞台やテーマに合わせて選ぶことが重要です。

名前はキャラクターの第一印象を決定づけるため、効果的な名前を選ぶことで、キャラクターの魅力を最大限に引き出すことができます。

ChatGPTの力を活用すれば、あなただけのオリジナルな物語を創造することが可能です。

あなたのアイデアをChatGPTに入力し、それが一つの物語として形を成す様子を楽しんでみてください。

そして、そのプロセスを通じて、キャラクター設定の重要性とその可能性を体感することでしょう。

ChatGPTで人気小説を作成するプロンプトテンプレートを紹介!(プロンプトは「魔法の呪文」)

Prompt-Button-on-Computer-Keyboard

小説で人気のジャンル10選

小説のジャンルは多岐にわたりますが、以下にメジャーな10個を挙げてみます。

まずはこれらの中から、あなたが執筆する小説のテーマを選んでみるとよいでしょう。

1. ロマンス

恋愛を中心とした物語。主人公たちの恋愛関係の発展を描きます。

2. ミステリー

謎解きや事件の解決を主題とした物語。探偵や刑事が登場することが多いです。

3. ファンタジー

魔法や異世界といった非現実的な要素を含む物語。中世ヨーロッパ風の世界が舞台の作品が多いです。

4. サイエンスフィクション (SF)

科学技術の発展や未来社会を描いた物語。宇宙旅行やエイリアンとの接触などがテーマです。

5. ヒストリカル・フィクション

特定の歴史的背景や実在の人物を基にした物語。史実に忠実な作品からフィクションを織り交ぜた作品まで幅広いです。

6. ホラー

怖さや恐怖を与える要素を持つ物語。幽霊や怪物、呪いなどが登場します。

7. サスペンス

緊張感や興奮を持続させることを目的とした物語。危機的状況や予測不可能な展開が特徴です。

8. アドベンチャー

冒険や旅を主題とした物語。主人公が未知の世界を探検したり、困難に立ち向かったりします。

9. ノンフィクション

実際の出来事や人物を取り扱った物語。ドキュメンタリーや自伝がこのジャンルに含まれます。

10. ドラマ (またはリテラリー)

人間関係や社会問題を深く掘り下げた物語。キャラクターの心情や成長を丁寧に描きます。

これらのジャンルは、それぞれ独自の特徴やテーマを持ち、読者によって様々な楽しみ方があります。

これらのジャンルは、それぞれの特色を持ちながらも、さまざまな要素を融合して新しいサブジャンルを生むこともあります。

小説のジャンルは無限に広がる領域で、読者の好みや作家の創作意欲に応じて絶えず進化しています。

小説が簡単に生成できるプロンプトテンプレートを紹介!

前述した小説の人気ジャンルからテーマを選んだら、以下のようなプロンプトテンプレートを活用して小説を生成してみましょう。

ここでは、人気ジャンルから「ロマンス」「ヒステリー」「ファンタジー」の3つのプロンプトテンプレートの具体例を紹介しています。

なお、テンプレートといっても何も記載されていないと具体的なイメージが湧かない可能性があります。

そのため、以下のテンプレート例には参考までにジャンル別の具体的な文言を入れています。

ChatGPTのプロンプトには「魔法の呪文」のような力があります。

質の高いプロンプトを入力すればするほど、あなたの希望通りの小説が生成されるようになるでしょう。

ぜひ、以下のテンプレートを参考にしてみてください。

プロンプトのテンプレート例1.「ロマンス」

 #命令書:

あなたは、[プロのロマンス小説の作家]です。

以下の制約条件と入力文をもとに、最高の[恋の進展シーンの小説]を出力してください。

#制約条件:

・[ジャンルとテーマ性: ロマンス]

・[文章の長さ: 500〜1000文字]

・[難易度: 一般向け]

・[トーン: ロマンティック]

・[キーワード: “コーヒーショップ”, “サプライズ”]

・登場人物①

 名前:ジェイク

 性別:男性

 性格:社交的で、思いやりのある

 職業:ジャーナリスト

・登場人物②

 名前:エミリー

 性別:女性

 性格:照れ屋で、アート好き

 職業:画家

・[登場人物の心情と状況: ジェイクはエミリーに淡い気持ちを抱いているが、まだ告白できずにいる。エミリーはジェイクのことをただの友人としか思っていない]

・[時間と場所: 現代アメリカ、都市部のコーヒーショップ]

・[視点: 第三人称]

・[対話と内省のバランス: 内省重視]

