動画セールス-売上を増やす5タイプの動画と13のフレームワーク

最終更新日:2020年9月25日
8 views

あなたは、「動画をたくさん作ってビジネスの売上を伸ばしたい」と思っても、実際にどのような動画を作ればよいかイメージが湧かず、動画制作に着手できないといった悩みを抱えていませんか?

特に、動画でセールスを実現するためのメッセージについて、「何を、どのような順番で話せばよいのかわからない」という方は多いようです。

そんなあなたにおすすめしたい方法が、売上を増やす5タイプの動画からあなたにとって最適な動画を選択し、決められたフレームワークに沿って動画を作ることです。

実は、ある特定のタイプの動画を、効果が実証されたフレームワークに沿って作るだけで、簡単に成約率の高い動画セールスが実現できるようになるのです。

この動画の作り方は、動画マーケティングが普及している米国で生まれ、発達しました。

実際に私自身もこの方法にしたがい、30万円の高額デジタルコンテンツを動画セールスで販売して、動画視聴者の5%を超える成約率を生み出すことができています。

そこで本記事では、「売上を増やす5タイプの動画」と「13のフレームワーク」を中心に、動画セールスを成功させるための具体的なノウハウをご紹介します。

こちらの内容をお読みいただければ、あなたは成約率の高い動画を数多く作成して動画セールスを成功させることで、売上を増やすことができるはずです。

ぜひ、この方法を参考にしてみてください。

目次

動画セールス-売上を増やす5タイプの動画と13のフレームワーク 概要

本記事のテーマは、「動画セールス-売上を増やす5タイプの動画と13のフレームワーク」です。

現在、マーケティングにおいて、動画を使わない手はありません。

もしもあなたが何らかのビジネスをおこなっていて、まだ動画を活用していない場合、新しいお客様を獲得するための大きな機会損失をしている可能性があります。

統計情報は後述しますが、多忙な現代において、人が何らかの情報を得たり、購買の意思決定をするうえでは、動画を視聴する時間が増えてきています。

動画再生ボタンのイメージ

マーケティングの原則のひとつに、「人が集まる場所で商売をする」という考え方があります。

もしオンライン動画を視聴する人が増えてきている、ということであれば、この「動画」という人気の高い媒体をぜひ活用すべきです。

その結果、ビジネス事業者は自社の商品やサービスを知ってもらうための大きなチャンスを得ることができます。

ただ、動画をビジネスに活用すればよいとはわかっていても、どのような動画をどのような流れで成約にまで結びつけることができるのか、わからない方もいらっしゃると思います。

たとえば、ちょっとした情報提供動画や商品をセールスする動画を単体で作る方は増えています。

ところが、ひとつひとつの動画が体系的に結びついていないために、ビジネスで成果がでない、というケースが多いのも事実なのです。

そのため、私は、ビジネスで動画を使って成果を出すための一連の動画構成を、「動画セールス」と名付けることにしました。

これは、動画を使ってビジネスで成果を出すための、ひとつのフレームワークです。

もちろん、動画を使ってビジネスに活用する方法は色々なパターンがありますが、これは一つの「型」だと思ってください。

そこで本記事では、動画セールスの構成を実例を交えてご紹介していきます。

ここで、なぜ動画は効果が高いのか、それを証明する統計情報をお伝えします。

動画の効果を証明する統計情報

1分間の動画に180万語分の価値

Forrester-Researchのロゴ

出典:Forrester Research

Forrester Researchによれば、1分間の動画には、英語で180万語分の価値があるそうです。

これは一般的なウェブサイトの3,600ページ分の情報に相当するそうです。

この場合、わずか1分間の動画であったとしても、視覚的な情報や動画としての伝達特性によってそのような価値が生まれるそうです。

ちなみに、これが1枚の画像の場合は、1,000語程度の情報価値になるそうです。

このように、動画は、圧倒的な情報価値が伝えられる伝達手段だということが分かります。

75%のエグゼクティブが専門的な動画を視聴

Forbesのロゴ

出典:Forbes

Forbesによれば、75%のエグゼクティブが、自分の仕事に関連した動画を最低週に1回は観ていて、そのうちの50%はYouTubeを観ているそうです。

そして、その内の65%は、その動画を観た後、紹介されたウェブサイトに来訪するそうです。

また、Forbes Insightによれば、59%のシニアエグゼクティブ(会社役員クラスの人物)はテキスト文字を読むよりも、動画で情報を取得することを好むそうです。

そして、その内65%のシニアエグゼクティブが、その動画から動画提供元のサイトに飛び、その内50%が更なる情報を求め、うち45%が成約に至る傾向があるそうです。

45.4%の人が月に1本のオンライン動画を視聴

comScoreのロゴ

出典:comScore

comScoreの情報によれば、米国では45.4%の人が月に1本のオンライン動画を視聴しており、オンライン動画を観ている人は、1日あたり1億人存在するそうです。

これは、オンライン動画がいかに普及し、浸透しているかの証明となります。

そのほかにも、90%の主要なネット通販会社の顧客は、購買決定をする際に、動画が役立つと語っています。

また、小売り系のウェブサイトの動画を観た人の64%は、その直後に商品を購入しているそうです。

動画の有無によって403%もの違い

Australian-real-estate-groupのロゴ

出典:Australian real estate group

Australian real estate groupによれば、不動産のネット広告を出稿した場合、動画の有無によって403%もの違いが生まれたそうです。

これは、不動産業界の広告においては、動画を設置すると効果が高いという証明の一つになります。

以上のように、ビジネスで動画を活用することは、そうでない場合と比較して大きな可能性があると考えられます。

YouTubeの動向

今回お伝えする動画セールスは、YouTubeを活用していきます。

YouTubeのロゴ

出典:YouTube

現在、世界ナンバーワンの動画共有サイトであるYouTubeで動画を活用することができれば、ビジネスで大きな成果を出すことができます。

YouTubeの公式プレス情報によれば、現在YouTubeでは以下のようなデータが発表されています。

  • 毎月10億人以上のユニークユーザーがYouTubeにアクセスしている
  • 毎月60億時間以上の動画がYouTubeで視聴されている。これは、地球上のすべての人が毎月約1時間視聴している計算になる
  • 1分あたり約100時間分の動画がYouTubeにアップロードされている
  • Nielsenの調査によると、米国の18~34歳はいずれのケーブルテレビ局よりもYouTubeを多く利用している
  • 特定のYouTubeチャンネルへの登録は毎日、何百万件も行われている

また、米国において、オンライン動画視聴者の68%はYouTube動画を視聴している、というデータもあります。

もちろん、米国の情報をそのまま日本に当てはめるわけにはいきません。

しかし、ネットマーケティングの大まかなトレンドを見ていくと、だいたい米国の現状の2年後が日本の状況になる、と考えられています。

そのため、今後は日本でもますます、YouTubeユーザーは増加していくと言えるでしょう。

集客―教育―成約の流れで動画セールスを構築する

動画をセールスのために有効活用する際に大切なことは、ただやみくもに専門的な動画コンテンツを作ってYouTubeにアップすることではありません。

動画は作ること自体が目的ではなく、それを使っていかにビジネスで成果を出していくか、ということが大切です。

そのために考えなければならない重要な目的は、以下の3点です。

第1に、動画を使って「集客」することです。

第2に、動画を使って「教育」することです。

第3に、動画を使って「成約」することです。

「集客」とは、主に動画SEOを考えることになります。

具体的には、毎月10億人以上のユニークユーザーがアクセスする世界最大の動画共有サイト、YouTubeの検索エンジンであなたの動画を上位表示させてアクセスを獲得することです。

