YouTuber-美容系YouTuberミシェル・ファンの成功事例と収益化の5ステップ

最終更新日:2020年8月22日
6 views

目次

YouTuber-美容系YouTuberミシェル・ファンの成功事例と収益化の5ステップ

本記事のテーマは、「YouTuber-美容系YouTuberミシェル・ファンの成功事例と収益化の5ステップ」です。

2013年3月、Googleは傘下のYouTubeのユニークユーザーが10億人を超えたと発表しました。

Googleの発表によれば、現在、インターネット利用者の2人に1人はYouTubeを訪問していることになると言います。

そして現在、私自身が非常に重要視しているソーシャルメディアの一つが、このYouTubeです。これまでも過去のTHE MARKETINGでは、YouTubeについてお伝えしてきた回がありました。
今回の“YouTubeセレブリティ”シリーズでは、実際にYouTubeを使って大きな成功を収めた海外の成功者のケーススタディを通して、新しい角度からYouTube活用法をお伝えしていきます。

YouTubeセレブリティになると得られるメリット

なお、YouTubeセレブリティと呼ばれるような成功を収められるようになると、大きく分けると以下の5つのメリットが得られるようになります。

  1. 集客の成功
  2. アドセンスによる広告収入
  3. バックエンド商品の販売
  4. 他社とのジョイント・ベンチャー
  5. 圧倒的なブランディング

しかも、YouTube自体は無料で利用できるため、販促予算が少なく、コストをあまりかけられない方にも大きなチャンスがあります。

そのため、あなたのビジネスの専門領域において市場でヒットする動画コンセプトを作り、再生回数が増えていくと大きなビジネスチャンスを手にすることができるようになります。

なお、海外の成功者と言っても、決して「私にはできないのではないか」「その人だからできたのではないか」とは思わないでください。

実際に、YouTubeセレブリティの多くが、例外なく全くの無名、そしてYouTube初心者の状態から現在の地位を手に入れています。

また、今回ご紹介する人物、ミシェル・ファンも、実際に全くの素人の状態からYouTubeで大きな成功を収めているのです。

大切なことは、「市場に支持されるコンセプト」を明確にして、正しいステップでYouTubeを運用することです。

今回は、全くの初心者の方であっても適切な運用ステップを踏むことによって、あなたがYouTube
セレブリティになっていく方法をご紹介します。

YouTubeセレブリティとは?

さて、実際にミシェル・ファンの事例をご紹介する前に、“YouTubeセレブリティ”という言葉を正確に理解する必要があります。

色々な考え方がありますが、YouTubeセレブリティとは、YouTubeに独自の動画をアップすることで多くのYouTubeチャンネル登録者から支持され、膨大な動画の再生回数によって著名になり、ビジネス上の成功を収めた人物たちのことです。

なお、ここで言うビジネス上の成功の定義とは、再生回数が多い自分の動画にGoogleのアドセンス広告を掲載させて広告収入を得る方法、動画を使って集客する方法など、様々な方法が挙げられます。この具体的方法については、後述します。

ちなみに、セレブリティとは、いわゆるセレブ、大衆にひろく注目されている人のことで、スター的な存在として一般に認識されている人物のことです。

そして、YouTubeセレブリティとは、まさにYouTubeで多くの再生回数を誇る動画を多数保有することによって、YouTubeを活用してスターになった人物だ、とも言えます。

今後、日本でもYouTubeを活用することによって、多くのYouTubeセレブリティが誕生することが予測されます。

この“YouTubeセレブリティ”というキーワードは、今後、YouTubeマーケティングを行っていく上で大切なキーワードとなりますので、覚えておいてください。

では、実際にYouTubeセレブリティにはどんな人物たちがいるのでしょうか。実例をご紹介していきます。

YouTubeセレブリティの事例

それでは、実際にYouTubeセレブリティにはどんな人物が存在するのか、見ていきましょう。ここでは、米国の事例をご紹介します。
YouTube発祥の地、米国では、観ていて楽しい動画を提供しているエンターテイメント性の高い動画や人物が支持されているようです。

これは、YouTubeを観に来る目的が、良い情報を探したり学んだりすることに加え、ちょっとした息抜きや何か面白いことを探す方が多い点にあるのではないかと考えられます。

その動画を観ると、思わず口コミしたくなるような面白い動画が人気を得ていると言えます。

なお、YouTubeセレブリティには男女問わず存在しますので、女性が有利であったり男性が有利であったりということは特にありません。では、事例を見ていきましょう。

事例1.Shane Dawson(シェーン・ドーソン)

http://www.youtube.com/user/ShaneDawsonTV/
チャンネル登録者数4,989,899人
総再生回数955,033,104回

彼の内容は、コメディ映像や著名人のものまね、人気ミュージックビデオやTVドラマのパロディが中心です。

シェーン・ドーソンの事例

事例2.Jenna Marbles(ジェナ・マーブルス)

http://www.youtube.com/user/JennaMarbles/
チャンネル登録者数10,811,178人
総再生回数1,248,275,787回
内容は、彼女の日常生活を独自の表現の仕方で面白く紹介するビデオや、ちょっとした生活のヒントのビデオです。彼女を有名にしたのは、「話したくない相手を避ける方法」というビデオです。

ジェナ・マーブルスの事例

事例3.Michelle Phan(ミシェル・ファン)

チャンネル登録者数4,925,965人
総再生回数794,303,733回
http://www.youtube.com/user/MichellePhan/

ミシェル・ファンの事例1

他にも沢山のYouTubeセレブリティが存在しますが、本記事ではYouTubeセレブリティの中でも、今、最も熱い注目を浴びている一人、ミシェル・ファン(Michelle Phan)に焦点を当ててご紹介をしていきます。

彼女はYouTubeセレブリティとして経済的にも大きな成功を収め、「YouTubeが生んだシンデレラ」とも評価されているほどです。

また、数多くのYouTubeセレブリティの中で、彼女の成功に至るプロセス、そしてYouTubeチャンネルを運用して得ているキャッシュポイントのスキームは、私たちが実際にYouTubeを活用して成功するために重要なポイントが凝縮されています。

そういった理由からも、今回のケーススタディは参考にして頂ける部分が多いでしょう。

ミシェル・ファン プロフィール

ミシェル・ファンの事例2

YouTubeチャンネル チャンネル名:「Michelle Phan」
http://www.youtube.com/user/MichellePhan/

ミシェル・ファン(Michelle Phan)プロフィール

ミシェル・ファンは、マサチューセッツ州ボストン出身、現在29歳のベトナム系アメリカ人です。彼女の職業は、メイクアップアーティストです。
センスの良いメイクアップの方法を動画編集し、自身のYouTubeチャンネルで定期的に公開することにより、彼女は絶大な人気を誇るYouTubeセレブリティになりました。

