あなたのパーソナルブランディングを成功させる6ステップと最新事例

最終更新日:2018年5月16日
2,020 views

あなたは、ライバルの多い競合市場で、顧客に選ばれるための方法に悩んでいませんか?

そして、できれば価格に関係なく、あなたやあなたの会社が顧客から指名して選ばれる状況を作りたいと思いませんか?

そこでお勧めの方法が、「パーソナルブランディング(Personal Branding)」です。

パーソナルブランディングとは、あなたについて、特定のイメージや印象を人々の中に築き上げる継続した行為を指します。

これは、ある個人が発信するブランディング・メッセージを通して「個人ブランド」を構築し、ビジネスを有利に展開していく方法を意味します。

パーソナルブランディングに成功すると、あなたのマーケティングの土台を強固にし、中長期的に見た場合、必ず売上に貢献するようになります。

そこで本記事では、パーソナルブランディングに成功するための6ステップと具体的な最新事例をご紹介します。

実際に、この方法に従ってパーソナルブランディングに成功した(最初は無名の個人だった)著名人たちは、ある市場においてNo.1の地位を獲得しています。

その結果、彼らの商品やサービスがどんなに高額であっても指名で選ばれるようになっています。

こちらの内容をお読みいただければ、あなたはパーソナルブランディングに成功し、どんなに強力なライバルが存在する市場でも必ずあなたが選ばれるようになるはずです。

ぜひ、こちらでご紹介するパーソナルブランディングの方法を参考にされてみてください。

パーソナルブランディングとは?

本記事のテーマは、「あなたのパーソナルブランディングを成功させる6ステップと最新事例」です。

パーソナルブランディング(Personal Branding)とは、あなたについて、特定のイメージや印象を人々の中に築き上げる継続した行為を指します。

Wikipediaによると、パーソナルブランディングの考えは、1937年にナポレオン・ヒルの書籍『Think & Grow Rich』(日本での書籍名『思考は現実化する』)の中で、莫大な富を築く方法に関連して初めて紹介されたそうです。

Think-&-Grow-Rich-Napoleon-Hill-思考は現実化する-ナポレオン-ヒル-表紙

Think & Grow Rich』Napoleon Hill (著)

思考は現実化する-ナポレオン-ヒル-表紙

思考は現実化する』ナポレオン ヒル(著)

そして、その後、「個人のキャリア」の成功のために使われた時代があり、インターネットが普及した現在では、違ったレベルでパーソナルブランディングの活用が必要になっている、と言われています。

ブランディングと言えば、長年にわたり、「企業」や「企業の商品」について語られ、実践されてきました。

それが、現在では、ひとりの「個人」として、ブランディングが必要とされる時代になっています。

たとえば、あなたが個人でビジネスを行っていたとしましょう。

その場合、あなたの見込み顧客となる人々は、実際にあなたに仕事を依頼する前に、あなたの情報をリサーチしてから会うことが多いはずです。

具体的には、インターネット上であなたのホームページや、あなたが発信しているソーシャルメディアなどの情報を見て、あなたという存在が自分にとって有益かどうかを判断します。

もちろん、その過程では、同じようにあなたの競合となるライバルたちも選択肢の候補に挙がってくることでしょう。

このような場合、すでに「ブランド」同士の競争が始まっている、といっても過言ではありません。

もしあなたがインターネット上で自分自身の存在、すなわち「ブランド」を高められなければ、検討の候補にすら上がらない、というのが現代の実情です。

しかし、これは逆に言えば、もしあなたがインターネット上であなたの「ブランディング・メッセージ」を発信することができれば、ライバルの中でも頭一つ抜きんでた存在として認識してもらうことができるということです。

このように、ある個人が発信するブランディング・メッセージを通して「個人ブランド」を構築し、ビジネスを有利に展開していく方法が、パーソナルブランディングです。

そして、これはあなたのマーケティングの土台を強固にするものになります。

パーソナルブランディングを構築していくためのメッセージは、セールスレターのように何かを直接買わせるようなものではありませんが、中長期的に見た場合、売上に貢献します。

昔は、ブランドを作るためには、多くの人の目にメッセージを届ける必要がありました。

そのために、雑誌や新聞の広告に出稿したり、テレビ出演など公の場に出ていくことが必要でした。

しかし、今はネットだけを使って、多くの人に情報発信することが可能になっています。

すなわち、あなたがどのようなメッセージを選択的に発信するのかを意識していくだけで、多くの方にあなたのブランドイメージを形成していくことが可能になっているのです。

そこで本記事では、海外の著名なマーケターを始め、様々な成功者達の情報発信方法を解説しながら、パーソナルブランディングの形成に必要なステップを解説していきます。

ぜひ、あなたのパーソナルブランディングに活用されてみてください。

パーソナルブランディングを成功させる6ステップ

インターネット上でのパーソナルブランディングに必要なことは、

「あなたがターゲットとする人々に、あなたについてどのようなイメージを持ってもらいたいかを決め、それを実現するために意図を持って継続的に情報発信を行っていくこと」

と定義することができます。

こちらでは、あなたがパーソナルブランディングを始めるために重要なステップを紹介しながら、海外の著名人のページを見ていきます。

ステップ1. 何の専門家であるかを定義する

あなたがブランディング・メッセージを発信する上でもっとも大切なことが、「何の専門家であるか」を定義することです。

これは、あなたがパーソナルブランディングをおこなう上で、一貫して伝えていくイメージの根幹をなすものです。

たとえば、Facebookをビジネスに活用する場合を考えてみましょう。

単に「いいね!」の数を増やしたいなら、たとえば美味しそうな食事の写真を継続して投稿すれば良いでしょう。

しかし、それでは「いいね!」の数がいくら増えても、あなたのビジネスにはつながりません。

大切なことは、投稿に、あなたのビジネスの専門性を表現する内容を加えることです。

その場合、もしかしたら「いいね!」の数は少なくなるかもしれません。

しかし、その投稿に共感する方にリーチできれば、あなたに直接メッセージを届けてくれたり、あなたが投稿に挿入するホームページやオプトインページのリンクにアクセスしてくれる可能性が高くなります。

