ストーリーテリングとは?ビジネス活用の3つのフレームワークと事例

最終更新日:2019年5月3日
757 views

あなたは、「顧客とより強固な結びつきを作りロイヤリティを高めることで、あなたの商品やサービスを選択してもらい、長期的な売上につなげたい」と考えたことはありませんか?

あなたの身近にも、「コーヒーを飲むならスターバックス」「PCを買うならMac(Apple)」「テーマパークに行くならディズニーランド(ウォルト・ディズニー・カンパニー)」といった具合に、強いこだわりをもってリピート購入を繰り返している特定企業の商品やサービスがあるはずです。

これは競合他社がたくさん存在する中でも、指名で特定企業の商品やサービスが選択されていることを意味します。

あなたの商品やサービスにも、多くの顧客にファンになってもらい、長い期間にわたってお付き合いいただければ、結果的に大きな売上につなげられるはずです。

そんなあなたにお勧めしたい方法が、本記事でご紹介する「ストーリーテリング」です。

ストーリーテリングの方法をビジネスに活用できれば、顧客と強固な結びつきが生まれ、あなたの商品やサービスが指名でリピート購入されるようになります。

実は、前述したスターバックス、Apple、ウォルト・ディズニー・カンパニーのような企業も、顧客が意識しているか意識していないかに関わらず、企業自体に、また各商品やサービス自体に強固なストーリーを持ち合わせています。

そのストーリーは分かりやすい場所で表現されている場合もあれば、ふとした瞬間にさりげなく認知されるよう演出されていたりします。

また、そのストーリーが様々なエピソードと共に、長年にわたって延々と顧客に語り継がれている場合もあります。

そこで本記事では、ビジネスでも活用しやすいストーリーテリングの3つのフレームワークをご紹介します。

ストーリーテリングが活用できると、固定的なファンが生まれやすくなり、あなたのビジネスが成功しやすくなります。

ぜひ、こちらでご紹介するストーリーテリングの3つのフレームワークを参考にされてみてください。

ストーリーテリングとは?

ビジネスにおけるストーリーテリングとは、あなたのビジネスを「物語」を通して表現することです。

具体的には、あなたの会社や商品、そして顧客のメッセージをストーリー化(物語化)することによって、共感を呼ぶことです。

その結果として、顧客と強固な結びつきを生み出し、ロイヤリティを高め、結果的に長期的な売上貢献につなげることができるようになります。

私達はなぜ、本を読んだり、映画を観たり、歌を聴いたりするのでしょうか。

それは、そこにストーリーが存在するからです。

ストーリーはエンターテイメントと言い換えることができます。

そして、ストーリーは、私達がどのように行動すべきかの知識やインスピレーション、そして動機を与えてくれます。

これらはいずれも人に行動を促すという意味で、共通点があります。

ビジネス上の観点で言うならば、顧客の購買意欲を生み出し、ブランドに愛着心をもってもらい、何度もリピート購入してくれるような行動、と言えるでしょう。

ストーリーに関しては、本ブログでも「ヒーローズ・ジャーニー(神話の法則)をビジネス活用する5ステップ」といったテーマとして取り扱ったことがあります。

実は、以前からストーリーテリングの重要性はマーケティング業界の中で強調されていましたが、ここ最近、米国を始めとして、あらためてこの手法が注目されるようになってきました。

なぜかといえば、ここ数年の間で世界的にソーシャルメディアの普及率が一気に高まってきたことが挙げられるためです。

こちらにソーシャルメディアの世界的人口について説明したインフォグラフィックがありますので、ご紹介します。

まず、下記のようなデータがあります。

  • 全世界でソーシャルメディアのユーザーは30億人存在して、これは世界人口の45%になる
  • 21億人がソーシャルメディアアカウントを持っている
  • 17億人が頻繁に活用するソーシャルメディアアカウントを持っている

world-population-on-social-media
出典:「The Growth of Social Media v 3.0 [Infographic]

このデータを見ると、世界的にソーシャルメディアが普及している現況が分かります。

また、下記のデータは、2010年から2015年に至る各ソーシャルメディアの伸び率を表しています。

active-users-world-wide-2010-2015

出典:「The Growth of Social Media v 3.0 [Infographic]

こちらのデータを見ると、いかに主だったソーシャルメディアが急激に普及しているかが理解できます。

たとえば、2015年時点で、Facebookは15億人ユーザー、YouTubeは10億人ユーザー、インスタグラムは4億人ユーザーといった数字を発表しており、全体平均でも右肩上がりであることが分かります。

伸び率が高いのは「ソーシャルメディア上で最も強力なメディア」と言われるFacebookですが、世界的に、自分の嗜好に合ったソーシャルメディアを使うというトレンドは続いていくと予測できます。

スマートフォンやタブレットといったモバイルデバイスの普及に合わせて、既存のマスメディアよりもソーシャルメディアに触れる時間が多い人が増えていく可能性は高いと言えます。

ソーシャルメディアの普及は何を意味するか?