今では、“YouTube Makeup Guru(YouTubeにおけるメイクアップのカリスマ)”として知られています。

さて、そんなミシェル・ファンですが、成功までどのような軌跡をたどってきたのでしょうか。

彼女はもともと、アメリカでベトナム系両親のもと、マサチューセツ州に生まれました。

家族はもともと、貧しい生活を強いられ、政府による公的扶助を受けていた時期もあったそうです。

ミシェル・ファンはアートカレッジでイラストレーションを学んでいますが、YouTubeセレブリティになる前までは、寿司レストランでウェイトレスをしていた時期もあったそうです。

そんな彼女ですが、現在は実に華々しい成功を収めています。
本レポート執筆時点で、

  • YouTubeチャンネル登録者4,925,965人
  • YouTubeチャンネル総再生回数794,303,733回
  • 最も再生された「バービー人形メイクの方法」という動画は、約4,700万回再生
  • Facebookページの「いいね!」は1,488,767人

といった実績を持ちます。
特にYouTubeではYouTubeの「達人」カテゴリにおいても実質上世界トップクラスの実績であり、その専門ジャンルである「メイクアップ」という領域では、他者の追随を許さないほどの成功を収めています。

ミシェル・ファンサクセスストーリー

それでは、ミシェル・ファンはどのように成功していったのか、そのストーリーをご紹介します。

2006年、ミシェル・ファンは個人ブログを持ち、様々なメイク方法についてブログでコミュニケーションしていました。

まだこの頃は、現在の「Michelle Phan」ではなく、「Ricebunny(ライスバニー)」というユーザー名でした。

そして2007年、大学の前期講座で教授からMacBookProを手渡されたのをキッカケに、「ナチュラルメイク」という7分間のメイクチュートリアルビデオを自分一人で作成しYouTubeへ公開すると共にブログにもアップしました。

当時、そのページがわずか1週間で4万ページビューを記録したのを見て、彼女は「人々はこういうものを求めている」と理解し、その活動を続けることにしました。

メイクの方法をビデオにまとめて伝えていくことは、彼女にとって最初は楽しい趣味でした。

実際、様々なメイクをすることで自分とは違うキャラクターを演じられるし、新しい感情を感じることができたからです。

そして、彼女がYouTubeセレブリティとして一気に注目される転機がやってきます。

それは、2009年に公開した「Lady Gaga Poker Face Tutorial」、続けて2010年に公開した
「Lady Gaga Bad Romance Look」が、それぞれ大ヒットしたことです。

この成功をキッカケに、彼女はさらに多くのチャンネル登録者を獲得しました。

そして、YouTubeの広告パートナーとなり、YouTubeから多額の広告収入を得ることができるようになったのです。

なお、彼女の成功は、これにとどまりません。

2010年、なんと化粧品大手、ランコムとのジョイント・ベンチャーに成功します。

化粧品大手ランコムのウェブサイト画像

ランコム側からのアプローチにより、ミシェル・ファンはランコム初のビデオメイクアップアーティストとなりました。

ミシェル・ファンはランコムの化粧品だけを使ってメイク動画を作っていたわけではありませんが、ランコム側のマーケティング戦略によりミシェル・ファンが選ばれたと考えられています。

2011年、ミシェル・ファンは自身のビジネスとして「MyGlam(マイグラム)」という新しいプロジェクトをスタートしました。

「MyGlam」は、いくつかの異なる化粧品が詰まったバックが月額$10で毎月自宅に届くという継続課金制のサービスです。

現在は「Ipsy(イプシー)」と名前を変えてサービスを行っています。

イプシーのウェブサイト画像

さらに、ミシェル・ファンの快進撃は続きます。

2012年、それまでの4年間で200個のビデオを作った頃、彼女のYouTubeチャンネルが大成功しているのを見たGoogleから、20時間のコンテンツを作ることで$1million(約1億円)というオファーをもらったのです。

しかし、彼女のシンデレラストーリーはそれでは終わりませんでした。

なんと、世界的企業のロレアルグループ(2012年の連結売上高225億ユーロ)が「ミシェル・ファン自身の化粧品ライン」を作ることになったのです。

ミシェル・ファンはこれまでにもロレアルグループの商品であるランコムの化粧品を使ったビデオを作っていたので、ロレアルは最初にミシェル・ファンに声をかけたそうです。

そして、「Em(エム)」というミシェル・ファンの化粧品が出来上がりました。

エム-ミシェル・ファンの化粧品

「Em」とは、妹や愛しい人に使う、愛情がこもったベトナム語です。2013年8月15日、ミシェル・ファンの化粧品「Em」は発売開始されました。

2013年11月現在、彼女の知名度は、今この瞬間においてもYouTubeの再生回数と共に上がり続けています。

全くのYouTube初心者だった彼女は、2006年から2013年の7年間で、世界的大企業との提携
(ジョイント・ベンチャー)、莫大なアドセンス広告収入、継続課金サービス、オリジナル化粧品の展開など、確認できる範囲だけでも大きな成功を収めることができました。

彼女は紛れもなくYouTubeを使ってミリオネア(億万長者)になった一人です。

今回は、この「YouTubeが生んだシンデレラ」、ミシェル・ファンの事例を徹底研究しながら、
YouTubeで成功していくためのポイントを解説していきます。

そのため、本記事では、

  1. ミシェル・ファンの動画事例と特徴
  2. ミシェル・ファンから学ぶYouTube実践テクニック

に焦点を当てていきます。

ミシェル・ファンの動画事例と特徴

それでは、これからミシェル・ファンの動画事例と特徴をご紹介していきます。

なお、こちらで紹介する以外にも、実に様々なメイクの方法が紹介されています。詳しくは彼女の
YouTubeチャンネルを視聴して頂きたいのですが、ここでは代表的なものをご紹介します。

パターン1.専門系動画コンテンツ

まず、こちらが最も人気が高い動画で、メイクアップの方法を動画で撮影・編集して公開する専門性の高い動画です。実際にメイクに役立つ情報も多いのですが、一貫して彼女の動画制作に関しては、エンターテイメント性が感じられます。簡単に言えば、いかに視聴者に楽しんでもらうかを意識して作られた動画だと言えるでしょう。