その結果、単なる「いいね!」の数を目的とした投稿と比較して、ビジネスにつながりやすくなるわけです。

そこで、このような情報を発信していくためにも、あなたが「どの分野で、何の専門家として地位を築くか」をあらためて定義することがパーソナルブランディングの最初のステップになります。

例えば、医師であるこちらのジョセフ・メルコーラ(Dr. Joseph Mercola)氏は、健康や栄養の専門家としての地位を築いています。

ジョセフ-メルコーラ-Joseph-Mercola-Facebook-ページ

出典:ジョセフ・メルコーラ(Dr. Joseph Mercola)Facebookページ

彼のFacebookページでも、常に専門性を中心とした投稿を継続しており、現時点で1,781,769人ものファンがついています。

彼の投稿の特徴としては、有益な記事ゆえに「シェア」される回数が非常に多いことです。

以下の記事は「なぜ長時間座り続けることがあなたの健康を損なわせるか」という趣旨の投稿で、1,569回もの「シェア」がされています。

ジョセフ-メルコーラ-Joseph-Mercola-Facebook-ページ-why-sitting-down-all-day-is-killing-you

また、彼のホームページのプロフィールに関するページでは、彼が何に関する専門家であるのかについて詳しい記述が解説されています。

ジョセフ-メルコーラ-Joseph-Mercola-プロフィール

出典:ジョセフ・メルコーラ(Dr. Joseph Mercola) ホームページ

これまでの経歴に加えて、CNNやCBS、Time紙やフォーブス紙など、著名なマスメディアで取り上げられた実績を紹介しています。

彼のFacebook記事を読み、ホームページでこれらのプロフィールを確認すれば、ジョセフ・メルコーラ氏が健康の専門家であることが明白に理解できます。

その結果として、彼自身のパーソナルブランディングに成功することができるのです。

次の事例として、ベストセラー著者であり、自己啓発コーチとして有名なブレンドン・バーチャード(Brendon Burchard)氏をご紹介します。

彼は、人々がもつ専門的な知識や人生の経験をお金に変えていく「エキスパートビジネス(Expert Business)」構築の専門家として、米国で圧倒的な地位を築いています。

ブレンドン-バーチャード-Brendon-Burchard-ホームページ

出典:ブレンドン・バーチャード(Brendon Burchard) ホームページ

なお、彼のパーソナルブランディング手法については、より詳しい内容を後述します。

次に、こちらのダニエル・エーメン(Daniel Amen)氏は、アメリカで最も高い知名度を誇る精神科医であり、脳科学の専門家です。

ダニエル-エーメン-Daniel-Amen-Facebook-ページ

出典:ダニエル・エーメン(Daniel Amen) Facebookページ

彼は脳精神科医学の分野において脳画像の診断を取り入れた研究を行い、高い診療効果をもたらした人物として有名です。

彼もまた、ジョセフ・メルコーラ氏と同様、Facebookページで専門性の高い記事を投稿したり、動画コンテンツを撮影して投稿しています。

そのような活動の結果、彼の専門性における知名度は傑出したものになっています。

ダニエル-エーメン-Daniel-Amen-Facebook-ページ-投稿

出典:ダニエル・エーメン(Daniel Amen) Facebookページ

以上のように、彼らの現在の状況だけを眺めると、始めから有名人だったのではないかと思われるかもしれません。

しかし、彼らもある分野の専門家として認識されるまでは、専門的な情報発信を続けていくという地道なブランディング活動を続けてきました。

そこで、あなたがパーソナルブランディングを成功させる上では、あなたが何の専門家であるかを、あらためて定義してみてください。

なお、専門家としての分野を絞れば絞るほど、ブランドを確立できる可能性が高まります。

たとえば、単なる「健康」の専門家よりは、「ダイエットを通した健康」の方が、よりメッセージを絞り込むことができます。

また、「ダイエットを通した健康」の中でも、「食事管理を通したダイエット」とメッセージを絞り込むと、さらに専門性が高まります。

このように、特定の専門分野でも、3つほど絞り込んでいくと、専門家としてのブランドが確立しやすくなります。

パーソナルブランディングに成功した著名人の現在の姿を見ると、多岐にわたった分野を扱っているように見えることがあります。

ただ、そのような姿を見て、広い分野、広いターゲットを最初から設定することにはリスクがあります。

なぜなら、専門分野が広がれば、それだけ競合の数も広がるからです。

そうすると、ブランドを築くまでの道のりが、とても難しくなる可能性があります。

そのためにも、あなたがご自身の専門性を定義する際には、特定のテーマの中で3つは専門性を掘り下げてみることをお勧めします。

ステップ2. 集めたいターゲットを定義する

あなたが何の専門家であるかを定義したら、次にあなたがパーソナルブランディングを行う過程で集まって欲しいターゲットをあらためて定義します。

この場合、「あなたの専門性を最も求めている人は誰か」、という視点から考えると良いでしょう。

ターゲット設定をおこなう際には、マーケティングの基本でもある「ペルソナ設定」を行うことが最も有効です。

性別、年代層、仕事の属性、生活環境、趣味嗜好など、様々な要素を検討していくと、おそらく既存の取引先の中で「●●さん」といった具体的な人物像が浮かび上がるはずです。

そして、そのような理想的なターゲット像が設定できたら、「もしその人が初めて自分のメッセージを読むとしたら、どのような内容に最も共感してくれるだろうか?」と考えることです。