「教育」とは、最終的に販売する商品やサービスを販売するための情報を提供するためのシリーズ動画を作成して、見込み顧客に情報提供することです。

「成約」とは、販売するための動画や実績を証明するための顧客の声を動画として提供し、セールスを成功させることです。

この集客―教育―成約までの一連の流れを複数の動画群でパッケージ化できれば、ビジネスで求める成果を出しやすくなります。

集客 > 教育 > 成約

また、このフレームワークで成果を出せるようになったら、水平展開で別の商品やサービスのマーケティングにも活用することができるようになります。

それでは、動画セールスはどのような構成で進めるかを実例とともに見ていきましょう。

動画セールスの構成

最初に、動画セールスの構成についてお伝えします。

ビジネスで成果を生むための動画は、以下のような一連の動画群をパッケージ的にそろえていくことです。

  1. 集客動画
  2. オプトイン動画
  3. 教育動画
  4. 証明動画
  5. セールス動画

こちらは、単体の商品やサービス毎に、この動画セールスを用意していくことで、動画による集客からセールスまでの流れを自動化することができます。

集客動画 > オプトイン動画 > 教育動画 > 証明動画 > セールス動画

まずはこの流れを覚えておいてください。

1. 集客動画

集客動画とは、その動画自体が勝手に検索エンジンから視聴者を集めてくる動画のことです。

具体的には、YouTubeを利用して、アップした動画から一人でも多くのアクセスを集めてくることです。

そして、そのトラフィックを見込み顧客のメールアドレス取得につなげていくことです。

YouTubeに動画をアップすることは、集客上、主に2つのメリットがあります。

1つ目のメリットは、世界第2位の検索エンジンであるYouTube内の検索窓で情報を検索する人たちに、あなたの動画を見せることができることです。

2つ目のメリットは、YouTubeはGoogleの傘下なので、Googleの一般検索エンジンでもYouTubeの動画情報は検索結果画面に現れるようになるということです。

※「ネット集客」で検索して表示された弊社YouTube動画

Googleの検索欄にネット集客と入力した検索欄
ネット集客で検索して表示された弊社YouTube動画

出典:Google ※「ネット集客」で検索して表示された弊社YouTube動画

ここで、以下のとおり、集客動画について大切なポイントをお伝えします。

1. 検索需要から逆算した専門的な動画を用意する

集客動画を作る時に、膨大な再生回数を稼ぐようなバイラル動画を作ろうと意気込む必要はありません。

よく、可愛いペットの面白いしぐさなどで膨大な再生回数を稼ぐバイラル動画がありますが、このような動画とビジネスで活用する集客動画は全く性質が異なるものです。

集客動画を作る上であなたがすべきことは、特定の分野におけるプロフェッショナルとして、常に専門的な知識の提供を目指すことです。

「その情報を視聴しただけで探していた課題を解決するためのヒントが得られる」といった動画になっていることが理想的です。

集客動画とは、その動画をYouTube上に設置しておくだけで、お客様のほうからアクセスしてくれるようになる動画です。

そして、そのために大切なことが、顧客の「検索需要」から逆算したキーワードは何か、きちんと調べておくことです。

見込み顧客があなたのビジネスの専門分野において何か問題を感じた時に、どのようなキーワードで検索するかは、おおよそ予測がつくのではないかと思います。

たとえば、不動産業をされている方の例で考えてみましょう。

タワーマンションのイメージ画像

東京都港区において、少し高級な不動産の賃貸物件を探しているというお客様は、おそらく以下のようなキーワードで検索される可能性が高いはずです。

「港区 不動産 高級賃貸」「港区 高級マンション 賃貸」

すると、この検索需要に対応するためには、

「東京都港区でオススメの高級賃貸物件10選」

「東京都港区で人気が高い高級マンション ベスト10」

といったタイトルの動画が用意されていれば、おそらく見込み顧客の方は、その動画を興味深く観てみることでしょう。

集客動画を作る際には、顧客が何を求めているか、どのようなキーワードで情報を求めるのか、このポイントに想像力を働かせることがとても大切になります。

こちらが作りたい動画を作るのではなく、常に市場の検索需要に応えられる動画を作ることが、検索エンジン上で動画自体がアクセスを呼び込むための基本的な考え方となります。

このように、あなた自身が想像力を働かせることで、見込み顧客にとってどのようなキーワードが重要になるか、メインとなるキーワードは類推できると思います。

そして、コアとなるキーワードがわかったら、Google広告が提供するキーワードプランナーのようなツールを活用することです。

そこで特定のキーワードと一緒に検索されることの多い類語を探していくと、よりキーワード候補が見つかりやすくなるでしょう。

Google広告-キーワードプランナー出典:Google広告 キーワードプランナー

この場合は、勘に頼るのではなく、実際に月間どのくらいの方がそのキーワードで検索しているのかの数字がわかりますから、統計的な裏付けを確認することができます。

ほかにも、あなたのビジネスにおいて、もっとも理想的と思える10人の上質なお客様にインタビューさせてもらい、その方々が検索する際のキーワードは何か聞いてみるのもよいでしょう。