007スカイフォールのボンドガールになるためのメイクアップ法

こちらは、有名な映画「007スカイフォール」のボンドガールになるためのメイクアップ法です。

「Lady GaGa Poker Face Tutorial」

レディ・ガガになるためのメイクアップ法

こちらは、ご存じ世界的ミュージシャンとなったレディ・ガガの人気曲、「Poker Face」で扮するレディ・ガガになるためのメイクアップ法を紹介しています。

こちらの動画は、彼女を有名にした動画の一つで、3,400万回以上も再生されています。

パターン2.ノウハウ系動画コンテンツ

なお、パターン1.のような派手さはありませんが、メイクアップをしていく上でちょっとしたヒントや参考になるノウハウを解説した動画もあります。

こういった動画も高い人気があり、多くの再生回数を誇っています。

スプーンを使って美しいメイクをするための3つのヒント

「3 Beauty Tips With a Spoon」http://youtu.be/xqiuL_T9Ep4

こちらは、スプーンを使って美しいメイクをするための3つのヒントを紹介しています。

パターン3.自己開示系動画コンテンツ

こちらは、専門性の高い情報とは別に、自分自身の言葉で普段の仕事風景や日常生活をドキュメンタリー形式で紹介する動画コンテンツです。

専門性の高い動画を中心に公開しながら、時節、このような情緒性を刺激されるプライベートな情報を見せられると、ファン化が一気に加速します。

本人が意識的に公開しているかは定かではありませんが、彼女の人気を加速させていることは間違いありません。

ドキュメンタリー形式の動画

「Follow Me to Work at Ipsy」http://youtu.be/AuFOLJxutAM

こちらは、彼女の1日をドキュメンタリー形式で紹介し、ビジネスである化粧品の定期購入サービス、「Ipsy」での職場を紹介しています。

ミシェル・ファン動画の特徴

以上、ここまで、ミシェル・ファンの動画事例をご紹介してきました。

では、ここで、マーケティング見地から、彼女の動画の特徴と人気の秘密に迫りたいと思います。まずは、動画の特徴を3点、お伝えしていきます。

彼女の動画の最大の特徴の1点目は、「ビフォーアフターが明確に伝わる」ということです。

これは前述したパターン1に代表される、化粧をしていない、いわゆる「すっぴん」の状態からメイクアップを進め、完成形に至る形です。

これは、動画の中でビフォーアフターが明確に分かるため、1本の動画の中で「何をすれば、どうなれるのか?」という視聴者にとっての最大関心事項が分かりやすいということです。

このビフォーアフターが1本の動画で理解できることは、私たちがマーケティングで動画を活用する時に、大切なポイントの一つです。

あなたの商品やサービス、またはあなたが提唱する方法を実施すれば、これまではこうだったのが、こう変われるようになります、という訴求が可能になります。

これは大きな説得力を持ちます。

2点目は、メイク場面を全て見せるのではなく、適切にカット編集をして冗長にならないようにしているという点です。

動画撮影をおこなうと、ついついその動画の全てを視聴者に観てもらいたいという気持ちになります。

しかしながら、あまりに長い動画は最後まで視聴してもらえない可能性があります。

そのため、動画を撮影して編集する際にも、決して冗長にならない動画にする必要があります。

2点目は、動画にBGMを入れたり、ポイントごとにテキスト(キャプション)を表示させることによって、動画として見飽きない内容になっていることです。

これは、ミシェル・ファン自身が動画制作における基礎をしっかり実施していると言えます。

動画コンテンツの配信ペース

次に、ミシェル・ファンの動画コンテンツの配信ペースについてお話しします。

ミシェル・ファンは、自分のYouTubeチャンネルのヘッダー画像(チャンネルアート)にも記載している通り、毎週金曜日に1本の動画を定期的に公開しています。

チャンネルアートの事例

具体的には後述しますが、定期的にコンテンツをアップすることで、視聴者とのエンゲージメント(つながり・関係性)を維持しています。

シングルコンテンツ、マルチユース

彼女の動画の出し方の特徴としては、動画を撮影したら、それをYouTubeだけでなく、Facebook、公式サイト、Twitterなど、他のソーシャルメディアでも公開することです。

一つのコンテンツを複数のメディアで使用することで、1本のコンテンツの価値を幅広く有効活用することが可能になります。

たとえば、彼女は自身のFacebookページにおいて、週に1回配信する最新動画を、一定のタイミングを空けて何回も投稿しています。

また、動画を投稿する際にはFacebookページの「ハイライト」機能を使い、動画を拡大表示させ、少しでも他の投稿より目立つようにしているのが特徴です。

ミシェル・ファンのFacebookページへの動画投稿

※ミシェル・ファンのFacebookページへの動画投稿(ハイライト機能を使い、画面の横幅全体に大きく表示させている。他の投稿よりも動画コンテンツが格段に目立っている)https://www.facebook.com/MichellePhanOfficial

ハイライト機能の解説

※「ハイライト」機能とは、「Facebookページ」の各投稿の右上にあるプルダウンボタンから選択すると、投稿自体を拡大表示させることができる機能

ミシェル・ファン人気の秘密

彼女の人気の秘密は、以下の3点に集約されると言えます。

  1. コンセプトが明確である
  2. エンターテイメント性が高い
  3. コアスキルと動画メッセージが一致している

まず第1に、彼女のコンセプトが非常に明確であることです。

それは、「メイクアップについて役立つ情報を動画で提供すること」です。

非常にシンプルですが、このテーマに興味がある方にとっては必ず観たくなる情報です。

今後、あなたがYouTubeチャンネルを設けて様々な動画コンテンツを提供していくにしても、あらゆる情報に1本のコンセプトという柱が立っているのが理想的です。

アップされている動画が、今日はこのコンセプト、次は全く別のコンセプト、という内容になると視聴者は混乱して、「この人は何を伝えたいのだろうか?」「この人は何が得意なのだろうか?」ということが分からなくなってしまいます。

この点は、あなたがYouTubeチャンネルで成功させる上で非常に重要な要素となります。

第2の条件として、「エンターテイメント性が高い」という要素があります。

2013年10月号の「動画セールスシナリオの作り方」でマイク・フィルセイムとアンディ・ジェンキンスが「ENTERTAINMENT」ならぬ「INFO-TAINMENT」と述べたように、動画自体にエンターテイメント性が入っていると、人々の興味を惹き、さらに共感を得やすいと言えます。

これは、前述した通り、YouTubeを観に来る目的が、良い情報を探したり学んだりすることに加え、ちょっとした息抜きや何か面白いことを探す方が多いため、エンターテイメント性が高い動画の再生回数は増えやすい傾向にあります。

実際に、YouTubeセレブリティの大半が、特定のテーマにおいてエンターテイメント性の高い動画を提供していることからも、それは明白だと言えます。

だからといって、必ずしもあなたが動画を作る時に無理に面白い動画を作る必要はありませんが、そういった動画はヒットすると再生回数が増えやすい、ということを覚えておいてください。

最後に、第3の条件として、彼女のコアスキルと動画メッセージが一致している、という点が挙げられます。

彼女のコアスキルは「メイクアップ」です。そして、彼女が動画で発信しているメッセージは「メイクアップの方法」です。

ここに一切のブレが無いため、継続的にコンテンツをリピート視聴してくれる視聴者が存在すると言えます。

コアスキルとは、別の言い方をすると、「あなたのお客様があなたにお金を払っている専門性」、と考えることもできます。

よって、コンセプトを明確にしたら、必ずあなたのコアスキルと動画メッセージを一致させていく必要があります。

あなたが動画コンテンツを作る際にも、ご自身の専門性を最前面に出し、その専門性で勝負していきましょう。

そこに魅了された視聴者は、後述する方法によって、必ずご自身のビジネスに誘導することができるようになるのです。

ミシェル・ファンビジネス成長の6ステップ

では、ここで、ミシェル・ファンのビジネス成長の流れを振り返ってみましょう。

これは、あなたがYouTubeを使ってビジネスを成功させる上で、参考事例にして頂けるはずです。

  1. 継続的なコンテンツ発信により、共感者のコミュニティを作る
  2. YouTubeの動画コンテンツをメインとしながらも、あらゆるソーシャルメディアを活用する
  3. 人気と知名度の上昇と共に、アクセス数が増加し、メディア価値が向上する
  4. 広告収入を得る(アドセンス広告やGoogle側からのオファー※)
  5. 自らのリピートファンに対して他社商品を紹介する(ランコムとの提携、継続課金サービスIpsyの開始)
  6. 自社ブランドの立ち上げ(ロレアルグループからのEm)