このターゲット設定が曖昧なままに、パーソナルブランディングを成功させることはできません。

まずはあなたの理想とするターゲットを明確に定義することを進めていきましょう。

ここで決めたターゲットに向けて、あなたはブランディングを行っていくことになります。

なお、もしもあなたがビジネスでFacebookページを活用しているなら、「インサイト」機能を活用されることをお勧めします。

こちらでは、あなたのFacebookページに興味を持つ方々がどのような属性を持っているのか、ある程度の正確性をもって把握することが可能です。

たとえば、こちらは私のFacebookページにおける「利用者」の属性となります。

小谷川-拳次-Facebook-ページ-インサイト

出典:小谷川拳次 Facebookページ

インサイトによると、男性が68%、女性が31%となり、年齢層も考慮すると「35歳~54歳の男性」が、コアなターゲットになることが理解できます。

ステップ3. コア・メッセージを作る

コア・メッセージとは、簡単に言うと、あなたのブランドをより強く印象付けるために繰り返し使う短い言葉になります。

これは必ずしも、商品やサービスを直接描写する言葉だけでなく、あなたの提供する価値を表す言葉や、あなたの理念や信条、人々に伝えたいこともコア・メッセージとなります。

なお、「Change」というコア・メッセージを繰り返し伝えることによって人々に「変革」というイメージを築き上げ、米国大統領選に当選することができたオバマ元大統領の事例があります。

オバマ元大統領-ホームページ

出典:オバマ元大統領 ホームページ

オバマ元大統領は、あらゆるスピーチの機会やソーシャルメディア上のメッセージ発信において、この「Change」という言葉を繰り返し訴えました。

その結果、「オバマ大統領」=「変革の旗手」といったパーソナルブランディングに成功することができたと言えます。

その他の事例として、米国で「ビデオマーケティング・クイーン」として活躍しているマリア・アンドロス(Maria Andros)氏をご紹介します。

彼女の場合、ホームページや動画の中で繰り返し、「THE ANSWER IS YOU(答えはあなたの中にある)」という言葉を伝えています。

マリア-アンドロス-Maria-Andros-ホームページ

出典:マリア・アンドロス(Maria Andros) ホームページ

下記のように、YouTubeチャンネルのチャンネル紹介動画の中でも繰り返しています。

マリア-アンドロス-Maria-Andros-YouTube-チャンネル

出典:マリア・アンドロス(Maria Andros) YouTubeチャンネル

次に、米国の人気作家であるティモシー・フェリス(ティム・フェリス:Timothy Ferriss)氏の事例をご紹介します。

ティモシー-フェリス-ティム-フェリス-Timothy-Ferris-ホームページ

出典:ティモシー・フェリス(ティム・フェリス:Timothy Ferriss) ホームページ

彼は、もともと起業家でしたが、あまりのハードワークに大変な思いをしていました。

そこで、究極的に生産性を高めることによって、週にたった4時間働くだけでも十分な収入を得る方法を考え、そのノウハウを書籍化したところ、ベストセラーになりました。

その著書のタイトルは、『The 4-Hour Workweek』(『「週4時間」だけ働く。』)でした。

The-4-Hour-Workweek-表紙

The 4-Hour Workweek』Timothy Ferriss (著)

 

「週4時間」だけ働く。-表紙

「週4時間」だけ働く。』ティモシー・フェリス(著)

その後、『The 4-Hour』という言葉は「短時間で何かを習得する」という意味でブランド化し、ライフハック(仕事術・生活術)の専門家として、様々な分野で方法論を展開しています。

その後、『The 4-Hour Body』や『The 4-Hour Chef』という肉体改造やクッキングに関する書籍も出版し、ベストセラーになっています。

彼の場合、常に『The 4-Hour』という言葉をパーソナルブランディングのコア・メッセージとして活用していることが分かります。

このように、繰り返し使うことで、あなたの世界観を人々の中に築いていくのが、コア・メッセージの力です。

コア・メッセージは、パーソナルブランディングを実行していく上で大変効果的な要素になります。

ぜひ、あなた自身のコア・メッセージを作ってみてください。

そして、コア・メッセージができたら、ホームページやブログやFacebookページのヘッダー画像、YouTubeやメールの署名欄など、あらゆるところで使っていきます。

ステップ4. ブランディング・ステートメントを作る

ブランディング・ステートメントとは、

  • あなたはどんな人物なのか?
  • 今まで何をしてきたのか?
  • 現在、何を提供しているのか?
  • なぜ、それを提供しているのか?
  • 価値観、信念は何か?

といった趣旨を打ち出していく文章です。

「プロフィールをよりブランディングに特化させたもの」と考えるとイメージしやすいと思います。

人々があなたに対してどのような印象を持つかは、あなたがいかに自分自身を表現するかによって左右されます。

そこで、決定的に重要になるのが、このブランディング・ステートメントです。

あなたが自分自身のブランディング・ステートメントを作る時の最も重要なポイントは、あなたのストーリーを加えていくことです。

アメリカの著名な詩人である、マヤ・アンジェロウは、「あなたが何を言ったか、何をしたかは忘れられるが、あなたが人々にもたらした感情は決して忘れられない」と伝えています。

また、認知科学者、ロジャー・C・シャンクの言葉に、「人間は論理を理解するようにはできていない。人間は物語を理解するようにできているのだ」というメッセージがあります。

これまでも「ヒーローズ・ジャーニー(神話の法則)をビジネス活用する5ステップ」の記事でストーリーの大切さはお伝えしてきましたが、ストーリーは読み手の心に直接メッセージを届け、特別な感情を引き起こすことができます。

ストーリーを作る際には、なぜ読み手はあなたのサイトを訪れているのか、という視点を忘れないようにします。

読み手は、あなたの文章を単に読み物として読むわけではありません。

何らかの問題や、達成したいゴールを持っていて、その解決策を探しています。

そのためにも、まずはあなたが誰で、今まで何をしてきて、現在どのような価値を提供しているかを明確にします。

その上で、読み手の問題を解決することができる人間であることを伝えていくことが、ブランディング・ステートメントを活用するポイントとなります。

こちらでは、ブランディング・ステートメントのストーリーの好例として、前述したマリア・アンドロス氏のプロフィールページを見ていきます。

マリア-アンドロス-Maria-Andros-ブランディング-ステートメント-概要

出典:マリア・アンドロス(Maria Andros) ホームページ

彼女はビデオマーケティングのエキスパートとして、ビジネスの戦略を提供しています。

プロフィールページでは、「多くの人が信じてくれませんが、初めてビデオ撮影を行ったとき、私は恐怖に襲われました」という見出しから始まっています。

彼女はビデオマーケティングのプロであるにも関わらず、初めての撮影が緊張に満ちたものだったことを伝えることで、人々の関心を惹きつけています。

この段落では、

「10年間メイクアップアーティストをしていた」というバックグラウンドを伝えて、

「成功する以前の暮らしやそこで持っていた葛藤、そして、メイクアップアーティストとして他の人を手伝っている間にもっと多くの人に影響を与える方法があるのではという想いを感じていた」こと、