・[文体: シンプル]

・[テンポ: 適度]

・[ターゲット読者: ロマンス好きの20代〜40代]

・[緊張と解決の方向性: 緊張が高まり、最後に解決へ]

・[キャラクターの成長方向: 互いの気持ちに気付く]

#入力文:

[ジェイクは、エミリーと一緒に都市部のコーヒーショップで休憩している。エミリーは最近の作品についてのインスピレーションを求めて、ジェイクにアドバイスを求める。ジェイクは、エミリーにサプライズを計画しており、そのヒントを少しずつ出しながら、エミリーの反応を楽しむ。]

#出力文:

このタスクで最高の結果を出すために、追加の情報が必要な場合は質問をしてください。

プロンプトのテンプレート例2.「ミステリー」

#命令書:

あなたは、[プロのミステリー小説の作家]です。

以下の制約条件と入力文をもとに、最高の[謎解きシーンの小説]を出力してください。

#制約条件:

・[ジャンルとテーマ性: ミステリー]

・[文章の長さ: 500〜1000文字]

・[難易度: 一般向け]

・[トーン: 緊張感ある]

・[キーワード: “推理”, “証拠”]

・登場人物①

 名前:佐藤智也

 性別:男性

 性格:論理的で冷静

 職業:刑事

・登場人物②

 名前:岡田明美

 性別:女性

 性格:神経質で疑り深い

 職業:目撃者

・登場人物③

 名前:田中健太

 性別:男性

 性格:親しみやすいがずる賢い

 職業:容疑者

・[登場人物の心情と状況: 佐藤は事件の真相を解明しようと必死。岡田は事件について何か隠しているかもしれない。田中は自分の無実を訴えているが、状況は彼に不利]

・[時間と場所: 現代日本、警察署の取調室]

・[視点: 第三人称]

・[対話と内省のバランス: 対話重視]

・[文体: シャープ]

・[テンポ: 速め]

・[ターゲット読者: ミステリー好きの大人]

・[緊張と解決の方向性: 緊張が高まる方向]

・[キャラクターの成長方向: 真実を追求する]

#入力文:

[佐藤刑事は、殺人事件の目撃者である岡田明美を取り調べています。彼女の証言が一貫していないことから、佐藤は彼女が何かを隠していると感じています。一方で、主要な容疑者である田中健太は、自分の無実を訴え続けています。佐藤は冷静に証拠と証言を照らし合わせながら、事件の真相に迫ろうとしています。]

#出力文:

このタスクで最高の結果を出すために、追加の情報が必要な場合は質問をしてください。

プロンプトのテンプレート例3.「ファンタジー」

#命令書:

あなたは、[プロのファンタジー小説の作家]です。

以下の制約条件と入力文をもとに、最高の[冒険シーンの小説]を出力してください。

#制約条件:

・[ジャンルとテーマ性: ファンタジー]

・[文章の長さ: 500〜1000文字]

・[難易度: 一般向け]

・[トーン: 壮大]

・[キーワード: “魔法の杖”, “竜”]

・登場人物①

 名前:アルトリウス

 性別:男性

 性格:勇敢で正義感が強い

 役職:騎士

・登場人物②

 名前:エリアーヌ

 性別:女性

 性格:賢明で魔法に長ける

 役職:魔法使い

・登場人物③

 名前:トランドール

 性別:男性

 性格:好奇心旺盛で賢い

 役職:ドワーフの商人

・[登場人物の心情と状況: アルトリウスは使命感を持ちつつも不安、エリアーヌはアルトリウスをサポートする決意]

・[時間と場所: 中世ヨーロッパ、古代の森]

・[視点: 第三人称]

・[対話と内省のバランス: 対話重視]

・[文体: 古風]

・[テンポ: 適度]

・[ターゲット読者: ファンタジー好きの全年齢]

・[緊張と解決の方向性: 冒険の途中で緊張が高まる]

・[キャラクターの成長方向: 困難を乗り越えて成長]

#入力文:

[アルトリウス騎士とエリアーヌの魔法使いは、古代の森の中に伝説の魔法の杖を探しに行く。森の奥深くには、危険な竜が住んでいるという噂がある。トランドールというドワーフの商人が彼らに同行し、冒険が始まる。]

#出力文:

このタスクで最高の結果を出すために、追加の情報が必要な場合は質問をしてください。

プロンプトテンプレートを使った結果、生成された小説の具体例(GPT-4を利用)

プロンプトのテンプレート例1.「ロマンス」(総文字数:855文字)