※正確にはコンテンツ提供フィーと言えるが、広義の広告収入とも考えられる。

ミシェル・ファンの場合は毎週金曜日というペースで、新しい動画コンテンツをYouTubeにアップしています。

秀逸なコンテンツを継続的に発信することで、ファンが生まれ、共感者のコミュニティが出来上がります。

次に、YouTubeの動画コンテンツをメインにしながらも、Facebook、ツイッター、ブログ、Google+など、使えるソーシャルメディアは全て活用し、自分のコンテンツを発信するようにしています。
そうなると、各媒体へのアクセスが増え、メディアとしての価値が向上し始めます。
ミシェル・ファンの場合はYouTubeの動画コンテンツが飛びぬけて再生回数が多く、また彼女のYouTubeチャンネルへの来訪者が多かったため、アドセンスによる広告収入も加速することになります。(アドセンスについては詳細を後述します)

この時期、Google側からのオファーにより、20時間のコンテンツ制作により1ミリオンドル、すなわち1億円のフィーを得ています。

そして、ここまでアクセス数が多いことが明確になってくると、今度は他社とのジョイント・ベンチャーが成功するようになります。

彼女はアフィリエイトをメインにしているわけではありませんが、ランコムと提携したことによって、決まった回数はランコム商品を使うことにより、PRフィーを得るようになりました。

また、ミシェル・ファンが推奨するいくつかの化粧品をまとめて10ドルで毎月郵送するIpsyという継続課金サービスも開始しています。

そして、最終的には「Em」という自社ブランドを立ち上げ、販売を開始するようになります。

ミシェル・ファンのキャッシュポイント

なお、これらの成長の流れをまとめると、ミシェル・ファンのキャッシュポイントは大きく分けて以下の3つだと分かります。

  1. YouTube動画のアドセンス広告収入
  2. ジョイント・ベンチャーによる紹介フィー
  3. オリジナルブランド商品の販売

もちろん、他にも様々な収入はあるかと思いますが、表面的だけでもこれだけのキャッシュポイントが存在します。

彼女のビジネスの成長の流れと、キャッシュポイントの方法は、私たちにとっても非常に参考になるはずです。

もちろん、彼女の場合は運も味方についたという考え方ができますが、実はネットマーケティングの王道プロセスを歩んでいるとも言えます。

  1. 良質なコンテンツを発信し続ける
  2. コミュニティを作る
  3. アクセス増加によるビジネス発展

という原則に忠実に従っていると言えます。

特に、2006年にさかのぼって彼女のYouTubeチャンネルスタート当初からの動画を観ていくと、地道にコンテンツを作り、投稿し続けてきたことが理解できます。

ここで一つ言えることは、コンセプトを明確にして、専門性の高いコンテンツを発信し続けていれば、必ずコミュニティが生まれ、アクセスが増えていく、ということです。

ネットマーケティングでは、「アクセス=お金」という考え方ができますので、コミュニティのリピートユーザーによるアクセスが増えた後は、どのようなビジネスにもつなげていくことが可能です。

“ソーシャル”メディアミックスという考え方

シングルコンテンツ、マルチユースという項目でも前述しましたが、一つのコンテンツをあらゆるソーシャルメディアで有効活用することはとても重要です。

「メディアミックス」という言葉は、広告業界用語です。

通常、テレビ広告、新聞広告、雑誌広告など、それぞれにメリットとデメリットがあります。

メディアミックスとは、何らかの商品を広告していくときに、たった一つのメディアに依存せずに、いくつものメディアを組み合わせることで、相乗効果を期待し、かつそれぞれのメディアの弱みを補完する方法論のことです。

たとえば、動画コンテンツを作ることを本業にできれば、たくさんのコンテンツを作れるかもしれません。

しかし、実際には私たちは通常のビジネスに充てる時間以外に、コンテンツ制作に充てられる時間というものは限られています。

そこで、たった一つのコンテンツであっても、いくつかの「ソーシャルメディア」を使って1コンテンツを水平展開させていくのです。

これを、「“ソーシャル”メディアミックス」と言います。

特に、一般的なメディア広告はお金がかかりますが、ほとんどのソーシャルメディアは無料です。

無料にもかかわらず、いったんコアなファンがついたら、広告以上に効果を発揮する場合もあります。

そのため、ひとつのコンテンツを作ったら、必ず考えられるだけのソーシャルメディアを活用して、それぞれのメディアに属するユーザーやファン層に訴求していくことが、あなたのコンテンツの知名度を高めていくことにつながります。

たとえば、YouTubeで動画コンテンツを作ったなら、最低でもブログ、Facebook、ツイッターで告知していくようにしてください。

それ以外のソーシャルメディアをお持ちの方は、現実的にメディアをマネジメントできる範囲でソーシャルメディアの数を増やしていくと良いでしょう。

ミシェル・ファンから学ぶYouTube実践テクニック

さて、それでは、ここからはYouTube運用上の実践テクニックをお伝えしていきます。

2013年3月にも「YouTubeマーケティング」について解説していますが、その回とは少し異なる視点からご紹介していきます。

こちらでは、以下の通り、ポイントを4点に絞って解説していきます。

  1. YouTubeチャンネルの最適化
  2. アドセンス広告の仕組み
  3. YouTube動画の最適化
  4. YouTubeアナリティクスの活用

1.YouTubeチャンネルの最適化

YouTubeチャンネルとは何か?

YouTubeチャンネルとは、YouTube上で作成できるあなたのアカウント専用のホームページのようなイメージです。

YouTubeチャンネルの説明1
https://www.youtube.com/user/MichellePhan

あなたが公開した動画は、このYouTubeチャンネルでカテゴリやテーマごとにグループ分けして表示していくことになります。

今後、あなたが自分のビジネス上のYouTubeアカウントを持ったら、最初に実行頂きたいことが、このYouTubeチャンネルの最適化です。

最適化と言っても、難しいことではありません。

あなたのYouTubeチャンネルに来訪者があった時に、あなたのチャンネルが何を発信しているのか、一目で直感的に理解してもらいやすくするためのものです。

YouTubeチャンネルのウェルカムページ(チャンネルデザイン)を整える

YouTubeチャンネル最適化を行う上で、最初に着手すべき点が、ウェルカムページを整える、ということです。

YouTubeチャンネルのウェルカムページを最適化する上では、3つのポイントがあります。

①象的なチャンネルアートを用意する

チャンネルアートとは、チャンネルの上部に表示される横長のヘッダー画像のことです。

YouTubeチャンネルの説明2
https://www.youtube.com/user/leadconsultingdotcom

この画像はYouTubeが用意してくれているわけではありませんので、自分のチャンネルのイメージに合った画像を用意する必要があります。

この画像を設定することで、自分のチャンネルが何をテーマとしているのかを来訪者に訴求することができます。

著名人のように名前そのものがブランドになっている場合は別ですが、ビジネスで活用する場合は一目でどのようなメリットが得られるチャンネルなのか、テキスト文字で説明されていることが理想的です。