「自分の望む生き方ができるビジネスを作りたいと考え、オンラインビジネスの世界に入り試行錯誤したが、最初はうまくいかなかった」

ということを伝えています。

これが彼女のストーリーの導入部になっています。

そして、「これまでうまくいかなかった」という前の段落を受けて、次に、「一つの決断が私の人生を永遠に変えた」という見出しが続きます。

マリア-アンドロス-Maria-Andros-ブランディング-ステートメント-1

こちらでは、「私はカメラの前に立つことを決断した」ということが書かれており、活動初期の頃に撮影した自身のビデオキャプチャ画像を見せています。

初期の頃は決してビデオの出来が良いものではなかったというエピソードを語り、20回も撮り直したと伝えています。

このように、決して最初から撮影が上手かったわけではない、というメッセージは大きな共感を呼びます。

この場合、最初の状態が良くないほど、後の成功との対比が大きくなり、成功物語として際立ちます。

「最初のビデオはひどいものだったが、そこから研究を続けてビデオマーケティングをマスターすることができた」

「カメラの前に立つという、たった一つの決断のおかげで、今の私がある」

という形でこの段落を結んでいます。

次の段落は、「私は、あなたが負債(マイナスに作用するもの)だと思っていることは、実際には、大きな資産であるということを伝えるためにここにいるのです」という見出しで始まっています。

マリア-アンドロス-Maria-Andros-ブランディング-ステートメント-2

これは、前段落のビデオマーケティングが人生を変えたという内容を受けて、だからこそ私はあなたに伝えたい、という流れになっています。

そして、この段落の中では、

「ビデオを活用した自分のビジネスで何百万ドルも生み出したことを伝えるときに、誇張はしていない」

「自分自身の試行錯誤を通して、セールスを成功させる動画の作り方において、本当に効果のある方法を見つけた」

ということを伝えています。

さらに、

「その公式を、オンラインで何百人ものクライアントに、また、1対1のコンサルティングで教えていること」

「そして、教えることで、クライアントがセールスを2倍にし、トラフィックを3倍にするビデオプラットフォームを作ることに貢献している」

という内容を伝えています。

そこから、

「ビデオは成功要因の一つである一方、実際には、あなたの強力なパーソナルブランドを作ることが大切であり、そこからお金が生まれる」

と結んで、その理由を説明するための「なぜなら」で次の段落が始まります。

マリア-アンドロス-Maria-Andros-ブランディング-ステートメント-3

この段落では、まず、

「本当のことを言うと、才能のあるハードワーカーの起業家が、ビデオをうまく作ることができずに新しいクライアントやお金を生むことができずに停滞している姿を見ることを残念に思っている」

という内容を伝えています。

この部分は、ハードワーカーの起業家の描写になっていますが、暗に読み手の現状描写と問題提起の役割になっています。

そこから、

「そのような状況に対してどんな思いを持っていて、解決方法として何を行っているのか、なぜ行っているのか」

という内容について、実績を交えて伝えています。

そして、最後に、ここまでの文章を受けて「ここで、たった一つの質問があります。それは、私と一緒に歩んでみませんか?ということです」という見出しで締めくくっています。

その下に書かれているのは、マリア・アンドロス氏についてまとめられたプロフィール文章になります。

マリア-アンドロス-Maria-Andros-ブランディング-ステートメント-4

以上、マリア・アンドロス氏のプロフィールページの構成を見てきました。

あなたがブランディング・ステートメントを作る際には、ぜひこのようなストーリー性を大切にしてみて下さい。

あなたの今までの人生やそこから生まれたストーリーが、あなたを独自の存在にします。

その際には、あなたの価値観、信念、ビジョンを反映させることもポイントです。

それらは、あなたに仕事を依頼したり、あなたの商品を購入したいと思わせる要因になります。

なお、ブランディング・ステートメントの文章表現については、いくつかの注意点があります。

いくらストーリーが惹きつけるといっても、過激な表現は避けるほうが良いでしょう。

あなたが常識を持ったビジネスパーソンであることが理解できる表現を使うようにします。

その一方で、あまりにもかしこまった表現や丁寧過ぎる表現、そして難解な専門用語は、読み手との間に壁を作るため、避けるようにします。

常に読み手となるターゲットをイメージして、自分がどのように見られるかを考えることが、書き方のポイントになります。

ステップ5. ブランディング・サイトを最適化する

パーソナルブランディングの中核をなすのが、あなたのウェブサイトになります。

ここまでで、専門分野、ターゲットをあらためて定義し、コア・メッセージ、ブランディング・ステートメントを作成できたら、それらの内容をあなたのサイトに反映していきます。

こちらでは、4つの重要なポイントをお伝えします。

1. ビジュアルをコントロールする

ブランディング・サイト最適化の際に、まず重要になるのがビジュアルです。

  • あなたが顧客から、どのように見られたいのか?
  • どんな人物像を築きたいのか?
  • それによって、どのような人があなたに近づいてくるのか?