なお、動画の内容は、あなた自身がカメラに向かって話すプレゼン方式があります。

たとえば、こちらの動画です。

こちらはソーシャルメディアコンサルタントのマリ・スミス氏が提供する、ソーシャルメディアに関する専門的な動画となります。

ソーシャルメディアに動画を統合し活用する方法について、専門的な情報を公開しています。

こちらはペットのようなバイラル動画ほどの再生回数はありませんが、この特定の専門的なテーマについて情報が知りたい方にとっては、大変勉強になる内容になっています。

なお、プレゼンが苦手な方やご自身が前面に出る必要が無い方の場合は、別の方法があります。

それは、たとえばナレーターがパワーポイントの資料を使って説明するような、人物を前面に出さない方式です。

もしも個人としてのキャラクターを立てていくような場合は、前者の方法をおすすめします。

こちらの動画は、自分自身が出ないパターンの事例となります。

市販されているソフトでは、Camtasia(カムタジア)のような動画編集ソフトを活用すると簡単に編集できます。

Camtasia-カムタジア-ホームページ

出典:Camtasia

Camtasia(カムタジア)は無料試用版がダウンロードできますので、まずはインストールして使ってみることをおすすめします。

Macの場合、画面録画をおこなうには、標準装備されているQuick Time Player(クイックタイムプレイヤー)が便利です。

Quick-Time-Player-ロゴ

出典:Quick Time Player

ぜひ、ご参考にしてみてください。

2. 検索エンジンから動画を見つけてもらいやすいように最適化する

1.のステップでどのような動画にするかを決めたら、そのキーワードをベースとして、あなたの動画を最適化する必要があります。

これは、動画の「タイトル」「概要欄」「タグ」に、そのキーワードをきちんと入れておくことです。

タイトル
動画のタイトルの設定事例

※「ネット集客」というキーワードを意識してタイトルに挿入している事例

概要欄
概要欄にネット集客というキーワードを入れた説明画像

※概要欄にも「ネット集客」というキーワードを入れている

タグ
管理画面のタグ設定画面

※YouTube管理画面のタグ設定画面

これで顧客の検索需要に対応した集客動画を作ることができます。

その結果として、検索エンジンから動画へのアクセスを増やすことが可能になります。

3. 痛みや問題の解決をフックにする

顧客が自分の必要とする情報を検索して集客動画にたどりついたら、そこでは痛みや問題の解決をフックにして関心を惹きつけるようにします。

フックとは、興味を持たせるために、最初の「ツカミ」を得ることです。

この「ツカミ」が得られれば、そのほかの関連動画も視聴してもらえる可能性が高くなります。

人が情報を探すときは、その問題を解決できるのであれば今すぐにでもお金を払ってもよい緊急性の高い情報と、そうではない情報に分けられます。

集客動画では、主に前者の情報を探す方々を対象にしていくと、後々のセールスの成約率が高くなっていきます。

たとえば、以下は、「Crazy Egg(クレイジーエッグ)」という、ウェブサイト解析のツールを提供する会社の動画となります。

せっかくウェブサイトに訪れた顧客が、なぜ成約にまで至らないのかという顧客の痛みに訴求し、その分析と改善を提案できるという訴求をおこなっている秀逸な動画です。

ぜひ、ご参考にしてみてください。

4. コール・トゥ・アクション(行動訴求)を伝える

この動画を観た後、どんな行動を取って欲しいのかを、動画の中で明確に指示するようにします。

動画セールスでは、集客動画の次に、顧客のメールアドレスを獲得するためのオプトイン動画が掲載されている「オプトインページ」を見せる流れを取ります。

そのため、集客動画でのコール・トゥ・アクション(行動訴求)は、オプトインページへのURLをクリックすることを推奨する形にします。

一つは、動画の最後の部分に、「特別無料プレゼントをご提供しています。今すぐ動画の下にあるURLをクリック」といった情報を記載して、オプトインページに飛ばすことです。

この場合は、動画の下にある概要欄にオプトインページのURLを紹介しておきます。

そしてもう一つは、動画の中にて「アノテーション」機能を使うことです。

アノテーションとは、YouTube動画に重ねて表示できるクリック可能なテキスト機能のことです。

アノテーションのイメージ画像

この機能は、YouTubeの管理画面の中で、設定することができます。

動画内の特定のタイミングでこちらの希望する文章とリンクを挿入することができますので、ぜひ実行してみてください。

この方法であれば、顧客が動画視聴画面から目をそらすことなく、そのままオプトインページへと誘導することが可能になります。

なお、YouTubeの説明によれば、以下のようなアドバイスがされています。

  • 動画の下3分の1にあたる部分にはアノテーションを配置しない(広告オーバーレイでアノテーションが見えにくくなることがあるため)
  • 画面の最上部にも配置しないようにする

最適化の項目でお伝えしたように、概要欄にオプトインページへのURLを紹介しておき、オプトインページへと誘導する流れを取ることは最も重要です。

それに併せて動画の中でもオプトインページへのリンクを誘導することによって、より多くの登録数を得ることが可能になります。

5. できるだけ尺の短い動画にする

動画マーケティングの世界では、「10秒の法則」というものがあります。

マーケティングの調査会社であるVisible Measuresによれば、動画に訪れた人のうち、20%の人が10秒以内にその動画から離れてしまうそうです。

また、視聴開始から30秒で、30%以上の人が、1分以内に45%の人が、そして2分以内に60%の人が離脱するということです。

しかも、この数値データは、どのような尺の長さの動画であっても、ほぼ同じ傾向が見られたそうです。

これは何を意味するかというと、たまたま検索して辿り着いたあなたの動画には、興味が無ければすぐに離脱されてしまうことを意味します。

集客動画の段階では、あなたの動画だから、あるいはあなたの会社の動画だから、といった「指名」で来訪するわけではありません。

ということは、集客動画については10分以上の動画よりも、1分~3分程度の長さにまとめたコンパクトな尺の動画の方が、離脱される前にこちらの伝えることが伝わりやすいということです。

2. オプトイン動画

オプトイン動画とは、集客動画に訪れた顧客のアクセスを、さらにメールアドレスを取得する専用のオプトインページと呼ばれるページに誘導し、そこで視聴させる動画です。

動画セールスの中では、後の売上にも影響してくる大切な部分となります。

ネットマーケティングにおいては、あらゆる顧客接点の機会を通して、まず見込み顧客のメールアドレスを獲得することを目標とします。

一般的なオプトインページは、テキストによる説明文のみで、何かのプレゼントと引き換えにメールアドレスを登録してもらう形になっています。

しかし、ここでオプトインページ内に動画があると、登録率が上がる傾向があります。

そのため、オプトインページでは、ぜひ登録してもらうための専用の「オプトイン動画」を設置しておくようにしましょう。

オプトイン動画の特徴としては、いずれも1分~2分程度の短い動画で、どのようなメリットが得られるのかを端的に説明する動画にするとよいでしょう。

たとえば、以下のような動画は、これからメールアドレスを登録することで、どのような情報が得られるのかがわかりやすい内容として説明しています。

オプトイン動画のイメージ

出典:developlifestyle.com

または、そこに登録したらどのような情報が得られるのか期待感を抱かせるような、専門用語では「ティーザー動画」と呼ばれるタイプの動画を作成し、設置します。

ティーザー動画の弊社実例

オプトインページは、メールアドレスを獲得することに特化しているページです。

そのため、来訪者の関心が他に移ってしまうような情報がなく、登録率が高くなりやすい傾向があります。

また、前述したとおり、オプトインページには、集客動画の中に設置するアノテーションや概要欄にリンクを紹介してアクセスを流すようにします。

特に、概要欄では最上部から3行以内にオプトインページのURLを設置しておくことが大切です。

このスペース以下に文章を置いておくと、「もっと見る」ボタンを押さないと文章が見れなくなるためです。

なお、オプトインページがすぐに作れない方もいらっしゃると思います。

しかしながら、そのような方でも、おそらくブログはお持ちである可能性が高いはずです。

もしもブログをお持ちの場合は、たとえば、いったんブログの特定のページにオプトイン動画とメールアドレス登録フォームを記載した記事を記載しておき、そちらのURLを紹介する形でも良いでしょう。

このオプトイン動画を通して、見込み顧客のメールアドレスをしっかりと獲得していきます。

3. 教育動画

見込み顧客のメールアドレスを獲得したら、その後に大切なことは、動画をとおして顧客を教育することです。

メールアドレスを獲得したからといって、いきなりたくさんのセールスメッセージを送ってしまっては、顧客に共感されるどころか、すぐに配信を拒否されてしまうようになるでしょう。

この段階で大切なことは、集客動画という短時間で興味をもってくれた方々に対して、さらに追加の情報を送ってあげることです。

ここでおすすめの方法としては、いくつかのシリーズ的な動画を見せていくことです。

この教育プロセスを自動化するためには、ステップメールを活用します。

たとえば、「節税の効果的な方法 全10本講座シリーズ」といった具合に、毎日1本、10日間に渡って動画が届けられるように設定するとよいでしょう。

これは、テキストメール形式であればメールの中に動画へのURLを挿入しておくか、HTML形式であれば動画の再生キャプチャ画像をセットして自動配信されるようにできるとよいでしょう。