②ソーシャルリンクを表示する

チャンネルアート部分には、あなたが保有する他のソーシャルメディアへのリンクアイコンを最大4
つまで表示させることができます。

このリンクを、「ソーシャルリンク」と呼びます。

ソーシャルリンクの説明

なお、ソーシャルリンクは、右上の編集タブから「チャンネルアートを編集」で設定することができます。

チャンネルアートを編集するボタン

③紹介動画(ウェルカム動画)を用意する

YouTubeチャンネルのトップページは、チャンネル登録者と未登録者で、それぞれ表示されるページが異なります。

チャンネル登録者には、そのユーザーの再生履歴を元にカスタマイズしたおすすめ動画が[次のおすすめ]として表示されます。

チャンネル未登録者には、あらかじめ紹介動画としてアップロードした動画が表示されます。なお、チャンネル登録者数を増やす上で、この紹介動画は重要な役割を果たします。
たとえば、YouTubeセレブリティの一人、Smoshの場合は、30秒のウェルカム動画の終了間際に、チャンネル登録を促すボタンが表示されるようになっています。

ウェルカム動画
https://www.youtube.com/user/smosh

YouTubeチャンネルへのチャンネル登録を促す

チャンネル登録の効果とは?

あなたが保有するYouTubeチャンネルには、あらゆる機会において「チャンネル登録」してもらうように促していきましょう。

なぜ、チャンネル登録してもらうことが重要かというと、登録者に動画のアップロード情報を流すことができるようになるためです。

YouTubeの扱いに長けたユーザーほど、自分が登録しているYouTubeチャンネルのアップロード情報をしっかりとチェックしています。

そのため、YouTubeチャンネルに登録してもらうことができれば、それだけあなたが動画を新規にアップした時に、その動画を再生してもらえる確率が高まるためです。

たとえば、こちらはミシェル・ファンのチャンネルに登録すると流れてくる更新情報です。

YouTubeチャンネルへのチャンネル登録を促す

また、YouTubeチャンネルでは、FacebookやTwitterアカウントへのリンクを表示させることができたり、自分がアップロードした動画を一括して表示させることも可能です。

各種ソーシャルアカウントとの連携
※各種ソーシャルアカウントとの連携が可能

シリーズものの動画を一括してまとめる
※シリーズものの動画を一括してまとめることができる(画像は14本シリーズのまとめ)

チャンネル登録者数を増加させる方法

それでは、ここでチャンネル登録者数を増加させる方法をお伝えします。

視聴者がそのチャンネルを登録したくなる大前提としては、やはり視聴者がまた観たくなるような魅力的な動画コンテンツを作ることが重要です。

ビジネス目的でYouTubeチャンネルを増やすためには、あなたがターゲットとする見込み顧客が視聴して役に立つと思われる専門知識を提供することが大切です。

それ以外に登録者を増やす方法としては下記の3つが挙げられます。

①アノテーションを設定する

アノテーションとは、YouTube動画にオーバーレイ(動画の上に覆いかぶさるように表示される)として表示されるクリック可能なテキストのことです。

この機能を使って、チャンネル登録を促すボタンを動画の再生中や動画の最後に表示します。参考までに、YouTubeセレブリティのSmoshのチャンネル登録促進事例をご紹介します。

Smoshのチャンネル登録促進事例

②「チャンネル登録をして下さい」と促す(行動訴求)

これは基本的なことですが、行動訴求を伝えない限りチャンネル登録は増えません。

明確なアクションとしてチャンネル登録を伝えないと、視聴者はチャンネル登録に意識が向きません。
そのため、動画の中でも最後でもチャンネル登録を促す文言やセリフを必ず入れるようにしましょう。

PewDiePieのウェルカム動画。動画の最後の部分でチャンネル登録を促しています。

PewDiePieのウェルカム動画
http://youtu.be/gRyPjRrjS34

③各動画の説明文で訴求する

アップロードする全ての動画、もしくは特に再生回数の高い動画の説明文の中で、視聴者にチャンネル登録を促すフレーズと登録するためのリンクを記載することも有効です。

PewDiePieが動画の説明概要欄でチャンネル登録を促す事例

PewDiePieが動画の説明概要欄でチャンネル登録を促す事例

週に1回はコンテンツをアップする

視聴者は規則性をもとめるので、決まった曜日に定期的に動画を公開すると効果的です。

テレビ番組のように毎週決まった同じ時間に動画がアップされることで、視聴が習慣化されていくと考えられます。

なお、週に1回以下だと視聴者の関心をつなぎとめることが難しくなる可能性があります。ミシェル・ファンの場合は前述の通り、毎週金曜に動画を公開しています。

2.アドセンス広告の仕組み

ミシェル・ファンの一つのキャッシュポイントとして考えられるのが、YouTubeのアドセンス広告です。

今後、あなたが人気の高いYouTube動画を作った場合、その動画にGoogle側が提供する広告を掲載することができます。

あなたがYouTubeにアップロードした動画の内容に合わせて広告が自動的に表示され、その広告が視聴者にクリックされた時に、あなたへの報酬が発生するというモデルです。

その報酬の発生源は、Googleへ広告を出稿している広告主からの広告費です。
それを、Google側とコンテンツ主であるあなたの間で配分されるというモデルです。
これは、ミシェル・ファンのような莫大な再生回数を誇るYouTubeセレブリティにとって、完全自動で手に入る、大きな収入源の一つとなっています。

なお、アドセンス広告による収入は、最初から莫大な収益が得られるわけではありません。

初めから過度な期待をせず、あなたのYouTubeチャンネルというメディアを育てながら、少しずつ収入が積み上げられていくようなイメージで考えておいて下さい。

もちろん、中には1本で100万再生を超えるようなメガヒット動画が生まれる場合もあるでしょうから、そういった場合は大いに期待できます。

しかし、まだ初心者の方の場合は、メガヒットを狙って渾身の1本をコストと時間をかけて作っていくよりも、ちょっとしたヒットになるような動画をスピーディに大量に作っていく方が、トータルでの広告収入は増える確率が高くなると私は考えています。

なお、アドセンス広告による収入に関心の高い方も多いと思いますので、ここは詳しくご紹介していきます。

ミシェル・ファンのアドセンス広告収入

海外に、YouTube動画の再生回数からおおよその広告収入を試算してくれるSTATSHEEPというサイトがあります。
http://www.statsheep.com/

こちらのサイトの試算によると、ミシェル・ファンのチャンネルは動画再生回数が約7億9千万回なので、CPM(ページ1,000PVごとの収益)を250円と仮に設定すると、

794,000,000÷1,000×250=198,500,000円(1億9,850万円)※
(一部、四捨五入して表示しています。)