ここで大切なことが、ソーシャルメディアの本質を把握しておくことです。

ソーシャルメディアの本質とは、「拡散性」にあると言われています。

一般的に、どのソーシャルメディアにも、ネット上での拡散を促す仕組みが整っています。

Facebookの「いいね!」や「シェア」ボタンは身近で分かりやすい事例と言えます。

あなたも、ソーシャルメディア上で流れてきた情報に共感し、ついシェアをしてしまったという経験があるのではないでしょうか。

優れたストーリーは拡散する

今後ますますソーシャルメディアの普及が予測される将来では、この「拡散性」を前提にあなたのマーケティングを展開していく必要があります。

優れたストーリーを持っている企業や個人は、この拡散性の波に乗れるようになります。

そこで重要なことが、あなたのビジネスをストーリー化して伝える技術を知っておくことです。

もしもあなたがあなたの会社や商品、顧客に関する優れたストーリーを持っていたら、それはネット上で拡散する可能性が高いと言えます。

それは結果的に、あなたのサイトへのトラフィック数を増やすだけでなく、逸話として顧客に語り継がれる物語にすることもできるのです。

ストーリーが人間の脳に与える影響

the-science-of-storytelling

how-storytelling-affects-the-brain
出典:Fast Company

ここで、Fast Companyが発表したインフォグラフィックの一部をご紹介します。

こちらのインフォグラフィックでは、ストーリーテリングのポイントが紹介されています。

こちらを要約してお伝えすると、脳科学的な見地からも、「単純な情報提供」よりも「ストーリーを通したメッセージ」の方が、人にインパクトと影響力を与え、記憶に残りやすい傾向があるそうです。

ストーリーは、単に情報を無機質的な情報としてではなく、顧客の感情を動かし、さらにそのストーリーを他人に伝えていく情報に変える力があるのです。

ストーリーテリングの好例-スティーブ・ジョブズのスピーチ

ここで、ストーリーテリングの好例として、スティーブ・ジョブズのスピーチをご紹介します。

彼がスタンフォード大学でおこなった卒業生へ向けたスピーチでは、マッキントッシュが生まれたストーリーを披露しています。

なお、このスピーチは上記のYouTube動画だけでも1,000万回を超える再生回数を誇り、国境を越えて、彼の物語は世界中に広まっていきました。

実際、彼のストーリーはYouTubeだけでなく、その他のソーシャルメディアを通して、瞬く間に多くの人達に拡散していったそうです。

本スピーチは3つの構成から成り立っています。

第一に、「点と点を繋げる」(CONNECTING DOTS)

第二に、「愛と喪失」(LOVE AND LOST)

第三に、「死について」(ABOUT DEATH)

どれも素晴らしく示唆に富む内容をストーリー化して伝えていますが、今回は、「点と点を繋げる」(CONNECTING DOTS)のストーリーについて、その一部を引用してご紹介します。

スティーブ・ジョブズは、リード大学を半年で退学しましたが、本当に辞めるまで18ヵ月にわたって大学に残り、カリグラフィ(※)の授業を聴講していました。

リード大学は、当時としてはおそらく米国内最高水準のカリグラフィ教育を提供する大学だったようです。

※カリグラフィとは、西洋において、日本における書道のような文字を美しく見せる手法のこと

以下にスピーチから引用の上、彼のストーリーをお伝えします。

私は退学した身。

もう普通のクラスには出なくていい。

そこでとりあえずカリグラフィのクラスを採ってどうやったらそれができるのか勉強してみることに決めたのです。

セリフをやってサンセリフの書体もやって、あとは活字の組み合わせに応じて字間を調整する手法を学んだり、素晴らしいフォントを実現するためには何が必要かを学んだり。

それは美しく、歴史があり、科学では判別できない微妙なアートの要素を持つ世界で、いざ始めてみると私はすっかり夢中になってしまったのです。

こういったことは、どれも生きていく上で何ら実践の役に立ちそうのないものばかりです。

だけど、それから10年経って最初のマッキントッシュ・コンピュータを設計する段階になってこの時の経験が丸ごと私の中に蘇ってきたのです。

そして、僕たちはその全てをマックの設計に組み込んだ。

そうして完成したのは、美しいフォント機能を備えた世界初のコンピュータでした。

もし私が大学であのコースひとつ寄り道していなかったら、マックには複数書体も字間調整フォントも入っていなかっただろうし、ウィンドウズはマックの単なるコピーに過ぎないので(笑)、パソコン全体で見回してもそうした機能を備えたパソコンは地上に1台として存在しなかったことになります。

もし私がドロップアウト(退学)していなかったらあのカリグラフィのクラスにはドロップイン(寄り道)していなかった。

そして、パソコンには今あるような素晴らしいフォントが搭載されていなかった。

もちろん大学にいた頃の私にはそんな先々のことまで読んで“点と点を繋げてみる”ことなんてできませんでした。

だけど10年後振り返ってみると、実にハッキリしているのです。

繰り返します。

未来に先回りして“点と点を繋げる”ことはできない。

できるのは、過去を振り返って繋げることだけなのです。

だからこそバラバラの点であっても、将来それが何らかのかたちで必ず繋がっていくと信じなくてはならない。

自分の根性、運命、人生、カルマ…何でもいい、とにかく信じること。

点が繋がって道となることを信じることで、心に確信を持てるのです。

結果、人と違う道を行くことになっても、信じることで全てのことは、間違いなく変わるのです。

※日本語字幕のついた動画は、こちらからご覧になれます

「スティーブ・ジョブズ 伝説の卒業式スピーチ(日本語字幕)」

スティーブ・ジョブズは以上のスピーチをもって、彼自身の実体験をもとに、卒業生たちに勇気を与えるストーリーを語っています。

この一節だけを聴いても、どのようにマッキントッシュが生まれたのか、その経緯を詳しく知ることができますし、さらに私達が人に伝えたくなるような忘れがたいメッセージが含まれています。