この教育動画では、あなたが提供する商品やサービスに関して、より深い情報をお届けする内容になっています。

ここで大切なことは、以下の3点を教育動画の中で示していくことです。

  • あなた(あなたの会社)は、この領域でプロフェッショナルであること
  • あなた(あなたの会社)は、この問題を解決するためにベストな人間(会社)であること
  • 見込み顧客の問題解決やニーズを満たす情報を体系立てて伝えること

たとえば、こちらは参考にしていただける事例です。

教育動画では、以上のような内容を動画で提供していきます。

4. 証明動画

オプトイン動画を設置したオプトインページで見込み顧客リストを集めて教育したあとは、情報の受け手側でも、徐々にセールスを受け入れるための心理的準備が整ってきます。

この段階では、自分が求める情報が得られることで、情報提供者であるあなたやあなたの会社にも、共感を感じているはずです。

そこで、一連の教育動画をステップメールで配信したあとは、いよいよセールスに入ります。

ただし、教育動画のあとにいきなりセールスに入るのではなく、これまでどれだけ実績を出してきたのか、あなた自身やあなたが扱う商品の実績を証明する「証明動画」を紹介することをおすすめします。

これは、マーケティングで「テスティモニアル(Testimonials)」と呼ばれる方法で、これをテキスト文字ではなく、動画で見せていくことです。

証明動画は通常、セールスレターの中に入れて紹介するケースが多いですが、ここではセールスの前段階で、いかに効果があるかを説明し期待感を高めていきます。

セールスレターの中にも同じ証明動画を入れておいてよいのですが、セールスレターの中だけでは読み飛ばされてしまう可能性もあります。

そのため、きちんと3パターンくらいの動画を用意して、順次、セールスの前にメールで配信していきます。

証明動画の3つのパターン

セールスに入る前に、あなたの商品やサービスはどれだけ顧客の役に立つものなのか、以下の3つのパターンで動画を作成していきます。

1. 顧客の声を紹介する

これは、お客様からなぜその商品が良いのか、感想をいただくことです。

こちらは、アメリカで「セールスの権威」とされるブライアン・トレーシーの「スピーキング・アカデミー」のテスティモニアルです。

2. 業界の権威から推薦してもらう

これは、その業界で権威的な方から、推薦の声をいただくことです。

もちろん、簡単にできないかもしれませんが、実現できると信憑性が高まります。

3. Before Afterの事実を紹介する

これは、その商品を使う前後の事実を動画で解説する動画です。

ダイエット関連の商材などでは、視覚的に効果が分かりやすいテスティモニアルになります。

5. セールス動画

顧客への教育が完了し、証明動画も紹介することで顧客との信頼関係が築けた後は、いよいよセールス動画を提供します。

なお、最近では、縦長型の非常に長いセールスレターよりも、動画だけでセールスを完結させる事例が増えてきています。

長い文章を最後まで読むのは大変でも、動画であれば、お客様の負担が少なく最後までメッセージを見ていただける可能性が高くなるようです。

たとえば、以下のようなシンプルなページでも、動画で説明を見るだけで購入に誘導することが可能です。

セールス動画のイメージ
出典:thelaunchbook.com

なお、効果的な販売方法としては、証明動画を紹介したあとに、販売期間を区切ってご案内する方法があります。

実際に成果を出した方や推薦者の動画をご紹介したあと、「いよいよ明日から48時間限定で、特別なご提案をさせていただきます」といった具合に、限定性を訴求したメールを販売前にお送りします。

そして、実際にその限定期間で販売を開始します。

たとえば、メールをご案内してから48時間でセールスページの受付フォームが閉じて、販売を終了するようなプログラムを設定することも可能です。

動画の中では、その商品をとおして得られるメリットをしっかりと説明した上で、なぜお客様がこの商品を手にしていただく必要があるのか、しっかりと説明していきましょう。

セールス動画では、以下のように3つのクロージングへの導線が考えられます。

1. 動画の下に申し込みバナーを表示させる

これは、最初から、あるいは動画が再生されて一定時間が経ったら、動画の下に申し込みのためのバナーを表示させることです。

2. アノテーション機能を使い、決済リンクを表示させる

セールス動画の中にアノテーション機能で決済リンクを直接案内することも可能です。

3. 動画の中で、電話番号を案内する

動画を観た人がすぐに行動を取れるように、電話番号をしっかりと案内することも有効です。

これらの方法で、顧客に購買行動を起こしてもらうようにお導きします。

以上、動画セールスとして1~5までのステップを経ることで、動画を使った集客・教育・成約が効果的に成功するようになります。

動画セールスを成功させる13のフレームワーク

次に、「実際にどのような構成でプレゼンを組み立てればよいのか?」という内容に移ります。

その問いに対する答えは、実はシンプルです。

それは、「セールスレターの組み立て方と同様にすればよい」ということです。

セールス動画の組み立て方のイメージ

動画というと、「映像をいかに作るか?」とったイメージが先行すると思いますが、セールスプレゼンテーションの場合、その要素を構成しているものは「文字情報」です。

動画では単に「商品の映像」だけを流していればよいわけではなく、セールスをおこなう場合は「商品の説明」をしていかなければなりません。

その際に確実に必要になってくるのは、「セールストーク」です。

そして、動画で商品やサービスを売るために「何を」「どのような順番で」説明するかというのは、セールスレターの構成が大いに参考になるのです。

ですから、今まで効果が証明されていたセールスレターの構成を、そのまま動画に変えていけばよい、という考え方ができます。

ラポールファネルとは

では、どのような構成にすれば、効果的なセールス動画が作れるのでしょうか。

そこで、セールス動画を作成する際に有効なフレームワークをご紹介します。

それが、以下の「ラポールファネル」です。

ラポールファネル

このラポールファネルは、私がセールスレターを書く際に「共感を生むための方程式」として独自に編み出した思考フレームワークです。

これは私自身が実際にセールスレターや動画のシナリオを作る上で、必ず使用するものです。

このフレームワークの通りに説明すれば、お客様に共感を感じてもらいながら、無理なく購入いただけるようになります。

なお、ご存じの方も多いかもしれませんが、念のため「ラポール」という言葉について解説します。

ラポールとはフランス語で「橋を架ける」という意味があり、心理学的には相手の共感を得ることを意味します。

「ファネル」とは、「漏斗(ろうと)」の意味です。

漏斗のイメージ

セールス用語として有名な「セールスファネル」は、主に顧客化の導線を描いたフローを表します。

それに対してラポールファネルは、人からの共感を得て、イエスと言う心理を引き出すために効果的です。

ラポールファネルは、必ずしも記載されているすべての要素を使う必要はありません。

また、場合によっては順番を変えても大丈夫ですが、ファネル上部から下部に至る順で各要素を説明していくと効果が出やすいことがわかっています。

なお、弊社の実例として、過去にこのラポールファネルの形式に沿った90分ほどのウェビナーを実施したことがあります。

その際、価格298,000円のデジタルコンテンツが、対視聴者数にて15%の成約率で販売できた実績があります。

通常、30万円レベルの価格帯になってくると成約率は1%未満まで下がりますが、このフレームワークに沿って動画でプレゼンをおこなうことにより、大きな成果が生まれました。