といった試算になるそうです。
※1ドル=100円の仮定で計算
※本レポート作成時点での数値

アドセンス広告収入の画像

http://www.statsheep.com/MichellePhan

もちろん、これは仮説ですので正確に彼女がどれだけの広告収入を得ているかは不明です。

それでも、こちらの試算で約2億円近くの広告収入が算出された事は、YouTubeセレブリティになるといかに大きな収益が期待できるのかが理解できます。

それでは、YouTubeのアドセンス広告について、より具体的な話に移ります。

YouTubeのアドセンス広告の種類

それでは、アドセンス広告にはどんな種類があるのか、見ていきましょう。

アドセンス広告には下記の3タイプの広告があり、どのタイプの広告を表示させるか自分で決めることが可能です。

①InVideo(インビデオ)広告

インビデオ広告

こちらは、動画の下部に表示される半透明のオーバーレイ(動画の上に覆いかぶさるように表示される)広告です。
http://youtu.be/jKV-odZZGtk

上記は自分の顔の形にピッタリのメガネを紹介するミシェル・ファンの動画ですが、こちらにはメガネレンズ関連の広告が掲載されています。

②True View(トゥルービュー)インストリーム広告

トゥルービューインストリーム広告

コンテンツの再生を開始する最初の時点(プレロール)、再生途中(ミッドロール)、再生終了後(ポストロール)のいずれかもしくは全てに表示できる動画広告(5秒経過した時点でスキップ可能)です。

このタイプは、視聴者が広告を30秒間見るか広告をすべて見るまで報酬が発生しません。

③スキップ不可のインストリーム広告

コンテンツの再生を開始する最初の時点(プレロール)、再生途中(ミッドロール)、再生終了後(ポストロール)のいずれかに表示される動画広告(スキップ不可能)です。
※全てのパートナーに提供されている広告ではないため、このタイプの広告を使いたい場合は
YouTubeにリクエストを申請する必要があります。

自分のYouTube動画にアドセンス広告を掲載する方法

それでは、どのようにしたらアドセンス広告をスタートできるのか、その方法をご紹介します。
なお、こちらは非常にシンプルなステップでスタートできますので、ご参考にしてください。

  1. YouTubeにログインする
  2. 右上アカウント名の下矢印をクリックしてプルダウンメニューを開き、「設定」をクリック
  3. ページ下部の「その他の機能」にある「その他の機能を見る」をクリック
  4. 「収益受け取り」にある「有効」をクリック
  5. アカウントのステータスという画面が表示されたら「アカウントを有効にする」をクリック
  6. 表示された契約条件に同意する項目にチェックし、「同意する」をクリック
  7. アップロード済み動画から広告を表示したい動画を選択し、「編集」→「収益受け取り」→「広告で収益化する」にチェックを入れる
    YouTube動画にアドセンス広告を掲載する方法
    ※YouTube管理画面「アップロード済み」動画から収益化する動画を選択する
  8. 「同意する」ボタンをクリックし、広告フォーマットを選択し「変更を保存」をクリック

以上です。

YouTubeアドセンス広告による推定収益額の確認方法

なお、YouTubeのアドセンス広告による推定収益額の確認方法は、以下の通りです。

  1. 右上アカウント名の下矢印をクリックしてプルダウンメニューを開き、「動画の管理」をクリック
  2. 左側メニュー一覧から「アナリティクス」をクリック
  3. 表示された画面で推定収益額を確認できます

収入を受け取るためにYouTubeとアドセンスのアカウントを関連づける

なお、大前提として、実際に収入を受け取るためには、アドセンスのアカウントを保有しておく必要があります。

YouTubeアカウントとアドセンスアカウントを関連づける必要がありますので、これはGoogleの説明ページを引用してご紹介します。

承認済みのAdSenseアカウントをお持ちの場合:

  1. [チャンネル設定]の[収益受け取り]ページにアクセスします。
  2. [AdSenseとの関連付け]ページからAdSenseにリダイレクトされます。
  3. ページの一番下にあるオプションを選択し、使用するGoogleアカウントを選択します。
  4. そのGoogleアカウントのパスワードを入力します。
  5. 関連付けを受け入れると、再度YouTubeにリダイレクトされます。

注:上記の手順を実行することで、ご自分のYouTubeアカウントに関連付けられている
AdSenseアカウントの変更または更新を実行することもできます。

過去に一度もAdSenseアカウントを作成していない場合:

  1. [チャンネル設定]の[収益受け取り]ページにアクセスします。
  2. [AdSenseとの関連付け]ページからAdSenseにリダイレクトされます。
  3. ページの一番下にあるオプションを選択し、使用するGoogleアカウントを選択します。
  4. そのGoogleアカウントのパスワードを入力します
  5. 関連付けを確認し、お支払い情報を入力してから送信します。
  6. 再度YouTubeにリダイレクトされます(注:AdSenseから更新をお知らせするメールが届く場合があります)。

引用元:https://support.google.com/youtube/answer/72866?hl=ja

YouTubeではなぜコンテンツ保持者が有利なのか?

最後に、とても重要なお話しをしておきます。

これは、良質なコンテンツ保持者ほど収益的に優遇される、という話です。

YouTube動画において、アドセンス広告の収入は収益比率が高く、割が良いと言われています。そのため、良質な動画コンテンツを持っている方ほど、広告収入が多く得られることになります。その背景をご説明します。
YouTubeではアドセンス広告の収益が得られますが、アドセンス広告には、そもそも「コンテンツ向けアドセンス」と「検索向けアドセンス」の2種類があります。

それぞれの収益分配率は、「コンテンツ向けアドセンス」が68%、「検索向けアドセンス」が51%となっています。

YouTube動画コンテンツの場合は、当然ながら「コンテンツ向けアドセンス」の収益配分率が適用されるのです。

わかりやすく説明すると、広告主が1クリック100円払った場合、あなたの動画コンテンツに掲載
された広告を視聴者がクリックした場合は、あなたが68円、Googleが32円を得ます。

そして、同じ1クリックでも、「検索向けアドセンス」経由の広告をクリックされた場合は、あなたが51円、Googleが49円を得ることになります。

ちなみに、「検索向けアドセンス」とは、自分が持っているサイトにGoogleが提供する「検索ボックス」を設置して、そのボックス経由の検索結果画面に表示された広告をクリックすると報酬が発生する広告モデルのことです。

当然といえば当然ですが、やはり労力をかけて作ったコンテンツを保有するコンテンツホルダーへの収益分配率の方が高く、優遇されているようです。

よって、あなたが良質なYouTube動画をたくさん作れば作るほど、収益率の高い広告収入が得られることになるのです。

3.動画の最適化方法

なお、過去にも述べたことがありますが、あなたの動画を検索結果上位に表示させるために、以下の3点だけは必ず実行するようにしてください。

動画SEOを成功させる時、現時点におけるYouTubeアルゴリズムでは、たとえば「視聴時間が長い動画が優遇される」など、様々な要素が考慮されます。

そして、はっきりと分かっているものの中では、この3つが非常に大きな要素です。

①動画タイトルを最適化する

最初に、動画のタイトルに、あなたが狙う検索キーワードをしっかりと設置しておくことです。

当然のことながら、YouTubeの検索窓においても、人はキーワードを打ち込んで探してきます。

そのため、この動画タイトルにあなたのビジネス上、重要なキーワードを設置しておくことは最も大切な対策の一つと言えるでしょう。

「ネット集客」というキーワードを意識してタイトルに挿入している事例
※「ネット集客」というキーワードを意識してタイトルに挿入している事例
http://youtu.be/ziIwd-uLgJs