ジェイクは、都市部の賑やかなコーヒーショップでエミリーと向かい合って座っていた。彼の心はときめきと緊張でいっぱいだった。エミリーは彼の前で絵のスケッチブックを広げ、最近の作品についてのインスピレーションを求めて彼に助けを求めていた。

「ジェイク、これを見て。なんだか物足りないんだけど、何が足りないと思う?」エミリーは彼女の描いた絵を指差しながら言った。

ジェイクは絵をじっくりと観察しながら、エミリーにサプライズを計画していることをどうやって伝えようかと頭を巡らせていた。彼は彼女に対して特別な感情を抱いていたが、まだその気持ちを言葉にする勇気を持てずにいた。

「うーん、多分ここの光の加減を変えてみるといいかもしれないね。それと、ここに小さなサプライズを加えてみたらどうだろう?」ジェイクは微笑みながら言った。

エミリーは彼の言葉に耳を傾け、彼の提案を真剣に考えていた。しかし、彼女は彼が言った「サプライズ」の言葉に少し戸惑っていた。

「サプライズ?」エミリーは疑問を投げかけるようにジェイクを見つめた。

ジェイクは彼女の反応を見て、心の中で喜んだ。これがチャンスだと思い、彼は少し照れくさそうに言葉を続けた。

「ああ、サプライズ。実はね、エミリー、僕から君へのサプライズがあるんだ。」

エミリーの目が大きく見開かれ、彼女の表情に驚きが浮かんだ。ジェイクは深呼吸をして、彼女に対して自分の気持ちを素直に伝えることに決めた。

「エミリー、僕はずっと君のことをただの友達以上のものとして見ていたんだ。君がいると、僕の世界が明るくなるんだ。だから、僕と付き合ってくれないか?」

エミリーはしばらく言葉を失っていたが、次第に優しい微笑みを浮かべてジェイクを見つめた。

「ジェイク、それは本当にサプライズね。私もずっと君のことを友達以上のものとして考えていたんだ。だから、喜んで。」

ジェイクの顔に安堵の笑みが広がり、二人は手を握り合った。コーヒーショップの賑やかな雰囲気の中で、二人の心は静かに通じ合い、新しい一歩を踏み出した

プロンプトのテンプレート例2.「ミステリー」(817文字)

取調室の空気は緊張で満ちていた。佐藤智也刑事は、目の前に座る岡田明美をじっと見つめ、彼女の証言の矛盾点を突こうとしていた。岡田は神経質で疑り深い性格をしており、その目はくるくると動いていた。

「岡田さん、あなたの証言、少し変ですよね。事件現場を目撃したと言っていますが、その時の詳細が一貫していません。何か隠していることはありませんか?」佐藤刑事は静かに、しかし鋭い目で岡田を睨みつけた。

岡田はしどろもどろと「そんなことはありません!私は本当のことを話しています!」と答えた。しかし、その目は泳いでおり、言葉とは裏腹に不安を感じさせた。

佐藤刑事は冷静に「でも、証言には矛盾があります。例えば、犯人の服装についてです。最初は黒いジャケットと言っていましたが、後で青いシャツだと変わりました。どちらが本当ですか?」と詰め寄った。

岡田は「それは…ちょっと記憶が混乱していて…」と言葉を濁した。佐藤刑事は「記憶が混乱している? それとも、他に何か理由があるのでは?」とさらに追求した。

一方、取調室の隣では、田中健太が自分の無実を訴え続けていた。彼は親しみやすいがずる賢い性格をしており、自分を潔白だと信じさせるのに長けていた。しかし、佐藤刑事は彼の言葉を簡単には信じなかった。

証拠と証言を照らし合わせながら、佐藤刑事は事件の真相に迫ろうとしていた。彼は論理的で冷静な性格をしており、感情に流されることなく事実だけを追求していた。

「岡田さん、もう一度聞きます。本当のことを話してください。あなたが何かを隠している限り、この事件は解決しません」と佐藤刑事は厳しく言った。

岡田は一瞬たじろいだが、すぐに目を伏せて「わかりました…本当のことを話します」とつぶやいた。佐藤刑事の冷静かつ鋭い追求が、ついに岡田を動かしたのだった。

事件の真相に迫る一歩を踏み出した佐藤刑事。彼の論理的で冷静な推理が、この複雑な事件を解決へと導いていくのであった

プロンプトのテンプレート例3.「ファンタジー」(総文字数:872文字)