このように、物事をストーリー化して伝えるメリットは計り知れません。

ストーリーテリングの技術を身に付けるメリット

ここで、あらためてストーリーテリングの技術を身に付けるメリットを考えてみましょう。

たとえば、前述したスティーブ・ジョブズのスピーチを通しても、以下の4点が挙げられます。

1. 顧客にあなたのパーソナリティを伝えられる

スティーブ・ジョブズのスピーチは、彼のパーソナリティを伝えるには十分なメッセージでした。

彼の大学生活において、どのような事柄に興味をもち、どのような生活を送っていたのか、具体的なパーソナリティが理解できます。

あなたが企業の代表者であれば、会社を起業するまでに至ったストーリーや商品を開発するまでの苦労などをストーリー化して語ることによって、あなたのパーソナリティを伝えることができます。

2. あなたの競合企業に打ち勝つことができる

このスピーチ単体がアップルの業績を上げたことは証明できませんが、このスピーチがきっかけでアップル製品に注目し、実際に使用し、愛用するようになった方は多いと言われています。

あなたが作ったストーリーが顧客に好まれていれば、同様の仕様をもつ他の企業と差別化され、価格以外の評価によって選択してもらうことができるようになります。

3. 顧客の感情を盛り上げることができる

このスティーブ・ジョブズのスピーチを聞いて、感動して涙した人は多いと言われています。

優れたストーリーを語ることができれば、顧客の感情を動かすことができます。

購買心理学の世界では、「人は感情で購入を決定し、理論で正当化する」という名言があります。

これは、商品を購入してもらうための有効な方法として、理詰めで説得するよりも、先に感情を動かすことの重要性を解いています。

もしもあなたが顧客の感情を動かすことができれば、その瞬間に商品を購入してもらうことも十分可能になります。

4. 顧客に頻繁に思い出してもらえる

単なる商品説明や会社の説明は記憶に残らないかもしれません。

しかし、素晴らしいストーリーは、記憶に残ります。

そのため、あなたに素晴らしいストーリーがあれば、顧客が問題を解決するために何かが必要になった時に、真っ先に思い出してもらえる可能性があります。

競合が多い企業は価格競争に陥りがちですので、ストーリーを用いることによって、顧客に頻繁に思い出してもらえることはとても大切になります。

あなたが自分のビジネスにおけるストーリーを語ることができれば、これら4つのメリットを十分に顧客に提供しながら、あなたのビジネスを伸ばしていくことが可能になります。

なお、スティーブ・ジョブズは世界トップクラスのプレゼンターであり、ストーリーテラーと言われていました。

彼と同じようなストーリーを語ることは難しいかもしれませんが、一定のパターンに従うことで、優れたストーリーを語ることは可能になります。

ストーリーテリングはどのように表現すべきか?

ビジネス上のストーリーテリングの表現方法について、米国トップマーケターであるニール・パテルとリティカ・ピューリは以下のようなヒントを与えてくれています。

the-beginners-guide-to-online-marketing
出典:「THE BIGGNERS GUIDE TO ONLINE MARKETING

  • あなたの会社はどのように生まれたのか
  • あなたの会社のチームが毎日情熱的に働く動機は何か
  • あなたの商品はどのように生まれたのか
  • どのような顧客が、なぜあなたの会社のブランドに対して価値を感じるのか
  • あなたの会社の中で働く人々がクリアに実感できるもの
  • 人々との関係性を構築するツール
  • ウェブ上におけるあなたの存在を強調するコンセプト
  • あなたの会社の組織全体のチームが愛情をもてるもの
  • あなたの会社において、あなたは何者なのかを理解できるもの
  • 直感的に理解しやすいものであること

それでは、あなたがビジネス上のストーリーを作るとき、どのようにしていけば良いか、実例を挙げながら見ていきましょう。

ストーリーテリングをビジネスで活用する3つのフレームワーク

こちらでは、あなたがストーリーを作るための3つのフレームワークについて解説していきます。

書籍『MADE to STICK』(日本語版: 『アイデアのちから』) の中で、著者であるチップ・ハースとダン・ハースは、ストーリーテリングの型として活用できる3つのストーリー・プロットを伝えています。

made-to-stick-why-some-ideas-survive-and-others-die
MADE to STICK』Chip Heath (著), Dan Heath (著)

アイデアのちから-チップ-ハース-ダン-ハース

アイデアのちから』チップ・ハース (著), ダン・ハース (著), 飯岡 美紀 (翻訳)

ちなみに、プロット(plot)とは、ストーリーの要約のことであり、いわば「ストーリーのフレームワーク」とも考えることができます。

著者が語るには、その3つのプロットとは以下の通りです。

1. チャレンジ・プロット

2. コネクション・プロット

3. クリエイティブ・プロット

これら3つのプロットについて、順番に事例を交えて解説していきます。

1. チャレンジ・プロット

こちらのチャレンジ・プロットでは、underdog(アンダードッグ:英語で「勝ち目のない格下ボクサーのような弱者」のこと)、いわゆる「弱者」が主人公になります。

それまで弱者とされていた主人公が、何か打ち勝ちがたい、偉大なチャレンジに挑んでいくようなストーリーになります。

なぜ、このようなストーリーは人を惹きつけて止まないのでしょうか。

それは、私達の誰もが、そのストーリーで最終的に弱者とされていた主人公が勝利した時、圧倒的に共感するためだと言えます。

あるいは、私達も主人公と同じように逆境に打ち勝つと感じさせてくれるからではないでしょうか。

ここで、チャレンジ・プロットの代表とも言えるロッキーのストーリーを紹介します。
(Wikipediaより一部参照)