②概要欄を最適化する

次に大切なことは、動画を説明するための「概要」欄にも、しっかりとキーワードを散りばめておくことです。

こちらは比較的たくさんのテキスト文字が入れられますので、スペースを十分に活用しましょう。

また、自社サイトへのリンクや関連商品へのリンク、または視聴者のメールアドレスを取得するオプトインリンクも設置しておくと理想的でしょう。

なお、ポイントは、最初の3行以内に何らかのリンクを設置しておくことです。

4行目以降は「もっと見る」というボタンを押さないと、その下が見られません。

そのため、最初の3行以内にリンクがあれば、動画ページに訪れてすぐにリンクを表示させることができるためです。

最初の3行以内にリンクを設置

③タグを最適化する

管理画面では、各動画に「この動画はどんなカテゴリに分類される動画なのか」という識別単語である「タグ」を設定できるようになっています。

こちらにも、あなたが狙うキーワードをきちんと設置しておくことが、検索結果対策を行う上で大切なポイントと言えます。

タグを最適化
※YouTube管理画面のタグ設定画面。重要なタグキーワードを設定する。

4.YouTubeアナリティクスの活用

YouTubeアナリティクスとは何か?

YouTubeアナリティクスとは、YouTubeチャンネルの動向を分析するツールです。

YouTubeアナリティクスの活用
https://www.youtube.com/yt/playbook/ja/yt-analytics.html

これはYouTubeチャンネルを保有していれば、自由に使うことができます。

YouTubeマーケティングを進める上では、必要不可欠なツールと言えます。

こちらには「収益レポート」「再生回数レポート」「視聴者の反応レポート」の3つの大項目があり、それぞれの項目ごとに下記の通り詳細なレポートが用意されています。

「収益レポート」では、推定収益額や広告の掲載結果を調べることができます。

「再生回数レポート」では、再生回数、ユーザー層、再生場所、トラフィックソース、視聴されている端末や視聴者維持率を調べることができます。

「視聴者の反応レポート」では、登録者、評価、お気に入り、コメント、共有、アノテーションなどを調べることができます。

これらの情報を参考に、ぜひご自身のYouTubeチャンネルを分析してみてください。自分の先入観とは全く異なる意外なデータが分かることもあります。

どの指標に焦点を当てるべきか?

なお、YouTubeアナリティクスにおいて、チャンネル登録者増加目的と、動画の改善目的の2つの目的に分けて、数ある指標の中から特に重要なものを紹介したいと思います。

【チャンネル登録者増加目的】

  • 「チャンネル登録者のユーザー層」:主要なユーザー層が誰なのか把握します。
  • 「登録者」:チャンネル登録と登録解除は、どの動画からが特に多いかを把握します。
  • 「再生場所」「トラフィックソース」:どのトラフィックソースからの視聴者が多いかを把握します。

【動画の改善目的】

  • 「絶対的な維持率」「相対的な維持率」:視聴者がコンテンツにどのように反応しているかを把握します。
  • 「平均再生時間」:再生時間が長くなるコンテンツのタイプを判断します。
  • 「再生回数」:視聴者が特に活発な日を特定します。
  • 「アノテーション」:チャンネル登録を促すようなアノテーションを設定し、そのアノテーションがどのくらいクリックされているのかを把握します。
  • 「評価」「コメント」「共有」:どのようなコンテンツに視聴者が反応して喜んでいるのか、共感されているのかを把握します。

以上、これらの各指標を把握し、チャンネル登録者増加や動画の改善を図っていくようにしましょう。

やはり、動画の効果計測を継続してこそ、どのような動画が支持されやすい傾向にあるのか、今後どんなコンテンツを作っていくべきかの方針が明確になるものです。

ぜひ、これらの指標を参考にしてみて下さい。

まとめ

本記事では、特集としてYouTubeセレブリティ、ミシェル・ファンの事例をご紹介しました。

ぜひ、あなたも「YouTubeをビジネスに有効活用する」という明確な目的を持ったうえで、
「YouTubeチャンネルを作り、最初の1本目の動画を作る」ということを、進めて頂きたいと思います。

ミシェル・ファンも、ここまで来るのに2006年からスタートして、7年の歳月を経ています。

YouTubeに真剣に取り組んだからといって、いきなりYouTubeセレブリティになれるわけではありません。

継続的に動画をアップするという地道な努力が必要になると思いますが、YouTube動画はいちど作ってしまえば、「ネットアセット」、すなわちネット上の資産になります。

ネット上にあなたの動画が置いてあるだけで、集客の成功や収益が得られるようになるのです。特に今後、YouTubeは更に視聴者が増えていきますので、ぜひ活用すべきだと思います。
さて、ミシェル・ファンの事例を踏まえ、あなたはどのような行動を取ろうと思われましたか?ここで、ミシェル・ファンの成功のステップをあらためてまとめさせて頂きます。

  1. 継続的なコンテンツ発信により、共感者のコミュニティを作る
  2. YouTubeの動画コンテンツをメインとしながらも、あらゆるソーシャルメディアを活用する
  3. 人気と知名度の上昇と共に、アクセス数が増加し、メディア価値が向上する
  4. 広告収入を得る(アドセンス広告やGoogle側からのオファー)
  5. 自らのリピートファンに対して他社商品を紹介する(ランコムとの提携、継続課金サービスIpsyの開始)
  6. 自社ブランドの立ち上げ(ロレアルグループからのEm)

これは王道とも言える成功のステップとなります。
まずは、あなたがターゲットとする属性の視聴者にとって「役に立つ」と思われる動画はどういったものなのか、研究してみてください。

そして、できれば毎週1回は、動画コンテンツを作り、アップできるようにしてみてください。

チャンネル登録者が増えるにつれ、あなたのチャンネル全体の動画の再生回数も増えていくはずです。

また、本記事であらためてお伝えした動画の最適化により、YouTube内の検索エンジンはもちろん、一般の検索エンジン経由からも、あなたの動画へのアクセスは増えていくようになるはずです。

ぜひ、本記事の内容を参考にして頂き、YouTubeをマーケティングに活用してみてください。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

小谷川-拳次

リードコンサルティング株式会社
代表取締役 小谷川 拳次

【本記述の無断転載・転用・盗用を一切禁止します】
無断転載・転用・盗用といった著作権侵害には民事上・刑事上の罰則が適用されます。
当社コンテンツに関して著作権侵害行為が発見された場合、事前通告なく当社顧問弁護士がしかるべき法的措置をとりますので、ご注意ください。
※当社ではコンテンツの無断転載・転用・盗用を防ぐため24時間体制でシステムを使った監視をおこなっており、当社コンテンツと同じ表現はすべて自動的に検出されます。
Copyright (C) Lead Consulting Co., Ltd. All Rights Reserved.