冒険の序章、古代の森の入口に立つ三人の者たち。風が木々を揺らし、木々の間から細く射す光が彼らの顔を照らしていた。騎士アルトリウスは深く息を吸い込み、握りしめた剣の柄に使命感と同時に生まれる不安を感じた。魔法使いのエリアーヌは彼の隣に立ち、温かな手を彼の腕に置いた。

「心配することはない、アルトリウス。私たちとともに、この森の中での冒険を乗り越えられる。」

アルトリウスは微笑んでエリアーヌを見た。「君の言葉に励まされる、エリアーヌ。」

「あら、愛らしい交わりじゃないか。」と、トランドールが陽気に笑った。「だが、森の中には伝説の魔法の杖を守る竜がいるという話もあるぞ。」

エリアーヌの瞳は一瞬きらりと輝いた。「私たちはその竜を恐れない。」

アルトリウスは深く息を吸い込み、勇気を振り絞って言った。「それでは、行くとしよう。」

森の中へと進んでいく彼ら。道々、エリアーヌは魔法の杖の場所を感じ取りながら道を示し、アルトリウスは彼女の導きを信じて前に進んでいった。トランドールは彼らの背後を確認しながら、警戒しつつも冒険の興奮を感じていた。

時が経ち、彼らは森の奥深くにたどり着いた。そこには、巨大な竜が待ち構えていた。竜は彼らを見つけると、怒りを込めて唸り声を上げた。

アルトリウスは剣を引き抜き、「エリアーヌ、トランドール、後退せよ!」と叫んだ。

エリアーヌは魔法の杖を取り出し、アルトリウスをサポート。トランドールは短剣を手に取り、戦闘の準備をした。三人は竜との戦いに挑んだ。

戦いの中、アルトリウスは何度も竜の猛攻に晒されたが、エリアーヌの魔法のサポートとトランドールの機転で何とか持ちこたえた。そして、彼らの連携と努力により、竜は撤退した。

「私たちは勝った…!」とアルトリウスが息を切らして言った。

エリアーヌは彼の頬に手を置き、「私たちの力を信じることが、この冒険の鍵だった。」と微笑んだ。

トランドールは二人を見ながら、陽気に笑った。「これからも冒険は続く。私たちは、一緒に乗り越えていくのだ。」

三人は、古代の森を背にして、次の冒険へと歩みを進めた。

ChatGPTで作成した小説をAI添削・AI校正して文章を磨く方法Woman-using-a-computer-chatting-with-an-intelligent-artificial-intelligence-asks-for-the-answers-he-wants-AI-Chat-with-AI-or-Artificial-Intelligence-technology-Smart-assistant-AI-to-help-work

AI添削・AI校正の概要とその重要性

ChatGPTで作成した小説を更に磨く一つの手段としてAI添削・AI校正が挙げられます。

これは、AIが構文や語彙の選択をチェックし、可能な改善点を指摘するものです。

具体的には、AIが句読点の位置や単語の使い方、語順などを分析し、より自然な表現や読みやすい文章にするための提案を行います。

これにより、ChatGPTで生成した小説の品質を更に高めることが可能になります。

また、AI校正ツールを使用することで、ヒューマンエラーによるミスを防ぐこともできます。

さらに、AI校正ツールは時間を節約できる利点もあります。

手動での校正作業には多大な時間がかかりますが、AIによる自動校正では短時間で結果を出すことができます。

これらの利点を生かし、ChatGPTで作成した小説の品質向上を目指しましょう。

AI添削・AI校正の具体的な手順

以下に、具体的なAI添削・AI校正の方法を7つのステップで紹介します。

1. AI校正ツールを選ぶ

マーケットにはさまざまなAI校正ツールがあります。

GrammarlyやHemingway Editorなど、ユーザーのニーズに最も適したツールを選びましょう。

2. ツールをセットアップする

選んだツールのインストールやアカウント設定を行います。

多くのツールはブラウザの拡張機能として利用できます。

3. ChatGPTで生成した小説をコピー&ペースト

小説のテキスト全体を選択し、AI校正ツールに貼り付けます。

4. AIによる校正結果を確認する

ツールが提供する校正結果や改善提案を確認します。

これには、語彙の選択、文法、句読点の使用、スタイルなどが含まれます。

5. 提案を評価する

AIの提案が文章の文脈や意図に合うかどうかを確認します。

全ての提案が必ずしも適切であるとは限らないため、自分の判断が必要です。

6. 文章を修正する

AIの提案に基づいて、文章の修正を行います。

これには、単語の置き換え、文法の修正、句読点の追加や削除などが含まれます。

7. 最終的な校正

修正後の文章を再度、AI校正ツールでチェックします。

これにより、新たな問題点がないか確認できます。

以上のステップで、ChatGPTで作成した小説の品質を更に磨き上げることができます。

AI添削・AI校正ツールは、効率的で短時間で結果を得ることができるため、作品のクオリティを向上させる上で有用なツールと言えるでしょう。

ChatGPTで小説を書く際の文字数は日本語で何文字くらいがおすすめ?