映画「ロッキー」をめぐる“2つの”ストーリー

rockeyrockey-running

映画「ロッキー」のストーリーが秀逸なことは誰もが知っているはずです。

フィラデルフィアに暮らす三流ボクサー、ロッキー・バルボアがアポロ・クリードという世界チャンピオンと対戦するチャンスを掴み、様々な苦労を乗り越え、不屈の闘志をむき出し、最後はボロボロになりながらも勝利するストーリーです。

このストーリー自体、非常に素晴らしいものですが、実は、この作品の「制作過程」自体が有名なストーリーだったことはご存じでしょうか。

この制作秘話とも言えるもう一つの実話ストーリーを紹介しますので、ご覧になってみてください。

「ロッキー」制作に至る背景

当時、映画のオーディションに50回以上落選していたスタローンは、用心棒などの仕事で日々の生活費を稼いでいました。

長い極貧生活を送っていたある日、彼は世界ヘビー級タイトルマッチ「モハメド・アリ対チャック・ウェプナー」戦のテレビ放送を観戦しました。

アリは当時世界最強と言われていたのに対し、ウェプナーはスタローン同様、繰り返す転職の中で日銭を稼いでいた格下のボクサーでした。

誰が見ても勝ち目がないウェプナーでしたが、予想外の善戦を展開しました。

試合はアリが勝利したものの、ウェプナーの繰り出したパンチがアリのわき腹を直撃しダウンを奪い、対戦後に「二度と対戦したくない」と言わしめたそうです。

モハメド-アリ-チャック-ウェプナー

モハメド・アリ対チャック・ウェプナーの対戦

スタローンは「アリをダウンさせたその瞬間、ウェプナーは偉大なボクサーとなり人々の心に永遠に刻まれる」と感じ、この出来事を基に、わずか3日で脚本を書き上げ、プロダクションに売り込みました。

なお、最初はどのプロダクションも見向きもしてくれず、極貧時代は続いたそうです。

生活苦のため、愛犬を売る

ここで、彼の極貧時代を象徴するエピソードを一つご紹介します。

この時期、あまりの貧乏生活で、スタローンの手元には106ドルしか無かったそうです。

そこで、彼は当時唯一、スタローンを無条件に愛してくれていた愛犬のバッカスをたったの50ドルで売ることになってしまい、大泣きしたそうです。

本人も当時を振り返り、「セブンイレブンの前でペットの犬を売らざるを得なかった」と述べています。

お金も底を尽き、最愛の愛犬も見ず知らずの人に売って僅かな生活費に充てざるを得ないという、まさに人生の最底辺を彷徨っていました。

どん底から人生最大のチャンスに出会う

ところが、その約1週間後、彼に人生最大の転機が訪れました。

あるプロダクションがスタローンの脚本を気に入り、7万5千ドルという当時の脚本料としては破格の値をつけたそうです。

ただし、製作の条件として「主演にポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード、アル・パチーノといった有名スターを起用する」ことを挙げて譲りませんでした。

それに対して「貧乏とはうまくつきあうことができる」スタローンも脚本料に目を眩ませず、自分が主演を兼任することに徹底的にこだわったそうです。

結果として、双方の長きにわたる交渉の末、

  • ギャランティーに関しては、監督は普段の半分、スタローンは俳優組合が定める最低金額
  • プロデューサーはなし
  • 制作費はテレビシリーズ1本分(約100万ドル)
  • 36万ドルまで高騰した脚本料を2万ドルに減額

という条件の下で製作が開始されました。

なお、この契約が決まってから、スタローンは1週間前に売った愛犬を3日間かけて探し続け、飼い主を見つけることに成功したそうです。

シルベスター-スタローン-愛犬-バッカス

買い戻したスタローンの愛犬、バッカスと共に

しかし、50ドルで売った愛犬を150ドルで買い戻すと言ったところ、飼い主に断られたそうです。

交渉の結果、最終的に3,000ドルと、その飼い主を「ロッキー」へのチョイ役で出演させることを許諾することで、買い戻しに成功したそうです。

経費を徹底的に節約

ロッキーの制作費は極めて限られていたため、撮影の際には経費を徹底的に節約したそうです。

まず、観客役のエキストラを「フライドチキンを配布する」というチラシで募集しました。

しかし、そのほとんどが素人のため、撮影最終盤では統制を保てず、予定していたラストシーン(興奮した観客がロッキーを担いでいくというもの)を撮影できなかったそうです。