それでは、ラポールファネルのそれぞれのポイントについて、どのように動画で説明していけばよいかを解説していきます。

1. 明確なコンセプト・フックを提示する

最初に、もっとも大切になってくるのが、明確なコンセプトとしての「フック」です。

フックとは、釣り針や、ものを吊るすといった英語ですが、これは簡単にいえば、「視聴者を驚かせ、惹きつける企画性」になります。

現在、人が毎日暮らす中で、マーケティングメッセージ、セールスメッセージというものはありふれています。

セールスレターも動画も同じですが、冒頭で注意を惹きつけることができれば、その後のメッセージを続けて視聴してもらいやすくなります。

逆に、冒頭で十分な注意を惹きつけることができなければ、すぐに離脱されてしまうでしょう。

だからこそ、あなたの商品やサービスにおいて、人を驚かせるほどの明確なコンセプトをフックとして用意する必要があるのです。

たとえば、こちらのプレゼン動画は、Appleの元CEO、スティーブ・ジョブズ氏の初代iPhoneのプレゼンです。

「今日は、私が2年半の間、ずっと待ち望んでいた日です。」

と述べた後、これまでアップルが世に出した製品を紹介しつつ、期待感を高めていきます。

冒頭から期待感を高めていきますので、「いったいどんなものが発表されるのか」という気持ちを持ちながら、次の話を楽しみにしてしまいます。

ジョブズは、これまで世に存在した製品とはどれとも違う、「電話、インターネット、音楽など、全ての要素を取り込んだ革新的な製品」をフックとして、iPhoneを説明していきます。

なお、このパートでは、具体的に以下のような要素があるとフックとして注意を惹きつけられます。

  • 実績を訴求する
  • 目新しさを訴求する
  • 伝統・歴史といった古さを訴求する
  • 手短に、短時間でできるといった利便性を訴求する
  • 他ではできないが、なぜ自分ならできるのか、といった“違い”を訴求する

ここで、あなたがプレゼンで使用できるような参考フレーズをご紹介します。

「この動画では、わずか3カ月という短期間で売上を3倍にした理由を説明します」(実績)

「この動画では、これまでどのクリニックでも症状が良くならなかった患者さんが、なぜ、当院の治療で症状を治すことができたのか、その全てを説明します」(他社との違い)

「この動画では、たった一つの運動を1日15分続けるだけで、1カ月で10キロの減量に成功した秘密をお伝えします」(利便性)

このような、明確なコンセプトとしての“フック”を提供します。

この説明を冒頭で行うことで、「この先の動画を観てみよう」と、視聴者の興味を惹きつけることができるようになります。

2. ベネフィットを伝える

フックで注意を惹きつけたら、次に大切なことは、すぐにベネフィットを説明することです。

ここでのベネフィットとは、第一に、この動画を最後まで見終えることで、視聴者が得られるメリットです。

第二に、今回紹介する商品やサービスを使うことで、視聴者が得られるメリットです。

初めから視聴者が何らかの商品やサービスを説明することが分かっている場合は後者を強調すると良いでしょう。

ただ、まだどんな商品が紹介されるかが分からない視聴者に対してベネフィットを説明する場合は、とりあえず

「この動画を観終わる頃には、あなたは○○が理解できるようになっている」

「○○の理由、原因が分かるようになっている」

といった、教育的なベネフィットを訴求しても良いでしょう。

冒頭のフックというのは、あくまで興味や注意を喚起するものですから、その次の段階で、

「自分にとって、どんな得があるのか?何が得られるのか?」

といったベネフィットを強調していきます。

3. ストーリー・例え話を語る

「明確なコンセプト・フック」、そして「ベネフィット」を伝えることによって、動画を視聴するための動機が十分に高まったら、このタイミングで初めてあなたの自己紹介をすると良いでしょう。

動画の最初でいきなり自己紹介を始めるよりも、「この動画を観てみよう」という状態が十分に整ってから説明したほうが関心をもって聞いて頂けます。

その際に大切なことが、商品のストーリーを交えて話すことです。

自己紹介を始める時は、肩書や経歴といった「機能的な情報」を伝えることはもちろん、それに加えて、共感を生む「情緒的な情報」を伝えると効果が高くなります。

ストーリーを語る際には、以前に「売れるストーリーの作り方」で説明した、ヒーローズ・ジャーニー理論を参考にすると良いでしょう。

ハリウッド映画でも多用されている、共感を生む黄金則とも言えるメソッドとなります。

参考までに、こちらは、「物語の法則」という書籍です。

物語の法則の書影
⇒ http://amzn.to/1g1hNRk

ヒーローズジャーニーは厳密に言えば、本書で解説されている12の構成から成り立っています。

ただ、簡単に「4つの要素」に圧縮してまとめると、この言い方が効果的です。

ステップ1. (あなた、またはあなたの顧客が)何をしてもうまくいかなかった、失敗続きだったという事実を説明する

ステップ2. 過去の失敗の全てを覆すようなキッカケ(商品)との出会いを説明する

ステップ3. 実際に、人生が変わり、望みがかなったこと、具体的にどう変化したかを説明する

ステップ4. 多くの方がうまくいった、その具体的な方法をあなたにお伝えしたいと語る

自分の肩書や経歴を一通り話した後、このステップの通りに説明を行うと、共感を得やすいことが分かっています。

自己紹介の際には、最初に「私も同じ悩みをもっていた」といったことを説明し、目線や立場を合わせて話すことが大切です。

そんな自分が、ある日、素晴らしい方法(商品・ノウハウ)に出会う事ができたことを説明していきます。

その結果、その方法を試したところ、実際にどのようになっていったのか、このディテールも説明していきます。

そして最後に、あなた自身、そしてあなたのお客様も含めた多くの方々が人生を変えることができた方法を、ぜひ伝えたい、といった言い方をしていきます。

なお、このパートにて、その「特別な方法」としてのあなたの商品やサービスについて軽く言及しておくと良いでしょう。

4. 問題提起をおこなう

3のプロセスで自己紹介を始めとするストーリーの説明が終わったら、ここで「問題提起」をおこないます。

問題提起とは、あなたのお客様がやっていることに問題が存在することを気付かせるための問いかけです。

具体的には、

「あなたは今までAという方法、Bという方法、Cという方法を試したことがありませんか?」

「その方法ではうまくいかなかったことが多くありませんか?」

と問いかけをおこなっていくことです。

顧客がなぜ悩みを抱え続けているかというと、現在、自分が常識だと思っている解決法では悩みが解決できないためです。

そのため、まずは現在取っている行動が間違っている可能性がある点を問いかけることです。

このプロセスを詳しく行うことによって、「では、どんな代替案、解決法を提示してくれるのだろう?」と、あなたの話をより深く聞いてみようという姿勢を持つことになります。

5. 権威づけ・顧客の声を紹介する

影響力の武器の書影
⇒ http://amzn.to/16zUFAo

社会心理学者として著名なロバート・チャルディーニ博士はその著、「影響力の武器」の中で述べています。

「人がある状況で何を信じるべきか、どのようにふるまうべきかを決めるために使う重要な手段の一つは、他の人びとがそこで何を信じているか、どのように行動しているかを見ることである。」
「影響力の武器」(誠信書房)P.260より引用