あなたの動画コンテンツを販売して安定的な収入を手に入れる方法

あなたがお持ちの専門知識をお金に換金し、無限の収入と無尽蔵の集客を実現する“デジタルコンテンツビジネス”に興味はありませんか?こちらでは、2011年の黎明期からデジタルコンテンツビジネスで実績を出し続け、累計30億円以上の売上を得てきた「デジタルコンテンツビジネスの第一人者」が、“売れるデジタルコンテンツビジネスを作る21の原理原則”を僅か80分の無料ウェビナーで公開します。

ウェビナー登録者限定特典 特別MP3音声データ(45分24秒)プレゼント!

今すぐこちらをクリックして無料ウェビナーを視聴する

あなたのコメントをシェアしてください

この記事をご覧になって、あなたはどのような学びがありましたか?
また、ビジネスの現場で何を実践しようと決意されましたか?

ぜひ、以下にあなたのコメントをシェアいただければ幸いです。

人気の記事

  • ヒーローズ・ジャーニー(神話の法則)をビジネス活用する5ステップ

    ヒーローズ・ジャーニー(神話の法則)をビジネス活用する5ステップ

    あなたは、お客様の共感を生むストーリーの作り方に悩んでいませんか? そして、あなたのストーリーに共感したお客様が強力なファンになり、あなたのビジネスを応援してくれる方法があるなら、それを知りたいと思いませんか? そこでおすすめの方法が、「ヒーローズ・ジャーニー(神話の法則)」という理論です。 ヒーローズ・ジャーニー(神話の法則)とは、世界の映画市場において、もっとも商業的な成功をおさめているハリウッドの映画業界に大きな影響を及ぼした、と言われる有名な理論です。 世界的...
    23,542 views
  • ストーリーテリングとは?ビジネス活用の3つのフレームワークと事例

    ストーリーテリングとは?ビジネス活用の3つのフレームワークと事例

    あなたは、「顧客とより強固な結びつきを作りロイヤルティを高めることで、あなたの商品やサービスを選択してもらい、長期的な売上につなげたい」と考えたことはありませんか? あなたの身近にも、「コーヒーを飲むならスターバックス」「PCを買うならMac(アップル)」「テーマパークに行くならディズニーランド(ウォルト・ディズニー・カンパニー)」といった具合に、強いこだわりをもってリピート購入を繰り返している特定企業の商品やサービスがあるはずです。 これは競合他社がたくさん存在する中で...
    4,599 views
  • 電子書籍で収益を得たい方必読!3つのビジネスモデルと9つの戦略

    電子書籍で収益を得たい方必読!3つのビジネスモデルと9つの戦略

    あなたは、電子書籍を書いて多額の印税を手にしたいと思い立ったものの、具体的な電子出版の方法がわからず、何から手をつければ良いか悩んでいませんか? また、何とか自分で電子出版してみたものの、電子書籍がまったく売れずに困っていませんか? 実は、電子書籍を出版して成功するためには、特定の方法論とフレームワークがあるのです。 こちらでは、「電子書籍の概要」をわかりやすく解説しながら、「電子書籍で収益を得る3つのビジネスモデル」や「電子書籍マーケティングを成功させる9つの戦略」を...
    13,083 views
  • ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)3つの最重要ポイント

    ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)3つの最重要ポイント

    あなたは、「継続的に事業を成長させていきたいと思っても、具体的にどうやったら良いのかわからない」または「広告費ばかり浪費してしまい、投資したコスト以上の売上が回収できない」といった悩みを抱えていませんか? そんなあなたにおすすめしたい方法が、米国で体系立てられたダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)を実践することです。 実は、ホームページの文章を「正しい法則」にしたがって改善しただけで、売上を3倍、5倍と増やすことは簡単です。 しかも、「ある特別な数字」に注目すれ...
    7,111 views
  • セールスファネルとは?3つの成功事例とセールスファネルの作り方

    セールスファネルとは?3つの成功事例とセールスファネルの作り方

    あなたが商品を販売するとき、見込み顧客へどのような順番でアプローチして関係性を構築し、最終的な成約につなげればよいかを知っていますか? また、ひとたび商品を購入してもらったら、様々な追加商品をクロスセル・アップセルするための最適な方法があることを知っていますか? 実は、そのためにセールスの世界で確立されている方法論があります。 それが、「セールスファネル」です。 あなたがセールスファネルの概念を正しく理解し、ビジネスの現場に取り入れることができれば、効率的かつ最短で顧...
    5,487 views
  • あなたのパーソナルブランディングを成功させる6ステップと最新事例

    あなたのパーソナルブランディングを成功させる6ステップと最新事例

    あなたは、ライバルの多い競合市場で、お客様に選ばれるための方法に悩んでいませんか? そして、できれば価格に関係なく、あなたやあなたの会社がお客様から指名して選ばれる状況を作りたいと思いませんか? そこでおすすめの方法が、「パーソナルブランディング(Personal Branding)」です。 パーソナルブランディングとは、あなたについて、特定のイメージや印象を人々の中に築き上げる継続した行為を指します。 これは、ある個人が発信するブランディング・メッセージをとおし...
    9,354 views

新着ブログ記事

ブログ記事一覧

あなたの動画コンテンツを販売して安定的な収入を手に入れる方法

あなたがお持ちの専門知識をお金に換金し、無限の収入と無尽蔵の集客を実現する“デジタルコンテンツビジネス”に興味はありませんか?こちらでは、2011年の黎明期からデジタルコンテンツビジネスで実績を出し続け、累計30億円以上の売上を得てきた「デジタルコンテンツビジネスの第一人者」が、“売れるデジタルコンテンツビジネスを作る21の原理原則”を僅か80分の無料ウェビナーで公開します。

ウェビナー登録者限定特典 特別MP3音声データ(45分24秒)プレゼント!

今すぐ無料でPDFをダウンロードしてください
こちらにメールアドレスを登録すると、今すぐ本記事をPDF形式でダウンロードしてお読みいただくことができます。PDFのダウンロードリンクは登録いただいたメールアドレス宛にお送りいたします。
1 / 2
50%完了 これが最後のステップです。
あなたのご感想や期待の声をご記入ください!

※PDFのお届けにはコメントの入力が必要です※

この記事をご覧になって、あなたはどのような学びがありましたか?また、ビジネスの現場で何を実践しようと決意されましたか?ぜひ、以下にあなたのコメントをシェアいただければ幸いです。(まだお読みでない方は、この記事への期待の声をお寄せください!)

2 / 2
ご登録ありがとうございます!メールをお送りしました。
ご登録ありがとうございます!登録いただいたメールアドレス宛にPDFのダウンロードリンクをご案内するメールをお送りしました。
50%完了 これが最後のステップです。
【無料】デジタルコンテンツビジネスのルール 特別ウェビナー
2 / 2