なお、エキストラには節約のためスタローンの家族達も出演したそうです。

弟のフランク・スタローンは序盤に登場する街頭で歌を歌ってたむろする若者達の一員として、父のフランク・スタローン・シニアはゴングを叩く役として出演しました。

実はこの映画には、前述したスタローンの愛犬・バッカスも出演しています。

スタッフにも同様の節約がなされ、当時のスタローンの妻・サーシャはスチル写真のカメラマンとして参加していたそうです。

監督のアビルドセンのギャラは相場の半額で、プロデューサーのウィンクラーは自身の家を抵当にして予算を集めたといいます。

映画の反響

製作後、スタローンは母を伴って映画監督を招いた試写会を開きましたが、監督達は全くの無反応で、終了すると足早に退席したそうです。

これに深く失望したスタローンは母に「僕はやるだけやったよ」と答え、帰ろうと席を立ちました。

すると出口前で退席した監督達が集まっており、万雷の拍手で迎えられたので、スタローンはとても感動したと言います。

公開当初、無名俳優の書いた脚本をB級映画出身の監督が製作するという背景から、作品に対する周囲の視線は冷ややかでした。

しかし、映画はそのストーリーの秀逸さから観客の心を掴み、瞬く間に全米だけで1億ドル(約100億円)の興行収入を記録しました。

そして、同年の第49回アカデミー賞で「作品賞」を獲得するなど、国内外の映画賞において群を抜く数の映画賞を受賞したのです。

シルベスター-スタローン-第49回アカデミー賞授賞式

第49回アカデミー賞で見事「作品賞」を受賞

映画の主人公ロッキーは、生き甲斐を持てずに彷徨い続ける日々から一夜にして栄光を掴みました。

同様に、主演と脚本を担当したスタローンも、無名俳優から、この作品の大ヒットで一躍スターダムに上り詰めるという、二重写しの快挙となりました。

これが、制作過程における、“もう一つのストーリー”です。

以上、解説が長くなりましたが、映画自体のストーリーと、その制作過程に至るストーリーの2つともがチャレンジ・プロットに沿っているのがお分かりでしょうか。

このunderdog(弱者)が大きな目標に立ち向かい、多数の困難を乗り越えながらも勝利する、といったプロットは誰もが共感する定番的なストーリーです。

WARBY PARKER(ワービー・パーカー)の事例

米国で人気の高いオンラインアイウェアショップのワービー・パーカーは、このチャレンジ・プロットに沿ったストーリーテリングに成功し、支持を集めています。

warbyparker-ホームページ
出典:WARBY PARKER

アイウェア業界というものは、ある一つの多国籍企業が世界全体のメジャーなアイウェアブランドの生産をおこなっているそうです。

そのため、価格は仲介業者である“彼ら”にとって非常に有利なものになっており、逆に消費者側にとって不利になることが多い状態だったそうです。

ワービー・パーカーは、このような業界の寡占状態を打ち破るようなチャレンジを試みることをミッションとしました。

いわば、後発組の弱小企業(underdog)が、大きな利益を享受していた大企業に立ち向かう、といった構図を作ったのです。

そのメッセージとストーリーを、ソーシャルメディアを通して拡散し、多くの顧客からの支持を得てきました。

同社が販売するメガネの価格は、通常レンズとフレームをあわせて95ドル~です。

100ドル以下という価格は、生産から小売のあらゆるプロセスを自社で行い、マーケティングや販売をオンラインで行うことで可能になったものです。

仲介業者を中抜きすることで、同社はより高品質なメガネを作ることができるようになったと言います。

ワービー-パーカー-共同創業者-ニール-ブルメンサル

ワーピー・パーカーの共同創業者であるニール・ブルメンサル

「消費者に直接販売するというやり方で、仲介業者を中抜きでき、浮いたコストを価格に反映している」

「このやり方で従来は多国籍企業に渡っていた膨大な金額を、一般の人々に回すことが可能になった」

と、ワービー・パーカーの共同創業者、ニール・ブルメンサルは話します。

このように、スタートアップの理想に燃える企業が、それまで最終小売価格を高くしていた原因である大企業に立ち向かっていくといったチャレンジ・プロットは、消費者の共感と支持を呼びます。

これは、私達それぞれの業界でも使用できる可能性があります。

ぜひ、あなたのビジネスにおいて、こちらのチャレンジ・プロットが実現できないか考えてみてください。

2. コネクション・プロット

次に、コネクション・プロットについてご紹介します。

こちらは、「人と人」や「人と社会」とのつながりを重視するストーリーを打ち出すプロットです。

このプロットの中では、顧客が様々なコミュニティや人々と接することができるプラットフォームを提供することや、その企業が社会全体のつながりを促進するような媒体になることを主張します。

ADNAMS SOUTHWOLD(アドナムス サウスウォルド)の事例

イギリスの海岸線の町サウスウォルドに、ADNAMS SOUTHWOLD(アドナムス サウスウォルド)というビール醸造会社があります。

adnams-southwold
出典:ADNAMS SOUTHWOLD

こちらは、1872年創業の歴史あるブルワリーで、ビールの醸造やパブの経営をメインとしながらも、3つのホテル経営やスピリッツの醸造、輸入ワインの販売などをおこなっています。

adnams-southwold-ホームページ

出典:ADNAMS SOUTHWOLD

アドナムスは、「一連の企業活動を通して、社会にポジティブな影響を与える」というメッセージを発信しています。

具体的には、地球環境に負担をかけないような製品の製造方法にこだわったり、ビールの醸造やホテルの経営に必要な資源を地元の農家や企業から調達する、といったことです。

また、製造過程で生まれた廃棄物をバイオガスに転換するよう試みたり、屋上緑化をおこなってエネルギー効率を高めたり、地元の海岸を清掃するなど、様々な活動に取り組んでいます。

彼らは、資源の調達や環境問題への真剣な取り組みを通して、地域社会やコミュニティへの貢献をおこなうことをポリシーと定めてきました。

そして、これらのメッセージを、動画を始めとする様々な媒体でストーリーとして発信することにより、アドナムスは大きな支持を得られるようになってきたのです。

アドナムスのマーケティングディレクターであるエマ・ヒバートは、「ブランドのストーリーがあると、競合他社との比較対象から別格として認識されるようになる」と言います。