Chat-AI-Chat-with-AI-or-Artificial-Intelligence-technology-Man-using-a-laptop-computer-chatting-with-an-intelligent-artificial-intelligence-asks-for-the-answers-he-wants

ChatGPTと小説作成の基本

ChatGPTを活用した小説作成において、適切な文字数は重要です。

日本語での推奨文字数は約5,000~6,000文字程度です。

これは、AIが文章の内容を理解し、一貫性を持って物語を進行させるのに適した範囲です。

しかし、これはあくまでも目安であり、作品の内容や文体、目的により適切な文字数は変動します。

例えば、短編小説やエッセイ風の作品では、もっと短い文字数でも十分です。

一方、長編小説を書く場合は、章ごとに分けて書くと良いでしょう。

また、ChatGPTは長い文章を生成する際には限界がありますので、それを考慮することも重要です。

最終的には、作品の質を最大限に引き出すために、適切な文字数を見つけることが重要です。

↓文字数や利用回数の上限について詳しく解説した記事はコチラ↓

ChatGPTの制限を解除する方法!文字数や利用回数の上限を解説

特性と効果的な使用法

ChatGPTの能力を最大限に引き出すためには、その特性を理解することが不可欠です。

例えば、あまりに長い文章を一度に生成しようとすると、AIが文章の全体の流れを保つことが難しくなる可能性があります。

そのため、一度に生成する文章の長さは、AIが適切に処理できる範囲内に保つことが望ましいです。

また、文章の構成も重要で、過度に複雑な構成よりもシンプルな構成がAIには適しています。

AIの制限と作成のポイント

ChatGPTで小説を書く際には、一つの章やシーンごとに分けて書くことが推奨されます。

これは、AIが一度に処理できる情報の量を適切に保つため、そして物語が滑らかに進行するためです。

また、これにより、読者も物語を理解しやすくなります。

また、ChatGPTの制限を考慮に入れると、一度に生成する文字数は2,000文字未満が理想的であると言えます。

これはAIが文章の内容を適切に理解し、一貫性を持った文章を生成するための最適な文字数です。

しかし、これらの推奨事項はあくまで一般的なガイドラインであり、具体的な文章の長さは作品の内容や目的によって変わるべきです。

物語の展開、キャラクターの深掘り、描写の多さなど、作品ごとの要素が最終的な文字数を決定します。

重要なのは、ChatGPTの能力を最大限に生かしつつ、読者にとって魅力的な内容を提供することです。

ChatGPTと文字数制限:長編小説を書く際につまずかないためのテクニック

AI-learning-and-business-artificial-intelligence-businesswoman-working-on-laptop

ChatGPTを活用した長編小説の書き方の概要

ChatGPTを使用して長編小説を書く際には、文字数制限を理解し、それを巧みに活用することが重要です。

文字数制限があるからといって、あなたの創造性を制限することはありません。

むしろ、それはあなたの物語をより効果的に伝えるためのツールとなります。

長編小説を書く際には、章ごとに小さな物語を作り、それぞれを完結させることをおすすめします。

これにより、全体の物語が一貫して進行し、読者も飽きることなく読み進められます。

また、ChatGPTは一度に生成できる文字数に制限があるため、章やシーンを細かく分けることで、この制限を上手く回避することができます。

↓文字数や利用回数の上限について詳しく解説した記事はコチラ↓

ChatGPTの制限を解除する方法!文字数や利用回数の上限を解説

書き方の具体的テクニック

以下に、ChatGPTを使用して長編小説を書く際に文字数制限をうまく活用するための具体的なテクニックをいくつか紹介します。

1. 章の構成を工夫する

一つの章が長すぎると、ChatGPTの文字数制限に引っかかる可能性があります。

そのため、一つの章を複数のシーンやセクションに分け、それぞれに独自の見出しを設けることを検討してみてください。

これにより、文章が長くなりすぎることを防ぎつつ、読者に対しても情報を明確に伝えることが可能となります。

2. キャラクターの視点を交代する

長編小説では、しばしば複数のキャラクターから物語が語られます。

文字数制限に対処する一つの方法は、物語を進行させるたびにキャラクターの視点を交代することです。