もしも可能であれば、あなたやあなたの会社を推薦してくださる業界の権威者の声や、すでにあなたの商品やサービスに満足してくれている顧客の声を動画の中で紹介してください。

この声を紹介することによって、信頼性が生まれ、成約率が高まる可能性があります。

この場合は、推薦者に直接お話しいただける映像を撮影・編集して動画に組み入れることができれば一番ですが、より簡単に行う方法があります。

それは、動画のスライド資料として推薦者や顧客の顔写真と肩書、推薦文を掲載し、あなたが読み上げるという方法です。

この方法であれば、本人の許可を頂いた上で顔写真と文章だけを用意できれば、簡単に組み入れることができます。

人は信頼できる人から購入したいという欲求がありますので、動画の中にこれらの声を紹介するのはとても効果があります。

なお、権威ある方からの推薦の声は、いかにあなたの商品やサービス、あるいはあなたの会社やあなた自身が優れているか、信頼できるか、といった点をアピールいただければ大丈夫です。

そして、顧客の声の場合は、以下の3点をヒアリングできると効果があります。

  1. その商品、あるいはサービスと出会う前の状態
  2. その商品、あるいはサービスと出会った時の印象
  3. その商品、あるいはサービスと出会った後の結果

簡単に言えば、ビフォー・アフターの状態を教えてもらうことです。

この、1から3の間でギャップが大きければ大きいほど、動画視聴者は強い関心を持つようになります。

6. パラダイムシフトを訴求する

パラダイムシフトとは、その時代や分野において「当然のこと」と考えられていた認識や常識が劇的に変化することです。

このパートでは、顧客にパラダイムシフトを起こさせるような「全く新しい次元の解決策」を伝えていきます。

あなたの業界において、今まで常識と考えられていたことが、この商品やサービスによって大きく変化させることができる、ということを伝えてみましょう。

これが、あなたの商品やサービスの独自価値となります。

この点が目新しいものであればあるほど、あなたの商品がより魅力的に見えるようになります。

「あなたが長年おこなってきた方法では、成果が生まれなかったかもしれません。」

「もしその方法がうまくいかなかったとしたら、それは方法が正しくない可能性があります。」

「でも、ご安心ください。弊社なら、その解決策をご提示することができます。それは、○○という方法です。より具体的にお伝えすると・・・」

といった3ステップでお話しすると分かりやすいと思います。

ここで大切なのは、「できなかったという悩みをもっているお客様自身に問題点がある」という指摘をすることではありません。

それを言われてしまうと、お客様は萎縮するか、反発の気持ちが起こってしまいます。

そのため、

「あなたは正しい方法論を知らなかったから、できなかったに過ぎません」

「だから、正しい方法を知ることができれば、必ず実現できるようになります」

といった別の「新しい次元の解決策」があることを提示することです。

これが、パラダイムシフトの訴求です。

7. 専門知識を伝える

次は、専門知識を説明していくパートになります。

6.のパラダイムシフトで解説を行った後は、なぜ、その新しい次元の解決策がうまくいくのかを、証明する必要があります。

そこで必ず必要になるのが、専門知識を交えた論理的な説明となります。

この説明は出来る限り丁寧に、難しい言葉を使わず分かりやすいように伝えていきます。

たとえば、整体院を経営されている方であれば、身体の痛みに悩まれている患者さんに専門知識をお伝えしていきます。

「痛みの原因はどこから来ているのか」

「なぜ、これまでの方法では治らなかったのか」

「自分の整体院では、どのような方法を通して治療していくのか」

「施術を受けた結果、どのくらいの期間で、治る見込みがあるのか」

といった内容について、しっかりと専門知識を交えながら語っていきます。

このプロセスできちんと説明ができると、あなたの主張に説得力が生まれます。

8. 他サービスとの比較を行う

購買心理学の世界で有名な言葉があります。

それは、【人は感情で決定し、理性で正当化する】という言葉です。

これまでの流れの中で、お客様はベネフィットやストーリーを聞き、問題提起をされ、あなたを推薦する多数の方の声を知ることができました。

その上で、パラダイムシフトとなる新しい概念を伝えられ、かつ専門的な説明もありました。

そのため、この時点で感情的には、購入の方向性に傾いているはずです。

次に説明すべきことは、他のサービス、あるいはこれまで顧客が選択していたであろう「古い方法」と比較することです。

この際に、数値データを提示して、論理的にあなたが提示する方法を選択したほうがメリットがあるということを示していきます。

「従来型のサービスの特徴は○○ですが、弊社のサービスは○○といった特徴があります。」

といった形で、少なくとも5つ以上の比較ポイントを挙げていきます。

プレゼンの中で感情的に盛り上がってもらうことは大切です。

ただし、それだけでは、あなたが提示する方法との違いが明確化されません。

そこで、あなたが提示する新しい方法と、他社、あるいは古い方法の比較を行うというプロセスを入れることで、より説得力が生まれるようになります。

この過程で、理性的にもあなたの商品を選択したほうがメリットが多い、と考えて頂けるようになります。

9. 商品解説・メリット提示をする

ここまでの説明で、あなたの商品に対して感情的にも、理性的にも強い関心をお持ち頂ける状態になっているはずです。

ここでいよいよ、商品の詳細について説明を行っていきます。

これまで商品の詳細説明については控えてきました。

なぜなら、まだ商品についてどんな意味や価値があるのかが十分に理解できない状態では、商品自体の機能的な説明をしても、しっかりと聞いてもらえない可能性があるからです。