アドナムスはビール醸造所の見学ツアーもおこなっていますが、こちらのツアーは非常に人気があるそうです。

adnams-southwold-工場見学
出典:ADNAMS SOUTHWOLD

そして、そのツアーの現場でも、彼らのストーリーを繰り返し語ることによって、強い感情的なつながり(エンゲージメント)が生まれています。

その結果として、新たなストーリーの語り手を増やし、リピートの売上が増えることを実感しているそうです。

特に、アドナムスの活動は誰が聞いても共感できるメッセージのため、多くのファンを増やしていると言えます。

もしもあなたの会社がアドナムスのように、地域社会や社会全体に対して貢献する活動を行っているのであれば、このようなストーリー作りは中長期的に大きく売上に貢献するはずです。

3. クリエイティブ・プロット

最後に、クリエイティブ・プロットをご紹介します。

これは、ある天才発明家が、それまでの常識を覆すような全く新しい発見を公表することに似ています。

具体的には、その新しい発明や発見が既存の常識を破壊し、まったく新しい基準を確立するまでに至るストーリーを語ることです。

このようなストーリーを聞くと私たちも天才発明家と同じようになれたような気持ちになり、気持ちが高揚してきます。

その結果として、顧客もぜひその一部に関わりたい、と思ってもらえるようになるのです。

こちらでは、クリエイティブ・プロットに関する事例をご紹介します。

Asana(アサナ)の事例

asana-ホームページ
出典:Asana

Asana(アサナ)は、2008年に米国カリフォルニアで生まれた企業です。

共同創業者のダスティン・モスコヴィッツとジャスティン・ローゼンスタインは、この企業を創業するまではFacebookで従業員の生産性を高める仕事をしていたそうです。

ちなみに、ダスティン・モスコヴィッツは、トップのマーク・ザッカーバーグを含む4人のFacebook共同創業者の一人でもあり、2012年の世界最年少ビリオネア(個人資産10億円以上を表す億万長者)になった人物です。

なお、2016年時点において、彼はまだ32歳にも関わらず、総資産は92億ドル(約9,200億円)もあるそうです。

ダスティン-モスコヴィッツ

若き天才億万長者 ダスティン・モスコヴィッツ

現代のオフィスでは、実に多くの時間がEメールの対応に費やされています。

届いたEメールに返信をしたり、転送をしたりしますが、この活動はコミュニケーションやアイデアのディスカッションに貢献しにくいと言われています。

彼らは、Facebookの開発に関わっていた時、より効率的に共同作業を進めることのできるツールを求めていたそうです。

なお、開発の元々のきっかけは、前職において、とんでもなく頭の良い人達が、重要ではない仕事でつまずいていたことにあったそうです。

彼らは、「仕事のための仕事」、つまり関わっているプロジェクトに関する過去の情報の確認、余計な情報ばかり書かれた長々としたEメールスレッドの確認、互いの仕事の状況を確認するといった作業に多大な時間を費やしていました。

そんな状況を目の当たりにして、二人はフラストレーションを感じるようになっていました。

最初はFacebook社内で「Tasks」という社内ツールを開発し、それを運用していたのですが、その後、自分たちがこの仕事を専業でおこなうべきだ、という考えに至ったそうです。

そこで、ダスティン・モスコヴィッツとジャスティン・ローゼンスタインは、新しいプロジェクト管理ツールを開発し、「Asana(アサナ)」と名付けました。

これは、チームで仕事をおこなう時のタスクの割り振りやディスカッションを、Eメール無しで実現できる画期的なツールです。

このツールを使うことによって、Eメールほど時間を取らないにも関わらず、タスク管理を含めて、仕事を進める上で生産性の高いコミュニケーションが取れるようになりました。

asanadotcom
出典:Asana

このサービスをスタートさせた後、二人は懸命に仕事をして、初期にAsanaを導入したチームたちの事例を素晴らしい成功へと導いたそうです。

未来の顧客は、既存の顧客が自社のミッションを追求するのにどれだけAsanaが役に立ったかを耳にすることで、自分たちも使ってみたいと思うようになります。

Eメールでのコミュニケーションでは実現できなかったクリエイティブな利便性を強調したストーリーを語ることによって、瞬く間に彼らのサービスは支持されるようになっていきました。

その結果として、Asanaはセールスフォースやウーバーのような大企業も活用する人気ツールとなったのです。

もしもあなたのサービスや商品が業界の中で独創性があるなら、ぜひこのクリエイティブ・プロットのストーリーを語ると良いでしょう。

まとめ

以上、本記事ではストーリーテリングの方法として、

  • チャレンジ・プロット
  • コネクション・プロット
  • クリエイティブ・プロット

といった3つのフレームワークをご紹介しました。

このフレームワークを活用すれば、ヒーローズ・ジャーニー(神話の法則)のようなストーリーの黄金則とはまた異なる視点で、あなたのストーリーを作っていただけることと思います。

冒頭でお伝えした通り、ソーシャルメディアが発達している現代では、優れたストーリーは一瞬にして世界に拡散していきます。

ぜひ、あなたのストーリー、あなたの会社のストーリー、あなたの商品のストーリーを作り、市場に公開されてみてください。

なお、ストーリーを公開していく際には、以下のような方法が効果的です。

  • ホームページへの掲載
  • ブログへの投稿
  • Facebook(プロフィールページ・Facebookページ)への投稿
  • YouTubeでの動画投稿
  • ステップメールへの掲載
  • 広告での紹介
  • 電子書籍への掲載

あなたにとって最適なメディアでストーリーを継続的に伝えていくことで、中長期的に大きな売上に貢献するようになるはずです。

なお、セールスをおこないながら同時にストーリーテリングを成功させる方法として特に有効な方法は、「ステップメールでのストーリーテリング」「ウェビナー(またはオンライン動画)でのストーリーテリング」です。