このような想いをもって、文章だけでなく、ビジュアルをコントロールしていくことが重要です。

ここでご紹介するのは、エキスパートビジネスの伝道者であるブレンドン・バーチャード氏です。

彼のプロフィールページでは、大きな写真を使いビジュアル面でもしっかりとブランドを演出しているのがわかります。

ブレンドン-バーチャード-Brendon-Burchard-ブランディング-ステートメント-概要

出典:ブレンドン・バーチャード(Brendon Burchard) ホームページ

ほぼ1画面ごとに写真を切り替えて、その中に文章を配置し、飽きずに読み進められるようになっています。

上から順に見ていくと、1画面目は下記の写真となっています。

ブレンドン-バーチャード-Brendon-Burchard-ブランディング-ステートメント-1

自身の言葉として、「たとえどんなに小さくスタートするにしても、まず重要なことから始めなさい」と書かれています。

2画面目は、次の写真となっています。

ブレンドン-バーチャード-Brendon-Burchard-ブランディング-ステートメント-2

こちらの画面では、CNNの司会番組で有名な著名人であるラリー・キング(Larry King)氏による推薦の言葉、アメリカの雑誌Success Magazineによる評価、Facebookのフォロワー数といった3つ実績を掲載しています。

3画面目は、次の写真となっています。

ブレンドン-バーチャード-Brendon-Burchard-ブランディング-ステートメント-3

こちらの画面では、YouTubeの視聴回数など、ソーシャルメディアの実績やベストセラー著者であることを簡潔に記載しています。

4画面目は次の写真となっています。

ブレンドン-バーチャード-Brendon-Burchard-ブランディング-ステートメント-4

こちらの画面では、ブレンドン・バーチャード氏のプロフィールが記載されています。

5画面目は次の写真となっています。

ブレンドン-バーチャード-Brendon-Burchard-ブランディング-ステートメント-5

こちらでは、雑誌「Success Magazine」によって選ばれた「最も影響力のある25人」の名前を挙げ、自分がその一人であるという実績を掲載しています。

6画面目は、次の写真となっています。

ブレンドン-バーチャード-Brendon-Burchard-ブランディング-ステートメント-6

こちらでは、「実世界への影響」と題して、200万人を超える人々が彼の毎週のメールマガジンを読んでいること、そして毎週2,500万人を超える人々がFacebookの投稿を見ている、といった情報を掲載しています。

7画面目は、次の写真となっています。

ブレンドン-バーチャード-Brendon-Burchard-ブランディング-ステートメント-7

こちらでは、盛大なセミナーの写真の下に、「Success Magazine」の発行人であるダレン・ハーディー氏の推薦の言葉を掲載しています。

8画面目は次の写真になっています。

ブレンドン-バーチャード-Brendon-Burchard-ブランディング-ステートメント-8

こちらでは、「人生の最後の時、私たち皆が自問する」「私は十分に生きたか?私は十分に愛したか?私の人生には意味があったのか?」という見出しで始まり、彼自身のメッセージを掲載しています。

「人生の最後の時に」、で始まる見出しと写真の雰囲気が実によく合っていて、メッセージの伝わり方を高めています。

9画面目は、次の写真となっています。

ブレンドン-バーチャード-Brendon-Burchard-ブランディング-ステートメント-9

こちらでは、著者としての書籍の実績を詳しく伝えています。

10画面目は、次の写真となっています。

ブレンドン-バーチャード-Brendon-Burchard-ブランディング-ステートメント-10

こちらでは、「あまり知られていないことですが・・・」という見出しから入り、現在行われていることや、知られざる過去の実績などが掲載されています。

11画面目は、次の写真となっています。

ブレンドン-バーチャード-Brendon-Burchard-ブランディング-ステートメント-11

こちらでは、彼自身のメッセージを伝えています。

このメッセージは、

  • あなたはどんな人物なのか?
  • 今まで何をしてきたのか?
  • 現在、何を提供しているのか?
  • なぜ、それを提供しているのか?
  • 価値観、信念は何か?

というブランディング・ステートメントの要素が簡潔にまとめられていますので、ぜひ参考にしてみてください。

12画面目は、次の写真となっています。

ブレンドン-バーチャード-Brendon-Burchard-ブランディング-ステートメント-12

こちらでは、左上のクリントン大統領、その右のブッシュ大統領など、著名人とのツーショット写真を掲載しています。

このような写真を掲載することは、社会的証明として大変有効です。

ただ、もしあなたが著名人との写真を用意することが難しい場合は、クライアントとのツーショット写真を並べるのも良いでしょう。

13画面目は次の写真となっています。

ブレンドン-バーチャード-Brendon-Burchard-ブランディング-ステートメント-13

こちらでは、彼自身の著書の中から引用して重要なメッセージを伝えています。

以上、ブレンドン・バーチャード氏の事例をご紹介しました。

ぜひ、実際に彼のプロフィールページにアクセスして確認されることをお勧めします。

これらのビジュアルを見ていると、実際にこの人なら自分の人生を変えてくれるのではないかという雰囲気が伝わってきます。

このように、パーソナルブランディングを構築していく上ではビジュアル的要素も非常に重要になります。

ビジュアルをうまく活用することは、あなたが顧客からどう見られたいのか、その人物像を築くために大きく貢献します。

2. メインサイトのトップページに動画を活用する

2つ目のポイントは、メインサイトのトップページに動画を活用することです。

メインサイトとは、ホームページやブログのような、あなたが情報発信のメインとしているサイトのことです。

パーソナルブランディングにおいて、動画は最も有効なツールの一つです。

声のトーンや話し方、視覚的に得られる情報により、文字情報のみよりも、はるかにあなたのことを伝えられるようになります。

こちらでは、前述したマリア・アンドロス氏とブレンドン・バーチャード氏のメインサイトのトップページに設置されている動画をご紹介します。

まず、マリア・アンドロス氏のトップページの動画です。

マリア-アンドロス-Maria-Andros-ホームページ-動画

出典:マリア・アンドロス(Maria Andros) ホームページ

彼女はまず、撮影の裏側をお見せします、というところからスタートします。

そして、視聴者が得られるものとして、動画の中で何を伝えていくかを明確にしています。

具体的には、「あなたのマーケットで真の競争力となる強みを持つ方法、そして私自身がそれをどのように行ったかをお伝えします」という内容を冒頭段階で伝えています。

そして、動画はストーリーの王道とも言える構成となっています。

  • 成功する以前の暮らし、そこで持っていた葛藤や願いなど、ビフォー・アフターのビフォーにあたるストーリー
  • そこから現在に至るまでの試行錯誤
  • 自分が成功した今、あなたが成功するために必要なこと