これにより、新たな節を作る自然な区切りができ、物語全体の流れをスムーズに保つことができます。

3. 要約と予告を活用する

記事やブログのように、各章の始めに短い要約を書き、次の章で何が起こるかを予告することで、読者の興味を引きつけつつ、文字数制限をうまく活用することができます。

4. ChatGPTのリセット機能を利用する

ChatGPTは、一度に生成できる文字数が制限されていますが、その制限をリセットすることが可能です。

これを利用して、物語の新たな部分を書き始めるときにはリセットを行い、新たな章やシーンをフレッシュな状態で始めることができます。

学習機能を活用する

また、ChatGPTは単に文章を生成するだけでなく、与えられた文章の語彙や文体を学ぶ能力も持っています。

したがって、あなたが生成したい小説の特定のスタイルやトーンを示すサンプルテキストを提供すると、ChatGPTはそれを理解し、そのスタイルに合わせた文章を生成します。

これは、特定のキャラクターやジャンルの作品を書く際に非常に役立ちます。

ChatGPTで作成した小説の著作権問題と注意点

System-hacked-warning-alert-on-notebook-Laptop

ChatGPTを活用した小説作成と著作権

ChatGPTを活用した小説作成は、その効率性と創造力から作家たちによって広く受け入れられています。

しかし、AIによって生成されたコンテンツの著作権に関しては、まだ不確定な部分が多いです。

まず、ChatGPTで生成された小説の著作権は、一般的には作成者に帰属します。

しかし、AIが既存のコンテンツを参照して作成するため、著作権侵害の可能性が無いわけではありません。

特に、具体的な設定やプロット、キャラクター設定をAIに入力した場合、その出力が著作権を侵害する可能性があります。

そのため、ChatGPTで生成した小説を公開する際は、著作権法やフェアユースの原則について十分な理解が必要です。

また、公開前には、弁護士や専門家に相談することをお勧めします。

ChatGPT利用時の注意点

さらに、ChatGPTを利用する際には、その使用規約やポリシーも確認することが重要です。

OpenAIが提供するChatGPTの利用規約には、AIが生成したコンテンツに関する権利についての規定が含まれている可能性があります。

したがって、この利用規約を無視して小説を公開した場合、法的なトラブルに巻き込まれる可能性があります。

AI生成コンテンツの新規性と独自性

また、AIによるコンテンツ生成は、その新規性や独自性についても議論の余地があります。

AIが生成した小説は、AIの訓練データとなる既存のテキストからパターンを学習し、そのパターンに基づいて新しい文章を生成します。

そのため、その出力は必ずしも完全に新規で独自のものとは言えません。

そのため、ChatGPTで小説を作成し、それを自身のオリジナル作品として公開する場合、その新規性や独自性についても十分に考慮する必要があります。

AIと作家の創造力の組み合わせ

最後に、ChatGPTを活用した小説作成は、作家自身の創造力を補完するツールとして考えるのが最善のアプローチかもしれません。

AIによるコンテンツ生成は、あくまで人間の創造力に代わるものではなく、それを補完し、新たな視点やアイデアを提供するものと考えるべきです。

そのため、ChatGPTを使った小説作成は、自身の創造力とAIの力をバランス良く組み合わせることが重要となります。

まとめ

本記事では、AIを活用した小説作成について詳しく解説しました。

ChatGPTの使い方からアイデア出し、プロット作成、キャラクター設定、プロンプトテンプレートの利用、AIによる校正まで、一連の流れをステップバイステップで紹介しました。

特に小説作成における文字数の管理や長編小説の作成テクニックについては、ChatGPTを使う際に特に注意が必要なポイントであるため、詳細に説明しました。

また、AIで作成したコンテンツの著作権についても触れています。

これらの知識を活かすことで、ChatGPTを使った小説作成がよりスムーズに、かつ効率的に進むでしょう。

これからChatGPTを使って小説を書く方、既に使い始めている方も、より良い結果を得ることができるはずです。

ぜひ、本記事の内容をご参考にしていただければ嬉しいです。

【PR】完全無料!【ChatGPT速習メール講座】毎日1本メールを無料配信中!今すぐこちらをクリックして登録!

完全無料!【ChatGPT速習メール講座】 毎日1分、あなたのビジネスを加速させる!