商品の説明からスタートすると、最初からセールスをされているように感じられ、すぐに動画から離脱される恐れもあります。

そのため、まずはこれまでの段階で、商品に関心を持ってもらうための様々な説明をおこなってきました。

そして、この段階で初めて、あなたの商品・サービスの「機能的な特徴」を細かく説明していきます。

この時点では、あなたの商品に強い関心をもって頂けている可能性が高いので、細かい解説をしても話を聞いてもらえるでしょう。

その上で、あらためて商品のメリットをお伝えしていきます。

「この商品には、どんな特徴があるのか」

「この商品を通して、何が得られるのか」

「この商品を使えば、使わない場合と比べてどんな利点があるのか」

について、説明していきましょう。

10. 理念を語る

商品解説・メリット提示が終わったら、最後に「理念」を伝えていきます。

あなた自身が、なぜこの商品やサービスを多くの方にお求め頂きたいのか、そのビジョンを説明します。

多くの場合、セールスプレゼンとなると、「単にこの商品を売りたいからプレゼンをしている」と思われがちです。

ところが、理念やビジョンを語ることによって、大きな目標や大義のために、この商品を販売している、と思っていただけるようになり、共感を生みやすくなります。

たとえば、

「この商品を通して、○○という悩みに困っている日本中の女性たちを救いたい」

「資金繰りに悩まれている一人でも多くの経営者の方を助けたい」

といった情熱的な説明は、人の心を動かします。

11. 価格の比較を提示する

このタイミングで大切なことが、「購入して損をしないだろうか?」という不安を払拭して頂くことです。

たとえば、弊社の事例でご説明します。

弊社では、「電子書籍マスタースクール」という、3ヵ月で1冊の電子書籍を出版させるスクールを運営しています。

通常、自分だけで出版を成功させようと思った時には、出版のノウハウが必要となります。

その際に、弊社の29万8千円のスクールにお申し込みいただくか、あるいは古い方法として、以下のような選択肢を提示して、価格を比較できるようにご説明しました。

セールスレター、そしてセールス用のウェビナー(現在は非公開)の中では、以下のような価格の比較を行っています。

【ライター講座】 60万円
【編集者養成講座】 98万円
【自費出版】 45万円~290万円

これらに対して、
【電子書籍マスタースクール】 29万8千円
といった比較となります。

実際には、価格の比較だけではなく、こちらのように、それぞれのサービスがどのような特徴や前提条件があるのかも合わせて説明しています。

価格比較のイメージ
http://leadconsulting.jp/dms/entry/

この比較を通して、自社が提示する商品の価格の正当性を説明していきます。

この価格の比較があると、合理的な判断の上で、「こちらの商品を購入したほうが得だ」という意識を持ってもらうことが可能になります。

12. 限定性を訴求する

最後に、セールスの定石とも言える「限定性」を訴求していきます。

限定性を訴求する場合、主に2つのポイントを訴求していきます。

第1に、数量の限定性です。

限られた数量しか用意されていない、と訴求された時、人は希少性を感じます。

もちろん、在庫数や受付人数は実際の数字を記載する必要がありますが、数量の限定性は購買意欲を刺激します。

あるいは、商品そのものについては数量を限定しなくても、先着順でお渡しできる特典プレゼントの数量を限定してオファーするのも良いでしょう。

第2に、期限の限定性を訴求します。

これは、「何月何日まででないと、この受付はできません」といった期限を訴求していくことです。

もちろん、継続的に販売する商品についてはこの訴求はできませんが、前述したような特典キャンペーンに関する期限をつけることは可能です。

また、「割引価格での受付」に関する期限をつけることも、有効です。

13. 購入してもらう(Call to Action)

いよいよ最終段階です。

これがクロージング部分となります。

マーケティングでは、購入するよう促すことを、コール・トゥ・アクション(Call to Action)と呼びます。

私がもっとも大切だと思うことが、しっかりと「購入への呼びかけ」をおこなうことです。

「今までの説明をお聞きになって、この商品があなたのお役に立てると共感いただけたなら、ぜひ画面下のボタンを押してお申し込みください」

「特典をおつけできるのは、このウェビナーを視聴した○○時間以内のみです。ぜひ、今すぐ以下のフォームからお申し込みください。」

といった形で、きちんと購入への一押しをおこなうことです。

「買ってください」というメッセージをきちんと伝えることで、それまで迷っていたお客様の決断を後押しすることができます。

あなたの商品が素晴らしい価値を持つものであれば、ぜひ、最後のプロセスは遠慮することなくコール・トゥ・アクションの呼びかけを行っていきましょう。

以上が、ラポールファネルの中身となります。

セールス動画を作る際には、ぜひ、このシナリオを参考にしてください。

動画プレゼンのポイント

セールス動画の長さはどのくらいが良いか?

ここで、セールス動画の総尺、すなわち長さについてお伝えしたいと思います。

大前提として、ラポールファネルの要素をどれだけ入れるかにもよりますが、これだけの内容を伝えようとすると、おおよそ60分~90分程度の時間を必要とします。

ただし、最後のクロージングまでを要点を絞って作れば、30分程度の動画プレゼンも可能です。

この場合は、数百円~数千円レベルのフロントエンド商品であれば、30分の説明で購入いただける場合もあります。

ただし、高額商品の場合は、やはり60分~90分程度の説明時間は必要になってきます。

価格に比して、説明時間も必要になってくると考えてください。

なお、動画の見せ方ですが、YouTubeを使う場合、YouTubeにアップした動画そのものに飛ばすのではなく、1枚ものの簡単なページにYouTubeにアップした動画を表示させると良いでしょう。

そして、そちらの動画の下に用意した購入ボタンから申し込みさせる形式が一般的です。

そのほうが、申し込みボタンを目立たせやすかったり、購入者のコメントを表示させたりできるため、訴求力が強くなります。

たとえば、こちらのようなページを参考にしてください。

申込みボタンのイメージ
http://www.briantracy.com/files/pages/htwab2/cta.html

なお、もしもYouTube動画そのもので販売をおこなう場合は、アノテーション機能を使って申し込みページへのリンクをつけておく必要があります。

セールス動画に誘導する3つのパターン

セールス動画に至るまでの流れですが、定石的な流れとしては、3つのパターンが考えられます。

第1に、広告やソーシャルメディアから直接、動画を掲載したセールスページに飛ばすことです。

ここで、安めのフロントエンド商品をセールスしてしまいます。

この場合は、いきなり長時間の動画は観てもらいにくいため、できれば30分以内にまとめた内容にすると良いでしょう。

第2に、ハウスリストにステップメールで細かく教育動画や教育メールを流しておき、最終回で動画を掲載したセールスページに飛ばすケースです。

この場合は事前のメールで教育が十分にできているため、長めの動画でも視聴して頂ける可能性が高くなります。

第3に、教育的要素を含んだライブウェビナーにして、期間を区切って募集することです。

たとえば、毎月1回、月末にウェビナーを開催し、ウェビナー視聴希望者を募ります。

ウェビナーでは、USTREAMなどを使い、ラポールファネルのフレームワークに沿って特定のテーマについて学びになる情報を提供していきます。

そして、最後でクロージングをしていきます。

これは、毎月1回のライブウェビナーという形式を取るため、「その時でないと視聴できない」という希少性を出すことができます。

この場合、実際にライブでウェビナーを行うことも良いですが、いちど完成度の高いウェビナー動画を収録することができれば、その映像を再公開する形でも良いでしょう。

もっとも簡単な方法としては、YouTubeの「限定公開」として動画をアップしておき、その映像へのリンクを紹介することです。

この方式で行えば、あなたはたった一度だけ良いウェビナーを収録すれば、何回もその映像を活用できることになります。

まとめ

本記事では、「売上を増やす5タイプの動画」と「13のフレームワーク」を中心に、動画セールスを成功させるための具体的なノウハウをお伝えしました。

「売上を増やす5タイプの動画」では、「集客動画」「オプトイン動画」「教育動画」「証明動画」「セールス動画」という5タイプの動画制作について解説しました。

そして、「動画セールスを成功させる13のフレームワーク」では、効果的なセールスシナリオが作れるようになる「ラポールファネル」という概念をご紹介しました。

この「ラポールファネル」を活用して動画を作成することで、成約率の高い動画セールスシナリオを完成いただけるはずです。

現在は、デジタル機器の発達により、動画コンテンツが作りやすくなっている環境があります。

昔はプロでなければできなかった撮影も、低コストで動画が作れるようになってきています。

セールスプレゼンで大切なことは、「メッセージが十分に伝わるかどうか」ことだと私は考えています。

そのため、必ずしも綺麗さは求められません。

音声はしっかりと収録できていることが前提となりますが、あなたが普通にカメラに向かって話したり、パワーポイントの画面を録画しながらプレゼンを進めていくだけでも、十分に販売が可能です。

また、セールス動画の良いところは、成約率の高い動画ができれば、それを何度も再利用できる点です。

それは、「高確率なセールスを何度でも再現できる」ということを意味します。

商品やサービス毎に何本ものセールス用の動画を作れば、それらが「高い成約率で販売する仕組み」として機能するようになります。

今までセールスするための動画を作ったことがなかったという方は、ぜひ本記事を参考にして、動画であなたの商品やサービスを販売してみる、ということに挑戦してみてください。