ここまでが約3分40秒となっています。

最後に、ここまで観てくれたことの感謝と自分の考えをシェアできた喜びを伝えています。

そして、視聴者が実現できる成功の未来像を説明しながら、自分がどんなビジネスを行っているのか、提供するサービスを伝えて締めくくりとしています。

次に、ブレンドン・バーチャード氏のトップページ動画です。

ブレンドン-バーチャード-Brendon-Burchard-ホームページ-動画

出典:ブレンドン・バーチャード(Brendon Burchard) ホームページ

彼は自己啓発コーチらしく、「私は信じています。私たちには、自分自身が評価しているよりも、ずっと強く、能力があり、パワフルであることを」といった内容で始めています。

その後の構成としては、私たちが理想を生きる姿と、不満を抱える現状を織り交ぜながら描写しています。

ストーリーの構成としては、問題提起と、問題が解決したあとの世界を交互に伝えているような形です。

そして、自分が20年もの間この分野に携わっていて、人生をどのように変えたかを説明し、視聴者がどうすれば問題が解決できるのか、その方法を提示しています。

その中では大統領などの著名人との写真、ベストセラー実績なども入れています。

そして、「私の仕事は、あなたに対して何ができるかだ」、ということを情熱的に語っています。

ブレンドン・バーチャード氏の動画は、身振りや話すトーンが、いかに情熱的に取り組んでいるかを表現する方法として参考になります。

ぜひ、実際に彼の動画を見てその雰囲気を味わってみてください。

3.商品やサービスの質を証明するページを作る

パーソナルブランディングを構築する上では、あなたが発信しているメッセージを信じてもらう必要があります。

そのために、あなたの商品やサービスの質を証明するページを作ります。

その際に、最も有効となるものの一つが、顧客の声です。

こちらは、投資教育家であるティモシー・サイクス(Timothy Sykes)氏の顧客の声のページです。

この中では、彼の受講生の投資成果を紹介しています。

ティモシー-サイクス-Timothy-Sykes-動画-成果事例-1

出典:ティモシー・サイクス(Timothy Sykes) ホームページ

左の赤枠がインタビュー動画で、右の赤枠が投資成果のグラフとなっています。

グラフは、ビフォー・アフターを明確にできるため、顧客の成果を伝える有効な手段です。

あなたも、グラフで顧客の成果が表せるものがないか、探してみると良いでしょう。

また、ティモシー・サイクス氏のインタビュー動画は、ティモシー・サイクス氏本人がインタビュアーを演じている点も特徴的です。

こちらの動画では、受講生とともに飛行機のファーストクラスに乗り、インタビューを行っています。

ティモシー-サイクス-Timothy-Sykes-動画-成果事例-2

一般的には、著名人自身がインタビューを行うことは、あまりありません。

自らが、自分を褒めるコメントを引き出すという形になるからです。

しかし、ティモシー・サイクス氏は「稼いだお金で何をしたのか聞かせて下さい。そういう話が大好きなんです。」というフランクなトーンで話しかけ、受講生との親密感を感じさせるものになっています。

なお、物販などでは、あなたの商品の質を証明するものとして、顧客の声だけでなく、製造方法や素材なども品質の証明要素となります。

また、例えばデザイナーであれば、今まで制作したデザインを並べて確認できるようにすることで、質を証明することができます。

コンサルタントであれば、クライアントの事例をケーススタディとして並べる方法があります。

それらは、実績のポートフォリオと呼ばれるもので、自分の能力を周囲に伝える自己作品集となります。

こちらは、ブランディングに強みを持つウェブデザイン会社、フォーカスラボ(Focus Lab)のポートフォリオページ事例です。

フォーカスラボ-Focus-Lab-事例紹介-1

出典:フォーカスラボ(Focus Lab)

このページでは、作品事例を並べるだけでなく、クリックすると各事例の詳細をケーススタディとして見ることができるようになっています。

フォーカスラボ-Focus-Lab-事例紹介-2

出典:フォーカスラボ(Focus Lab)

左の赤枠では、「クライアントの概要と、どのような課題があったか」を解説し、右の赤枠で「課題を解決するためにどのようなことを行ったか」を解説しています。

そして、そのページの下には、下記のように画像をふんだんに使って、制作プロセスを見せています。

さらに、赤枠で囲っているところは動画になっています。

フォーカスラボ-Focus-Lab-事例紹介-3

出典:フォーカスラボ(Focus Lab) ※実際には縦に続くページとなっています

このようにクライアントの事例を載せることは、社会的証明として、推薦の言葉よりも有効な場合もあります。

特に、法人向けのビジネスにおいて決裁までのプロセスが長い場合は、より論理的な証明が求められることが多いものです。

その際には、このようなクライアント事例が有効になります。

ケーススタディの写真はプロジェクト完了後では撮影できない部分もあります。

そのため、案件に関わっている時からクライアントの許可を取った上で写真を準備していくと良いでしょう。

以上、ブランディング・サイト最適化における重要な3つのポイントをご紹介しました。

なお、最後に、さらにあなたのブランディング・アイデンティティを確立するための7つの質問をお伝えします。

これらの質問の回答を反映させることで、ウェブサイトのブランディングに活用してください。

  1. あなたのブランドを最もよく表す3つの言葉は何か?
  2. あなたの競合は誰か?
  3. 何があなたを競合と違うものにするのか?
  4. あなたが顧客から最もよく受ける依頼は何か?
  5. あなたのエレベーターピッチ(※)は何か?※エレベーターピッチとはエレベーターが目的の階に着くまでの短い間に行えるプレゼンという意味で、約30秒程度のセールストークを表します。
  6. あなたの理想とする顧客像はどのような人物か?
  7. あなたのサイトに初めて訪れた人は、どのような印象を持つか?