今、ビジネス界の最前線では、「生成AIを制する者はビジネスを制する!」と言われています。あなたも、生成AIを代表するChatGPTの最新ノウハウを無料で手にしてみませんか?こちらから完全無料でメールアドレスをご登録いただければ、【ChatGPT速習メール講座】の配信(毎日1本)を開始いたします。わずか毎日1分で「ChatGPTの最新ノウハウ」をインストールすることができます。ぜひ、今すぐこちらをクリックして無料メール講座に登録してください。

Chatbot-Chat-with-AI-Artificial-Intelligence-man-using-technology-smart-robot-AI-artificial-intelligence-by-enter-command-prompt-for-generates-something-Futuristic-technology-transformation

今すぐこちらをクリックして無料メール講座に登録する(完全無料)

あなたのコメントをシェアしてください

この記事をご覧になって、あなたはどのような学びがありましたか?
また、ビジネスの現場で何を実践しようと決意されましたか?

ぜひ、以下にあなたのコメントをシェアいただければ幸いです。

人気の記事

  • ChatGPT4の料金は?支払い方法や無料版との違いを徹底解説!

    ChatGPT4の料金は?支払い方法や無料版との違いを徹底解説!

    本記事では、ChatGPT4の料金情報を徹底解説します。 OpenAI社の最新AI、ChatGPT4の料金体系を明らかにします。 無料版と有料版の違い、月額20ドルの日本円での支払い方法、法人向けのコスト効率と計算方法、無料から有料への移行と解約方法、そして無料版の限界と有料版のメリットまで、あなたが知りたい全てをお届けします。 ChatGPT4を最大限に活用するためのガイドとしてご活用ください。 本記事をお読みいただければ、あなたはChatGPT4の料金について、理...
    8,674 views
  • ChatGPT Plus(有料版)の解約方法!簡単な手順を解説!

    ChatGPT Plus(有料版)の解約方法!簡単な手順を解説!

    本記事では、AI技術の最新鋭、ChatGPT Plusの解約方法を詳しく解説します。 解約手続きから有料プランを無料版に戻す方法までをご案内して、スマホで簡単に課金キャンセルやアカウント削除ができる方法も紹介します。 さらに、解約のタイミングや注意点、手順の詳細についても触れて、解約時の必読ポイントを解説します。 そして、ChatGPT Plusの使い方と無料への切り替え方も一緒に学べます。 最後に、ChatGPT Plusの課金停止からアカウント消去までの全てをまと...
    7,047 views
  • ChatGPTの制限を解除する方法!文字数や利用回数の上限を解説

    ChatGPTの制限を解除する方法!文字数や利用回数の上限を解説

    本記事では、ChatGPTの制限について詳しく解説します。 無料版と有料版の制限の違い、トークンの考え方、そしてそれらの制限を解除・回避するための方法を公開します。 また、企業がChatGPTを活用する際の規制とポリシーも紹介します。 さらに、文字数制限に達した際の対処法や、緩和される可能性についても考察します。 最後に、よくある質問とその解答をまとめています。 本記事をお読みいただければ、あなたはChatGPTの文字数や利用回数の制限を解除・回避する方法を理解いた...
    16,091 views
  • ChatGPT4の利用制限とは?最新の文字数・回数の上限を解説!

    ChatGPT4の利用制限とは?最新の文字数・回数の上限を解説!

    本記事では、最新のAI「ChatGPT4」の利用制限について詳しく解説します。 無料版と有料版の違い、文字数の重要性、月額20ドルのPlusプランへの注意点など、ChatGPT4の利用制限を理解して最大限に活用するための情報を提供します。 また、ChatGPT4のビジネス活用法や、言語翻訳の応用ステップなどについても触れます。 さらに、AIモデルの進化とプログラミング対応の可能性についても見ていきます。 本記事をお読みいただければ、あなたはChatGPT4の利用制限に...
    4,414 views
  • ChatGPTでラクに文字起こしする方法!議事録作成ツールも紹介

    ChatGPTでラクに文字起こしする方法!議事録作成ツールも紹介

    本記事では、ChatGPTを使用して簡単に文字起こしをする方法を詳しく解説します。 AIを活用した新常識で、日本語の校正も可能です。議事録の内容を要約する方法と、ChatGPTによるコスト削減のメリットも紹介します。 また、プラグインを使用して音声データを文字に変換する手順、無料で利用できる議事録作成ツールWhisperとの連携、役立つプロンプトのテンプレートも提供します。 そして、Google Chromeの拡張機能「YouTube Summary with Chat...
    11,903 views
  • ChatGPTでYouTube動画を要約する方法!時間短縮を実現