具体的には、あなたの商品やサービスに興味を持ってくれた見込み顧客のメールアドレスに、何本ものステップメールを通して、ストーリーテリングをおこなうのです。

また、ステップメールの過程でウェビナー(またはオンライン動画)でのストーリーテリングを取り入れるのであれば、映像の最初に、あなたのストーリーテリングをおこなうのです。

まだあなたのことを十分に知っていない状態であれば、あなたが語るストーリーテリングを知ることによって、共感を持ちながらその先のセールスを受け入れてもらえる可能性が高まります。

そのためにも、まずは本記事でご紹介したフレームワークの1から3のいずれかを選択して実践されてみることをお勧めします。

なお、本記事のテーマに興味をお持ちいただけたなら、ぜひ以下の記事もお読みになってみてください。

ヒーローズ・ジャーニー(神話の法則)をビジネス活用する5ステップ

売れるコピーライティングの書き方が分かる!5つの原則と推薦本9冊

売れるウェビナーの作り方21ステップ(2時間で5,364万円の販売実績)

きっと、あなたのお役に立てるはずです。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

小谷川-拳次

リードコンサルティング株式会社
代表取締役 小谷川 拳次

【本記述の無断転載・転用・盗用を一切禁止します】
無断転載・転用・盗用といった著作権侵害には民事上・刑事上の罰則が適用されます。
当社コンテンツに関して著作権侵害行為が発見された場合、事前通告なく当社顧問弁護士が然るべき法的措置を取りますので、ご注意ください。
※当社ではコンテンツの無断転載・転用・盗用を防ぐため24時間体制でシステムを使った監視をおこなっており、当社コンテンツと同じ表現は全て自動的に検出されます。
Copyright (C) Lead Consulting Co., Ltd. All Rights Reserved.

オンラインスクールを構築して安定的な継続収入を手に入れる方法

あなたがお持ちの専門知識をお金に換金し、無限の収入と無尽蔵の集客を実現する“オンラインスクール”の構築方法に興味はありませんか?こちらでは、2011年の黎明期からデジタルコンテンツビジネスで実績を出し続け、累計30億円以上の売上を得てきた「デジタルコンテンツビジネスの第一人者」が、“売れるデジタルコンテンツビジネスを作る21の原理原則”を僅か80分の無料ウェビナーで公開します。

ウェビナー登録者限定特典 特別MP3音声データ(45分24秒)プレゼント!

今すぐこちらをクリックして無料ウェビナーを視聴する

あなたのコメントをシェアしてください

この記事をご覧になって、あなたはどのような学びがありましたか?
また、ビジネスの現場で何を実践しようと決意されましたか?

ぜひ、以下にあなたのコメントをシェアいただければ幸いです。

14件のコメント

  1. 私もいつも同じ企業の商品を選んでいましたが、ストーリーテリングに魅せられていた可能性に気づきました!とても勉強になる記事をありがとうございました!

  2. 初めての知識なので、是非実践活用、事業成果に結び付けたいです。

  3. 興味深く拝見したいと思います。
    よろしくお願いします。

  4. ストーリーを考えてみようと思いました

  5. 読んでいない。まだ読んでいないので、わからない。楽しみにしています。

  6. 自分をブランディングするためにストーリーテリングの重要性を知りました

  7. とても参考になりました。さっそく活用したいと思います。

  8. ストーリーテリングに関しては以前から関心があり、HP等にも反映させてきました。我流でやってきていたので、最近になって書籍も入手して学び始めています。是非とも参考にさせていただきたく、よろしくお願いいたします。

  9. 読ませていただきます

  10. 大変勉強になりました。自分でも実践します。

  11. 物語の重要性はわかっていますが、ビジネスでは使えていません。勉強して、使えるようになりたいです。

  12. 繰り返し読みたいのでダウンロードさせていただいます

  13. いつも情報ありがとうございます。

  14. 勉強させて頂きます。

人気の記事

  • ヒーローズ・ジャーニー(神話の法則)をビジネス活用する5ステップ

    ヒーローズ・ジャーニー(神話の法則)をビジネス活用する5ステップ

    あなたは、お客様の共感を生むストーリーの作り方に悩んでいませんか? そして、あなたのストーリーに共感したお客様が強力なファンになり、あなたのビジネスを応援してくれる方法を知りたいと思いませんか? そこでお勧めの方法が、「ヒーローズ・ジャーニー:The Heroes Journey(神話の法則)」という理論です。 ヒーローズ・ジャーニー(神話の法則)とは、世界の映画市場において、もっとも商業的な成功をおさめているハリウッドの映画業界に大きな影響を及ぼしたと言われる有名な理...
    8,191 views
  • あなたのパーソナルブランディングを成功させる6ステップと最新事例

    あなたのパーソナルブランディングを成功させる6ステップと最新事例

    あなたは、ライバルの多い競合市場で、顧客に選ばれるための方法に悩んでいませんか? そして、できれば価格に関係なく、あなたやあなたの会社が顧客から指名して選ばれる状況を作りたいと思いませんか? そこでお勧めの方法が、「パーソナルブランディング(Personal Branding)」です。 パーソナルブランディングとは、あなたについて、特定のイメージや印象を人々の中に築き上げる継続した行為を指します。 これは、ある個人が発信するブランディング・メッセージを通して「個人...
    4,441 views
  • 電子出版して印税を得る方法とは?売れる電子書籍の作り方9ステップ