きっと、既存のセールスレターとは異なる反応が生まれるようになるはずです。

なお、本記事のテーマに興味をお持ちいただけたなら、ぜひ以下の記事もお読みになってみてください。

動画マーケティング基本の7ステップと3つのYouTube集客方法

売れるウェビナーを作りたい方必読!4つの統計と9つの具体的方法

2時間で5,364万円を販売した、売れるウェビナーの作り方21ステップ

きっと、あなたのお役に立てるはずです。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

小谷川-拳次

リードコンサルティング株式会社
代表取締役 小谷川 拳次

【本記述の無断転載・転用・盗用を一切禁止します】
無断転載・転用・盗用といった著作権侵害には民事上・刑事上の罰則が適用されます。
当社コンテンツに関して著作権侵害行為が発見された場合、事前通告なく当社顧問弁護士がしかるべき法的措置をとりますので、ご注意ください。
※当社ではコンテンツの無断転載・転用・盗用を防ぐため24時間体制でシステムを使った監視をおこなっており、当社コンテンツと同じ表現はすべて自動的に検出されます。
Copyright (C) Lead Consulting Co., Ltd. All Rights Reserved.

動画セールスで自動的に売上を上げる最新の方法とは?

エバーグリーンローンチ開始直後に単月で売上596万円を作り、投資利益率(ROI)873%を超えた「エバーグリーンローンチ成功のフレームワーク」を、僅か90分の無料ウェビナーで公開します。

エバーグリーンローンチ-ウェビナー・セールス・フォーミュラ-ウェビナー

エバーグリーンローンチ-ウェビナー絶対成功の21のフレームワーク-PDF-プレゼント

今すぐこちらをクリックして無料ウェビナーを視聴する

あなたのコメントをシェアしてください

この記事をご覧になって、あなたはどのような学びがありましたか?
また、ビジネスの現場で何を実践しようと決意されましたか?

ぜひ、以下にあなたのコメントをシェアいただければ幸いです。

人気の記事

  • ヒーローズ・ジャーニー(神話の法則)をビジネス活用する5ステップ

    ヒーローズ・ジャーニー(神話の法則)をビジネス活用する5ステップ

    あなたは、お客様の共感を生むストーリーの作り方に悩んでいませんか? そして、あなたのストーリーに共感したお客様が強力なファンになり、あなたのビジネスを応援してくれる方法があるなら、それを知りたいと思いませんか? そこでおすすめの方法が、「ヒーローズ・ジャーニー(神話の法則)」という理論です。 ヒーローズ・ジャーニー(神話の法則)とは、世界の映画市場において、もっとも商業的な成功をおさめているハリウッドの映画業界に大きな影響を及ぼした、と言われる有名な理論です。 世界的...
    23,543 views
  • ストーリーテリングとは?ビジネス活用の3つのフレームワークと事例

    ストーリーテリングとは?ビジネス活用の3つのフレームワークと事例

    あなたは、「顧客とより強固な結びつきを作りロイヤルティを高めることで、あなたの商品やサービスを選択してもらい、長期的な売上につなげたい」と考えたことはありませんか? あなたの身近にも、「コーヒーを飲むならスターバックス」「PCを買うならMac(アップル)」「テーマパークに行くならディズニーランド(ウォルト・ディズニー・カンパニー)」といった具合に、強いこだわりをもってリピート購入を繰り返している特定企業の商品やサービスがあるはずです。 これは競合他社がたくさん存在する中で...
    4,603 views
  • 電子書籍で収益を得たい方必読!3つのビジネスモデルと9つの戦略

    電子書籍で収益を得たい方必読!3つのビジネスモデルと9つの戦略

    あなたは、電子書籍を書いて多額の印税を手にしたいと思い立ったものの、具体的な電子出版の方法がわからず、何から手をつければ良いか悩んでいませんか? また、何とか自分で電子出版してみたものの、電子書籍がまったく売れずに困っていませんか? 実は、電子書籍を出版して成功するためには、特定の方法論とフレームワークがあるのです。 こちらでは、「電子書籍の概要」をわかりやすく解説しながら、「電子書籍で収益を得る3つのビジネスモデル」や「電子書籍マーケティングを成功させる9つの戦略」を...
    13,083 views
  • ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)3つの最重要ポイント

    ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)3つの最重要ポイント

    あなたは、「継続的に事業を成長させていきたいと思っても、具体的にどうやったら良いのかわからない」または「広告費ばかり浪費してしまい、投資したコスト以上の売上が回収できない」といった悩みを抱えていませんか? そんなあなたにおすすめしたい方法が、米国で体系立てられたダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)を実践することです。 実は、ホームページの文章を「正しい法則」にしたがって改善しただけで、売上を3倍、5倍と増やすことは簡単です。 しかも、「ある特別な数字」に注目すれ...
    7,112 views
  • セールスファネルとは?3つの成功事例とセールスファネルの作り方

    セールスファネルとは?3つの成功事例とセールスファネルの作り方

    あなたが商品を販売するとき、見込み顧客へどのような順番でアプローチして関係性を構築し、最終的な成約につなげればよいかを知っていますか? また、ひとたび商品を購入してもらったら、様々な追加商品をクロスセル・アップセルするための最適な方法があることを知っていますか? 実は、そのためにセールスの世界で確立されている方法論があります。 それが、「セールスファネル」です。 あなたがセールスファネルの概念を正しく理解し、ビジネスの現場に取り入れることができれば、効率的かつ最短で顧...
    5,488 views
  • あなたのパーソナルブランディングを成功させる6ステップと最新事例

    あなたのパーソナルブランディングを成功させる6ステップと最新事例

    あなたは、ライバルの多い競合市場で、お客様に選ばれるための方法に悩んでいませんか? そして、できれば価格に関係なく、あなたやあなたの会社がお客様から指名して選ばれる状況を作りたいと思いませんか? そこでおすすめの方法が、「パーソナルブランディング(Personal Branding)」です。 パーソナルブランディングとは、あなたについて、特定のイメージや印象を人々の中に築き上げる継続した行為を指します。 これは、ある個人が発信するブランディング・メッセージをとおし...
    9,354 views

新着ブログ記事

ブログ記事一覧
今すぐ無料でPDFをダウンロードしてください
こちらにメールアドレスを登録すると、今すぐ本記事をPDF形式でダウンロードしてお読みいただくことができます。PDFのダウンロードリンクは登録いただいたメールアドレス宛にお送りいたします。
1 / 2
50%完了 これが最後のステップです。
あなたのご感想や期待の声をご記入ください!

※PDFのお届けにはコメントの入力が必要です※

この記事をご覧になって、あなたはどのような学びがありましたか?また、ビジネスの現場で何を実践しようと決意されましたか?ぜひ、以下にあなたのコメントをシェアいただければ幸いです。(まだお読みでない方は、この記事への期待の声をお寄せください!)

2 / 2
ご登録ありがとうございます!メールをお送りしました。
ご登録ありがとうございます!登録いただいたメールアドレス宛にPDFのダウンロードリンクをご案内するメールをお送りしました。
50%完了 これが最後のステップです。
【無料】ウェビナー・セールス・フォーミュラ 特別ウェビナー
2 / 2