ステップ6. 露出の機会を増やす

ここまでが完成したら、いよいよあなたのメッセージをネット上に広めていきます。

ソーシャルメディアとしてはFacebookやYouTubeなど、自社メディアとしてはホームページやブログが主なプラットフォームになります。

Facebook広告などの広告媒体を活用するのも良いでしょう。

それらを使って露出を増やしていきます。

ブランドを築くためには、すべてのプラットフォームや媒体において、一貫したトーンを使うようにします。

各ソーシャルメディアのプロフィール写真は、それぞれで変えたりせずに統一すると、人から覚えてもらいやすくなります。

そして、各ソーシャルメディアのプロフィールは、作り上げたコア・メッセージやブランディング・ステートメントを元に最適化を行います。

例えば、Facebookページでは、カバー写真と情報欄にあなたのブランドを反映させましょう。

ティモシー-サイクス-Timothy-Sykes-Facebook-ページ-カバー写真

出典:ティモシー・サイクス(Timothy Sykes) Facebookページ

YouTubeチャンネルでは、チャンネル紹介動画の設置を行い、その動画の内容や動画の説明文、そしてチャンネルアートにあなたのブランドを反映させましょう。

マリア-アンドロス-Maria-Andros-YouTube-チャンネル-チャンネルアート

出典:マリア・アンドロス(Maria Andros) YouTubeチャンネル

今は様々なソーシャルメディアがありますので、どのソーシャルメディアに取り組むか迷う場合は、まずはFacebookとYouTubeの2つを必ず押さえると良いでしょう。

海外のソーシャルメディア専門サイト、Social Media ExaminerのCEO、マイケル・ステルツナー(Michael A. Stelzner)氏による3,700人を超えるマーケターへのアンケートをもとにした2015年の発表によると、下記のような回答があったそうです。

  • 66%のマーケターがYouTubeでの活動を増やすと回答
  • 93%のマーケターがFacebookを利用していると回答
  • 51%のマーケターがFacebookが最も重要だと回答

日本でもこれらのメディアに取り組んでいる方には、大きな成果を実感している方が多くいます。

そのため、パーソナルブランディングにおいては、まずFacebookとYouTubeを露出の場所として取り組むと良いでしょう。

そして、すべての露出は、パーソナルブランディングを行う行為であると共に、オプトインページから見込み顧客のメールアドレスを獲得する行為であることも忘れないでください。

どんなにパーソナルブランディングに成功しても、その視点が無ければ、ビジネスにつなげる力が弱まってしまいます。

ブログを書いたり、Facebookに投稿したり、露出を増やすということは、それだけ見込み顧客のメールアドレスを獲得する機会が増えるということです。

よって、パーソナルブランディングとしてのメッセージを発信する過程では、必ず見込み顧客のメールアドレスを獲得するためのフォームを紹介していくことが大切です。

まとめ

本記事では、『あなたのパーソナルブランディングを成功させる6ステップと最新事例』というテーマでお伝えしました。

パーソナルブランディングのステップとしては、以下の6ステップが重要なポイントになります。

ステップ1. 何の専門家であるかを定義する
ステップ2. ターゲットをあらためて定義する
ステップ3. コア・メッセージを作る
ステップ4. ブランディング・ステートメントを作る
ステップ5. ブランディング・サイトを最適化する
ステップ6. 露出の機会を増やす

ぜひ、これらのステップを参考にして、あなた自身のパーソナルブランディングに取り組んでみてください。

なお、パーソナルブランディングは時間の経過とともにアップデートしていくと良いでしょう。

あなたがビジネスを継続する過程では、新たな実績が生まれたり、伝えるべき信念や提供する価値もより進化していきます。

その時には、それらをアップデートして反映するようにします。

誰もが情報発信できる現在、オンライン上のパーソナルブランディングは、ますます重要になりつつあります。

もしもあなたがスモールビジネスを運営されているなら、このスキルは特に大切になります。

ネット上で情報発信する人が増えるということは、同時に競合も増えるということです。

そのような中で、より高い競争力を保ち、新たな顧客を獲得し、より多くのセールスを成功させるために、パーソナルブランディングは必須となるでしょう。

ぜひ、本記事の内容で活用できる部分から、実践されてみてください。

なお、本記事のテーマに興味をお持ちいただけたなら、ぜひ以下の記事もお読みになってみてください。

電子出版して印税を得る方法とは?売れる電子書籍の作り方9ステップ

ヒーローズ・ジャーニー(神話の法則)をビジネス活用する5ステップ

自動的に売上を上げる5つのネット集客戦略とステップメールの書き方

きっと、あなたのお役に立てるはずです。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

小谷川-拳次

リードコンサルティング株式会社
代表取締役 小谷川 拳次

※本記述の無断転載・転用を一切禁止します
Copyright (C) Lead Consulting Co., Ltd. All Rights Reserved.

なぜ、パーソナルブランディングにはコピーライティングのスキルが必要なのか?

ネット集客とコピーライティングの力を使い、これまで累計30億円以上の売上を得た“ネット集客とコピーライティングの第一人者”が語る「最新コピーライティングのノウハウ」を、僅か90分の無料ウェビナーで公開します。

ザ-コピーライティング-シークレット-ウェビナー-特典-1

ザ-コピーライティング-シークレット-ウェビナー-特典-2

今すぐこちらをクリックして無料ウェビナーを視聴する

あなたのコメントをシェアしてください

この記事をご覧になって、あなたはどのような学びがありましたか?
また、ビジネスの現場で何を実践しようと決意されましたか?