    ChatGPTでYouTube動画を要約する方法!時間短縮を実現

    この記事では、ChatGPTを活用したYouTube動画の要約方法を解説します。 Chrome拡張機能を使用し、動画内容を文字起こしする方法から、効率的なダイジェスト作成まで詳しく説明します。 また、ChatGPTを使ってYouTube動画から収益を得る方法や、その可能性についても触れます。 ユーザーの視点から見たChatGPTの使用感や結果についてもレビューします。 本記事をお読みいただければ、あなたはChatGPTでYouTube動画を要約する方法について、理解い...
    3,618 views

新着ブログ記事

ブログ記事一覧

完全無料!【ChatGPT速習メール講座】 毎日1分、あなたのビジネスを加速させる!

今、ビジネス界の最前線では、「生成AIを制する者はビジネスを制する!」と言われています。あなたも、生成AIを代表するChatGPTの最新ノウハウを無料で手にしてみませんか?こちらから完全無料でメールアドレスをご登録いただければ、【ChatGPT速習メール講座】の配信(毎日1本)を開始いたします。わずか毎日1分で「ChatGPTの最新ノウハウ」をインストールすることができます。ぜひ、今すぐこちらをクリックして無料メール講座に登録してください。

Chatbot-Chat-with-AI-Artificial-Intelligence-man-using-technology-smart-robot-AI-artificial-intelligence-by-enter-command-prompt-for-generates-something-Futuristic-technology-transformation

小谷川 拳次

小谷川 拳次

リードコンサルティング株式会社 代表取締役

起業家。作家。投資家。 2009年、リードコンサルティング株式会社設立。デジタルコンテンツを主軸としたインターネット集客、電子書籍マーケティング、サブスクリプションビジネスのコンサルティング及びコンテンツ販売システム、自動ウェビナー販促システムの提供によるマーケティングオートメーション(MA)の導入支援を行う。ビジネス書作家としても活動。2018年からは投資事業を開始。2023年にはオウンドメディア『生成AIマーケティングの教科書』を開設。ChatGPTを中心とする生成AIマーケティングの専門家として、多数の専門記事を著者として公開している。日刊メルマガ【ChatGPT速習メール講座】では、5千人を超える読者にメールマガジンを配信中。 著書は『Facebookでお客様をどんどん増やす本』(中経出版/2011年)、『電子書籍を無名でも100万部売る方法』(東洋経済/2012年)、『小さな会社がお金をかけずにお客さまをガンガン集める方法』(KADOKAWA/2013年)など、累計50冊を出版している。

他の記事を見る

完全無料!【ChatGPT速習メール講座】 毎日1分、あなたのビジネスを加速させる!

今、ビジネス界の最前線では、「生成AIを制する者はビジネスを制する!」と言われています。あなたも、生成AIを代表するChatGPTの最新ノウハウを無料で手にしてみませんか?こちらから完全無料でメールアドレスをご登録いただければ、【ChatGPT速習メール講座】の配信(毎日1本)を開始いたします。わずか毎日1分で「ChatGPTの最新ノウハウ」をインストールすることができます。ぜひ、今すぐこちらをクリックして無料メール講座に登録してください。

Chatbot-Chat-with-AI-Artificial-Intelligence-man-using-technology-smart-robot-AI-artificial-intelligence-by-enter-command-prompt-for-generates-something-Futuristic-technology-transformation

今すぐ無料でPDFをダウンロードしてください
こちらにメールアドレスを登録すると、今すぐ本記事をPDF形式でダウンロードしてお読みいただくことができます。PDFのダウンロードリンクは登録いただいたメールアドレス宛にお送りいたします。
1 / 2
50%完了 これが最後のステップです。
あなたのご感想や期待の声をご記入ください!

※PDFのお届けにはコメントの入力が必要です※

この記事をご覧になって、あなたはどのような学びがありましたか?また、ビジネスの現場で何を実践しようと決意されましたか?ぜひ、以下にあなたのコメントをシェアいただければ幸いです。(まだお読みでない方は、この記事への期待の声をお寄せください!)

2 / 2
ご登録ありがとうございます!メールをお送りしました。
ご登録ありがとうございます!登録いただいたメールアドレス宛にPDFのダウンロードリンクをご案内するメールをお送りしました。
50%完了 これが最後のステップです。
2 / 2