    電子出版して印税を得る方法とは?売れる電子書籍の作り方9ステップ

    あなたは、電子書籍を出版すると一体いくらの印税が手に入るのか、具体的な印税率の計算方法を知っていますか? 特に、電子書籍販売のメインプラットフォームであるAmazonのKindleストアにおける印税の仕組みを把握しておくことは非常に大切です。 日本における電子書籍の市場規模は、2011年から2016年の5年間で3.5倍に拡大しました。 このように、ここ数年の間で急成長している電子書籍市場で何冊もの電子書籍を作り、販売に成功すれば、あなたは多額の印税を手にすることができま...
    9,444 views
  • 動画マーケティング基本の7ステップと3つのYouTube集客方法

    動画マーケティング基本の7ステップと3つのYouTube集客方法

    あなたは、「YouTubeに動画をアップして売上を伸ばしたいけれど、具体的な方法が分からない」または「動画を作るのは難しそうで、つい後回しにしてしまう」といった悩みを抱えていませんか? そんなあなたにお勧めしたい方法が、すでに効果が実証された動画マーケティングとYouTube集客の基本を実践することです。 実は、正しいステップに従って動画を作り、YouTubeにアップするだけで、動画へのアクセスを増やして集客を成功させることは簡単です。 しかも、人気の高い動画を作ること...
    2,895 views
  • 電子書籍で収益を得たい方必読!3つのビジネスモデルと9つの戦略

    電子書籍で収益を得たい方必読!3つのビジネスモデルと9つの戦略

    あなたは、電子書籍を書いて多額の印税を手にしたいと思い立ったものの、具体的な電子出版の方法が分からず、何から手を付ければ良いか悩んでいませんか? また、何とか自分で電子出版してみたものの、電子書籍が全く売れずに困っていませんか? 実は、電子書籍を出版して成功するためには、特定の方法論とフレームワークがあるのです。 こちらでは、「電子書籍の概要」を分かりやすく解説しながら、「電子書籍で収益を得る3つのビジネスモデル」や「電子書籍マーケティングを成功させる9つの戦略」を中心...
    7,344 views
  • 会員制ビジネスの始め方-初心者も安心の7ステップと成功事例12選

    会員制ビジネスの始め方-初心者も安心の7ステップと成功事例12選

    あなたは、毎月安定した売上が期待できる「会員制ビジネス」に興味はありませんか? そして、何種類もの会員制ビジネスから複数の安定的な継続収入があり、売上の将来予測も簡単にできるようになれば良いと思いませんか? 「ある月に大きな売上があっても翌月はゼロからのスタート」という経営は非常に不安定ですが、会員制ビジネスはストック収入が積み上がっていくため、安定的な経営が実現できます。 そこで本記事では、会員制ビジネスの始め方と成功事例12選をご紹介します。 実際に弊社もこの方法...
    1,747 views

新着ブログ記事

ブログ記事一覧

オンラインスクールを構築して安定的な継続収入を手に入れる方法

あなたがお持ちの専門知識をお金に換金し、無限の収入と無尽蔵の集客を実現する“オンラインスクール”の構築方法に興味はありませんか?こちらでは、2011年の黎明期からデジタルコンテンツビジネスで実績を出し続け、累計30億円以上の売上を得てきた「デジタルコンテンツビジネスの第一人者」が、“売れるデジタルコンテンツビジネスを作る21の原理原則”を僅か80分の無料ウェビナーで公開します。

ウェビナー登録者限定特典 特別MP3音声データ(45分24秒)プレゼント!

小谷川 拳次

小谷川 拳次

リードコンサルティング株式会社 代表取締役

ネット集客のエキスパートとして、累計300社以上の企業に対してネットマーケティングに関するコンサルティングを行っている。売上向上の成功を望む数多くの企業に対して「集客参謀」の役割を担う。 SEOやGoogleアドワーズ等のキーワード広告を用いた集客方法に加え、FacebookやTwitter、ブログ、YouTubeといった最先端のソーシャルメディアを駆使した集客方法を得意とする。 現在、国内における「ソーシャル・レスポンス・マーケティング」の第一人者として活躍している。全国の商工会議所、企業における講演実績多数。 著書に「小さな会社がお金をかけずにお客さまをガンガン集める方法」(中経出版)、「Facebookでお客様をどんどん増やす本」(中経出版)、「電子書籍を無名でも100万部売る方法」(東洋経済新報社)がある(本書はキンドルストアヒット商品ランキング4位を記録)。その他にも10冊の電子書籍の出版を行っている。

他の記事を見る
今すぐ無料でPDFをダウンロードしてください
こちらにメールアドレスを登録すると、今すぐ本記事をPDF形式でダウンロードしてお読みいただくことができます。PDFのダウンロードリンクは登録いただいたメールアドレス宛にお送りいたします。
1 / 2
50%完了 これが最後のステップです。
あなたのご感想や期待の声をご記入ください!

※PDFのお届けにはコメントの入力が必要です※

この記事をご覧になって、あなたはどのような学びがありましたか?また、ビジネスの現場で何を実践しようと決意されましたか?ぜひ、以下にあなたのコメントをシェアいただければ幸いです。(まだお読みでない方は、この記事への期待の声をお寄せください!)

2 / 2
ご登録ありがとうございます!メールをお送りしました。
ご登録ありがとうございます!登録いただいたメールアドレス宛にPDFのダウンロードリンクをご案内するメールをお送りしました。
50%完了 これが最後のステップです。
【無料】デジタルコンテンツビジネスのルール 特別ウェビナー
2 / 2