ぜひ、以下にあなたのコメントをシェアいただければ幸いです。

人気の記事

  • 電子出版して印税を得る方法とは?売れる電子書籍の作り方9ステップ

    電子出版して印税を得る方法とは?売れる電子書籍の作り方9ステップ

    あなたは、電子書籍を出版すると一体いくらの印税が手に入るのか、具体的な印税率の計算方法を知っていますか? 特に、電子書籍販売のメインプラットフォームであるAmazonのKindleストアにおける印税の仕組みを把握しておくことは非常に大切です。 日本における電子書籍の市場規模は、2011年から2016年の5年間で3.5倍に拡大しました。 このように、ここ数年の間で急成長している電子書籍市場で何冊もの電子書籍を作り、販売に成功すれば、あなたは多額の印税を手にすることができま...
    6,648 views
  • 【保存版】継続課金メンバーシップサイトの作り方と成功の7ステップ

    【保存版】継続課金メンバーシップサイトの作り方と成功の7ステップ

    あなたは、毎月安定的な収益が得られるビジネスを作り、売上を劇的に向上させる方法に興味はありませんか? 「毎月、安定的な売上が立たず、常に不安を感じている・・」と悩まれている経営者やビジネスパーソンの方は多いようです。 実は今、海外でも注目されている最新のビジネスモデルがあります。 それが、メンバーシップサイトビジネスです。 メンバーシップサイトビジネスとは、オンライン上でコンテンツを提供し、メンバーシップの利用料として月会費や年会費などを受け取り、継続的な安定収益を上...
    2,852 views
  • 売れるウェビナーを作りたい方必読!4つの統計と9つの具体的方法

    売れるウェビナーを作りたい方必読!4つの統計と9つの具体的方法

    「ウェブ上のセミナー」である「ウェビナー」(Webinar)を実施してプロモーションをおこなってみたものの、実際にどの程度の登録率や視聴率を目安にすれば良いか悩んでいませんか? 実際にどのくらいの人がウェビナーに参加してくれ、どのくらいまでウェビナーを視聴してくれるかは、気になるポイントです。 また、ウェビナーを改善するためのポイントが分からず、迷いを感じていることはありませんか? 実は、日本よりもウェビナーに関して先を歩んでいる米国では、ウェビナーに関する統計情報が発...
    3,023 views
  • あなたのパーソナルブランディングを成功させる6ステップと最新事例

    あなたのパーソナルブランディングを成功させる6ステップと最新事例

    あなたは、ライバルの多い競合市場で、顧客に選ばれるための方法に悩んでいませんか? そして、できれば価格に関係なく、あなたやあなたの会社が顧客から指名して選ばれる状況を作りたいと思いませんか? そこでお勧めの方法が、「パーソナルブランディング(Personal Branding)」です。 パーソナルブランディングとは、あなたについて、特定のイメージや印象を人々の中に築き上げる継続した行為を指します。 これは、ある個人が発信するブランディング・メッセージを通して「...
    2,020 views
  • 自動的に売上を上げる5つのネット集客戦略とステップメールの書き方

    自動的に売上を上げる5つのネット集客戦略とステップメールの書き方

    あなたは、ネットで商品やサービスを効果的に販売する方法に悩んでいませんか? そして、できることなら、自動的に販売できる仕組みを作り、毎月いくら投資したらいくらの利益が生まれるのかを正確に予測できるようになりたいと思いませんか? そこでお勧めの方法が、正しいネット集客戦略に基づき、ステップメールを使った自動販売の仕組みを作ることです。 ステップメールは一般的に普及していますが、効果的な販売につながる作り方をご存知でない方も多いと聞きます。 実は、ステップメールをうまく活...
    2,099 views
  • ヒーローズ・ジャーニー(神話の法則)をビジネス活用する5ステップ

    ヒーローズ・ジャーニー(神話の法則)をビジネス活用する5ステップ

    あなたは、お客様の共感を生むストーリーの作り方に悩んでいませんか? そして、あなたのストーリーに共感したお客様が強力なファンになり、あなたのビジネスを応援してくれる方法を知りたいと思いませんか? そこでお勧めの方法が、「ヒーローズ・ジャーニー:The Heroes Journey(神話の法則)」という理論です。 ヒーローズ・ジャーニー(神話の法則)とは、世界の映画市場において、もっとも商業的な成功をおさめているハリウッドの映画業界に大きな影響を及ぼしたと言われる有名な理...
    2,020 views

新着ブログ記事

ブログ記事一覧
小谷川 拳次

小谷川 拳次

リードコンサルティング株式会社 代表取締役

ネット集客のエキスパートとして、累計300社以上の企業に対してネットマーケティングに関するコンサルティングを行っている。売上向上の成功を望む数多くの企業に対して「集客参謀」の役割を担う。 SEOやGoogleアドワーズ等のキーワード広告を用いた集客方法に加え、FacebookやTwitter、ブログ、YouTubeといった最先端のソーシャルメディアを駆使した集客方法を得意とする。 現在、国内における「ソーシャル・レスポンス・マーケティング」の第一人者として活躍している。全国の商工会議所、企業における講演実績多数。 著書に「小さな会社がお金をかけずにお客さまをガンガン集める方法」(中経出版)、「Facebookでお客様をどんどん増やす本」(中経出版)、「電子書籍を無名でも100万部売る方法」(東洋経済新報社)がある(本書はキンドルストアヒット商品ランキング4位を記録)。その他にも10冊の電子書籍の出版を行っている。

他の記事を見る

なぜ、パーソナルブランディングにはコピーライティングのスキルが必要なのか?

ネット集客とコピーライティングの力を使い、これまで累計30億円以上の売上を得た“ネット集客とコピーライティングの第一人者”が語る「最新コピーライティングのノウハウ」を、僅か90分の無料ウェビナーで公開します。

ザ-コピーライティング-シークレット-ウェビナー-特典-1

ザ-コピーライティング-シークレット-ウェビナー-特典-2

今すぐ無料でPDFをダウンロードしてください
こちらにメールアドレスを登録すると、今すぐ本記事をPDF形式でダウンロードしてお読みいただくことができます。PDFのダウンロードリンクは登録いただいたメールアドレス宛にお送りいたします。
ご登録ありがとうございます!メールをお送りしました。
ご登録ありがとうございます!登録いただいたメールアドレス宛にPDFのダウンロードリンクをご案内するメールをお送りしました。